中丸啓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
中丸 啓
なかまる ひろむ
生年月日 (1963-11-17) 1963年11月17日(56歳)
出生地 日本の旗 広島県大竹市
出身校 広島県立廿日市高等学校
現職 和田政宗参議院議員秘書
所属政党たちあがれ日本→)
太陽の党→)
日本維新の会→)
(次世代の党→)
(日本のこころを大切にする党→)
日本のこころ
公式サイト 中丸啓オフィシャルブログ

選挙区 比例中国ブロック広島3区
当選回数 1回
在任期間 2012年12月16日 - 2014年11月21日
テンプレートを表示

中丸 啓(なかまる ひろむ、1963年(昭和38年)11月17日 - )は、日本政治家、国会議員秘書。元衆議院議員(1期)。著書などで中丸 ひろむの表記も使っている。

経歴[編集]

広島県大竹市生まれ。広島市立五日市観音小学校広島市立五日市中学校を経て、広島県立廿日市高等学校卒業。その後、メディア夢工房(テレビ新広島グループ)に勤務[1]

2011年(平成23年)、たちあがれ日本に入党[1]2012年(平成24年)の第46回衆議院議員総選挙広島3区日本維新の会から出馬。得票数3番目で敗れるも比例中国ブロックで復活し初当選[2]。衆議院安全保障委員会理事、党広報委員会副委員長、党広島県総支部代表などを務めた[1]

2014年6月5日、日本維新の会の分党決定に伴い山田宏を座長とする新党準備会に参加[3]。同年8月1日次世代の党結党に参加し、総務会長代理兼選対副委員長に就任した[4]2014年(平成26年)の第47回衆議院議員総選挙で、急遽国替えをして[5]広島4区から出馬するも落選[6]。その後、日本のこころを大切にする党参議院広島県第1支部長に就任[1]

2016年第24回参議院議員通常選挙広島県選挙区から出馬を表明[7]。7月10日の投開票の結果、落選した[8]

2017年(平成29年)9月30日に、同年10月に行われる第48回衆議院議員総選挙広島4区からの出馬見送りと、日本のこころを離党したことを発表した[9]

総選挙では杉田水脈を支援し杉田の当選を受けて、公設第一秘書となった[10]2019年8月に杉田水脈事務所を退職し、翌9月より参議院議員和田政宗事務所の政策担当秘書に就任[11]

政策・主張[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

著書[編集]

  • 『次世代の大和魂たちへ―心の中に日の丸を』 青林堂 2014年8月 
  • 『国士鼎談』(共著) 青林堂 2016年6月

脚注[編集]

[脚注の使い方]