中井浩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

中井 浩(なかい ひろし、1927年1月23日 - 1992年2月19日)は日本情報科学者図書館学者今猿人(こんさると)の筆名もある。美学者国立国会図書館初代副館長の中井正一の長男。

経歴[編集]

名古屋大学理学部卒。理論物理学素粒子論)を専攻。広島大学理論物理学研究所助手を経て、副館長をしていた父・正一の逝去の翌年から、国立国会図書館に勤める。工業技術院科学技術庁に出向。高度経済成長を支えた多くの技術移転にかかわった。日本科学技術情報センター(現、科学技術振興機構)の設立に参加。日本の情報検索データベース分野の草分けとなる。同センター監事。東京大学教育学部慶應義塾大学文学部産業能率短期大学(現、産業能率大学)講師(兼任)。常磐大学人間科学部教授。

1992年2月19日、肝細胞癌により死去。

略歴[編集]

  • 1927年1月23日、京都府で誕生。
  • 1947年、宮崎県立工業専門学校(現宮崎大学工学部)を卒業。
  • 1951年、名古屋大学理学部物理学科を卒業。広島大学理論物理学研究所助手に就任。
  • 1953年、国立国会図書館一般考査部に勤務。
  • 1954年、国立国会図書館司書に就任。工業技術院調査部に出向。
  • 1956年、科学技術庁調査普及局に出向。
  • 1957年、日本科学技術情報センターに出向。
  • 1983年、日本科学技術情報センター監事に就任。
  • 1985年、常磐大学人間科学部教授に就任。
  • 1992年2月19日、肝細胞癌により逝去。

業績[編集]

中井が国会図書館から工業技術院に出向した当時、日本は戦後復興から高度経済成長への転換期を迎えていた。工業界、科学技術界はすでに戦前の水準まで復興していたが、さらなる成長のためには海外からの技術移転が不可欠であった。中井は土木工学レーザー技術をはじめ多くの最新技術の導入、普及にかかわった。

技術移転を成功させるため、知識や情報の体系的な蓄積と提供が強く望まれるようになり、当時、一般利用が始まっていたコンピュータを用いた科学技術情報の情報検索サービスの構築が計画され、その母体となる日本科学技術情報センター(JICST)が設立された。中井はその設立メンバーとなり、システム構築に必要なデータベース技術を得るため単身米国に派遣され調査、導入にあたった(渡米中の激務と心労から中井は急性胃潰瘍から胃穿孔・大出血を起こし緊急手術を受けている。この時の輸血から肝炎ウイルスに感染し、後年の肝細胞癌の原因となった)。中井らの努力は1976年、日本初の本格的な科学技術情報検索サービスJOIS(JICST Online Information System)として結実した。

日本規格協会規格情報管理委員会委員長をはじめ、通商産業省産業構造審議会、データベース振興協会、日本電子工業振興協会、日本情報科学技術協会などで要職を務めた。

学術面での業績は、データベース、情報検索、通信系に関する基礎的研究、意味分析知識構造の記述法研究、自然言語解析、図書館における資料の主題分析と抄録標準化の研究、オペレーションズ・リサーチ、思考工学、テクニカル・コンサルテーションに関する著作など多岐にわたる。また、情報政策や情報社会論に関する先駆的な業績もある。

勲四等瑞宝章受章。

著書[編集]

  • 思考工学入門(ダイヤモンド社、1964年)
  • コンピュータ経営(河出書房、1968年、共著)
  • 情報検索システム(日本経営出版会、1971年、共著)
  • 論理と情報の世界(ダイヤモンド社、1970年、共著)
  • 中井正一 論理とその実践(てんびん社、1972年、編著)
  • コミュニケーションの構造(ダイヤモンド社、1974年)