中井啓一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

中井 啓一(なかい けいいち、1924年大正13年〉5月15日[1] - 1991年平成3年〉8月15日)は、日本ヤクザ政治家

高知市議会議員(1期)。暴力団一和会最高顧問。中井組組長。元三代目山口組舎弟。

尚、高知東生は中井啓一の子供ではなく豪友会の組員の息子である

来歴[編集]

大正13年(1924年)、高知市で生まれる。

昭和18年海軍に召集された。昭和20年(1945年)の終戦後、高知に帰った。

昭和22年(1947年)、高知製缶に入社し、相撲部に所属した。同じ相撲部だった野崎義一を舎弟とした。その後、野崎義一は、西原俊幸(通称は人斬りのサイ。後の侠道会高知支部顧問)と決闘し、脇腹を刃物で刺されて、重体となったが、中井の輸血によって一命を取り留めた。中井啓一は西原俊幸への報復を指示したが、野崎が報復を止めた。

昭和29年(1954年)、警察は、中井啓一の組織を、「中井組」と認定した。

同年、中井啓一は、高知女子大学出身の女性を妻とした。

昭和32年(1957年)、高知市議会議員に当選した。中井組若頭・大黒麗夫、高知市松淵町の寺田組・寺田貢組長が選挙参謀を務めた。

昭和33年(1958年)、三代目山口組田岡一雄組長から盃を貰い、舎弟となった。

昭和36年(1961年)1月、中井啓一の二期目の市議会議員選挙で、前回中井の選挙参謀だった寺田貢が立候補した。中井も寺田も落選した。大黒麗夫は、落選の責任を取って、中井組若頭を辞任した。その後、中井組豪友会中山勝正組長らが、寺田組の賭場に殴り込んだ。豪友会組員1人が、寺田組組員に射殺された。

同年10月、中井啓一は、中山勝正を中井組若頭に任命した。

昭和56年(1981年)7月23日、田岡一雄は、急性心不全により死去した。1982年6月、山口組若頭補佐山本広は、組長代行に就任した。

昭和59年(1984年)6月5日、山口組若頭竹中正久が、山口組直系組長会で、山口組四代目組長就任した。山本広らは竹中正久の四代目就任に反対して、同年6月13日に「一和会」を結成した。中井啓一は一和会最高顧問に就任した。

昭和59年(1984年)8月5日、山一抗争が勃発した。昭和63年(1988年)10月、中井は一和会から脱退し、ヤクザから引退した。

平成3年(1991年)8月15日、肺癌により死去。享年67。

中井啓一関連の書籍[編集]

  • 正延哲士『土佐遊侠外伝 鯨道』洋泉社、1997年、ISBN 4896912675
  • 正延哲士、天龍寺弦、池田鷹一『実録 遊侠ヤクザ伝 鯨道 中井啓一』竹書房、2006年、ISBN 4-8124-6319-X

中井啓一関連の映画・オリジナルビデオ[編集]

  • 『実録・鯨道・1 土佐遊侠外伝 青春編』(2002年GPミュージアムソフト)、主人公・中井啓一役は、高知東生
  • 『実録・鯨道・2 土佐遊侠外伝 完結編』(2007年、GPミュージアムソフト)、中井啓一役は高知東生

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 溝口敦『山口組ドキュメント 血と抗争』三一書房、1985年。ISBN 4-380-85236-9。