中京大学硬式野球部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

中京大学硬式野球部(ちゅうきょうだいがくこうしきやきゅうぶ、Chukyo University Baseball Club)は、愛知大学野球連盟に所属する大学野球チーム。中京大学の学生によって構成されている。

創部[編集]

1954年(昭和29年)、中京短期大学で準硬式野球部として発足。1956年(昭和31年)4月、中京大学となり準硬式野球部から分離独立。同年秋、愛知大学野球連盟2部加盟。初代部長・瀧正男、監督・梅村行雄、主将・村上八郎、主務・山本正治(旧姓金沢)。主力は投手・紀藤、榊原(兼外野手)、捕手・杉浦、宇野(兼一塁)、内野手・柳川、梶浦、松原、外野手・村上、武田ら。同年秋入れ替え戦で南山大学を下し1部昇格。

1957年(昭和32年)愛知大学野球連盟春季リーグ戦で初優勝。1970年(昭和45年)には山口高志らを擁する関西大学を倒し全日本大学野球選手権で初の日本一の栄冠に輝いた。なおこの年には、明治神宮野球大会でも準優勝している。 (主に中京大学体育会誌より)

2005年(平成17年)、元中日ドラゴンズの中山俊丈がコーチに就任した。

歴史[編集]

  • 1954年 中京短期大学準硬式野球部として創部。
  • 1956年 中京大学に昇格後、準硬式野球部から分離独立し、愛知大学野球連盟加盟。
  • 1970年 新制大学としては初めてとなる全日本大学野球選手権大会優勝を達成。
    ここまでの優勝校は全て旧制大学のみ(第二次世界大戦後の設立である東海大学も1969年に初優勝を飾っているが、制度上は旧制大学になる)で、新制大学としての初めての優勝は、当時のマスメディアでも大きく取り上げられた。

本拠地[編集]

愛知県豊田市貝津町床立101

記録[編集]

出身者[編集]