中之島見附インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:インターチェンジの出入口付近の画像提供をお願いします。2015年12月
中之島見附インターチェンジ
所属路線 E8 北陸自動車道
IC番号 38
料金所番号 04-623
本線標識の表記 国道8号標識 中之島 見附
起点からの距離 432.1km(米原JCT起点)
長岡北SIC (6.8km)
(9.4km) 栄PA/SIC
接続する一般道 国道8号標識国道8号
供用開始日 1978年昭和53年)9月21日
通行台数 13,547台/日(2010年度)
所在地 954-0142
新潟県長岡市灰島新田1486
備考 国土開発幹線自動車道の起点は新潟中央JCT
テンプレートを表示
中之島見附ICの形状。画像左は長岡JCT方面、画像右は三条燕IC方面。2009年(平成21年)撮影。

中之島見附インターチェンジ(なかのしまみつけインターチェンジ)は、新潟県長岡市灰島新田にある北陸自動車道インターチェンジである。見附市、長岡市与板地域の最寄りインターチェンジである。

道路[編集]

料金所[編集]

  • ブース数:8

入口[編集]

  • ブース数:3
    • ETC専用:1
    • ETC・一般:1
    • 一般:1

出口[編集]

  • ブース数:5
    • ETC専用:2
    • 一般:3(うち1つは精算機)

中之島見附バスストップ[編集]

IC内、料金所外にある高速バス停留所。国道8号見附バイパスの下り車線(見附・三条・新潟方面)に面してロータリーが設けられている。以前は長岡 - 新潟線をはじめとする県内線の高速バスの一部が発着していたが利用者が少なく、長岡線に当ICを経由する系統が増設され、加えて当IC経由の見附・栃尾線が開設されたのに伴って、1992年(平成4年)6月30日をもって事実上廃止された。以後も管理用走路としてランプウェイのみが残存しているが、路線バス等の発着は無い。

IC南側、国道8号沿いには越後交通五百刈(ごひゃっかり)バス停が設けられ、一部の高速バスが停車する。

五百刈

周辺[編集]

[編集]

E8 北陸自動車道
(37)長岡JCT - (37-1)長岡北スマートIC - (38)中之島見附IC - (38-1)栄PA/スマートIC - (39)三条燕IC

脚注[編集]

  1. ^ 1987年までは関越自動車道からの連番で23番としていた。

関連項目[編集]