中井一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

中井 一郎(なかい いちろう、1907年4月6日[1] - 1998年9月18日[2])は日本の政治家。小田原市長(4期)。17代全国市長会会長。

経歴[編集]

現在の神奈川県小田原市出身。旧制小田原中卒[2]足柄下郡片浦村会議員を経て[1]、神奈川県会議員を連続6期[1][2]、同議長なども歴任した[2]1969年に小田原市長に初当選[1]。4期務めた[2]。市長在職中は市民に「市長と話し合う会」の開催[1]、市役所の日曜開庁[1]、浄水場や清掃工場、給食センターなどの開設[1]小田原城跡の一部開放や公園化[1]、「緑を豊かにする条例」の制定など数々の業績を上げた[1]1983年から全国市長会会長に就任した[2]1985年に市長を引退[2]。1998年死去。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 『日本の歴代市長』第1巻、1084頁。
  2. ^ a b c d e f g 『新訂 現代政治家人名事典 : 中央・地方の政治家4000人』364頁。

参考文献[編集]

  • 『新訂 現代政治家人名事典 : 中央・地方の政治家4000人』日外アソシエーツ、2005年。
  • 歴代知事編纂会編『日本の歴代市長』第1巻、歴代知事編纂会、1983年。