中内正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

中内 正(なかうち ただし、1959年8月4日 - )は、日本実業家プロ野球球団経営者。

福岡ダイエーホークスオーナー代行、オーナー、読売ジャイアンツのオーナー顧問を歴任した。財団法人中内育英会第2代理事長。

ダイエー創業者・中内㓛の次男で、実兄はダイエー元副社長の中内潤。妻は常陸宮華子妃の姪。

芦屋高校青山学院大学経済学部卒業。南カリフォルニア大学経営大学院修士課程修了(MBA)。

人物[編集]

高校時代の同級生に、後のホークス投手コーチとなる矢野実がいる。

ホークスオーナー代行時代の1992年8月、上田利治に監督要請し組閣の準備に入っていたが、父である功が同時期に西武ライオンズ管理部長・根本陸夫の招聘に動き、「球団作りは専門家に任せなさい。お前はその専門家を使う人間にならなきゃいけない」と、当時監督の田淵幸一を解任し、後任に根本が監督に就任した[1]

2003年11月、読売ジャイアンツへ小久保を無償トレードした際、記者会見の席で涙した事が話題になった。

ダイエーの経営危機によるソフトバンクへの球団売却後も、引き続きホークスの株式2%を保持したまま球団に籍を残し名誉顧問に就任したが、2006年1月26日に保有していた株式を球団に譲渡し、同日付でソフトバンクホークス非常勤名誉顧問から退任した。

2006年2月1日付で読売ジャイアンツオーナー顧問に就任し[2]、2009年1月まで務めた[3]

2005年11月、父の後を継いで財団法人中内育英会の第2代理事長に就任し、2011年3月まで務めた。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 【田淵幸一物語・第4部(16)】「解任」か「辞任」か 4年目の舞台は用意されず
  2. ^ 「前ソフトバンクの中内氏が巨人オーナー顧問に/プロ野球」、読売新聞 東京朝刊、2006年2月1日、21頁。
  3. ^ スポーツニッポン2010年6月4日。