中切町 (名古屋市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本 > 愛知県 > 名古屋市 > 北区 > 中切町
中切町
中切町の位置(愛知県内)
中切町
中切町
中切町の位置
中切町の位置(名古屋市内)
中切町
中切町
中切町の位置
北緯35度12分53.4秒 東経136度54分29.6秒 / 北緯35.214833度 東経136.908222度 / 35.214833; 136.908222
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Aichi Prefecture.svg 愛知県
市町村 Flag of Nagoya, Aichi.svg 名古屋市
北区
町名制定 1937年
面積
 • 合計 0.443954337km2
人口
2019年(平成31年)1月1日現在)[2]
 • 合計 2,981人
 • 密度 6,700/km2
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
462-0051[3]
市外局番 052 (名古屋MA)[4]
ナンバープレート 名古屋

中切町(なかぎりちょう)は、愛知県名古屋市北区にある地名。現行行政地名は中切町1丁目から中切町6丁目と7つの字。住居表示未実施[5]

地理[編集]

町の東端を南北に国道41号(空港線)が走り、町境となっている。また北端には庄内川矢田川の河川敷が面積を占める。それ以外は基本的に住宅地であるが、工場・倉庫等も点在する。字は石原・犬山・新田・塚坪・西裏・野間・初坪があり、犬山・西浦・塚坪・初坪は庄内川・矢田川の河川敷である[6]

河川[編集]

歴史[編集]

同じ春日井郡内に同名の中切という地名が存在したため(現春日井市中切町)、こちらを下流側の中切村であるとして下中切村として区別していた。

町名の由来[編集]

かつては庄内川と矢田川の流路に挟まれた安食三郷のひとつとして数えられていたが、その三郷の中間にあったことから。

沿革[編集]

  • 江戸時代 - 尾張国春日井郡の中切村として成立。尾張藩領・大代官所支配。
  • 明治初年 - 下中切村と改称。
  • 1880年(明治13年)2月5日 - 西春日井郡成立に伴い、同郡下中切村となる。
  • 1889年(明治22年) - 合併に伴い、川中村の大字下中切となる。
  • 1933年昭和8年)4月1日 - 合併にともない、萩野村の大字下中切となる。
  • 1937年(昭和12年) - 合併に伴い、名古屋市西区中切町となる。
  • 1944年(昭和19年) - 北区成立に伴い、北区中切町となる。
  • 1962年(昭和37年) - 福徳町成願寺町と境界変更。
  • 1978年(昭和53年) - 一部が成願寺1・2丁目と川中町となる。

世帯数と人口[編集]

2019年(平成31年)1月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

町丁 世帯数 人口
中切町 1,332世帯 2,981人

人口の変遷[編集]

国勢調査による人口の推移

2000年(平成12年) 3,193人 [7]
2005年(平成17年) 3,267人 [8]
2010年(平成22年) 3,115人 [9]
2015年(平成27年) 3,014人 [10]

学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学校等は以下の通りとなる[11]。また、公立高等学校に通う場合の学区は以下の通りとなる[12]

番・番地等 小学校 中学校 高等学校
全域 名古屋市立川中小学校 名古屋市立志賀中学校 尾張学区

交通[編集]

バス[編集]

  • 名古屋市営バス名古屋市交通局
    • 中切町四丁目停留所 - 幹栄1系統(如意住宅・水分橋行)・名駅13系統(中切町行)・黒川11系統(如意車庫前・北部市場行)・黒川12系統(中切町行)
    • 中切町停留所 - 名駅13系統(中切町・名古屋駅行)・黒川11系統(黒川行)・黒川12系統(中切町・博物館行)

施設[編集]

  • 川中保育園
  • 曹洞宗乗円寺
  • 神明社
  • 天神社
  • 法華宗陣門流日観寺
  • 天理教本順愛文教会
  • 神道天心教森講社
  • ジェイ・ロジネット(旧・日本橋倉庫)中切倉庫

その他[編集]

日本郵便[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 愛知県名古屋市北区の町丁・字一覧” (日本語). 人口統計ラボ. 2017年10月7日閲覧。
  2. ^ a b 町・丁目(大字)別、年齢(10歳階級)別公簿人口(全市・区別)” (日本語). 名古屋市 (2019年1月23日). 2019年1月23日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2019年1月6日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2019年1月6日閲覧。
  5. ^ 名古屋市役所市民経済局地域振興部住民課町名表示係 (2015年10月21日). “北区の町名一覧” (日本語). 名古屋市. 2017年10月7日閲覧。
  6. ^ 名古屋市道路認定図2013年8月23日閲覧。
  7. ^ 名古屋市役所総務局企画部統計課統計係 (2005年7月1日). “(刊行物)名古屋の町(大字)・丁目別人口 (平成12年国勢調査) 北区 (xls)” (日本語). 2017年10月8日閲覧。
  8. ^ 名古屋市役所総務局企画部統計課統計係 (2007年6月29日). “平成17年国勢調査 名古屋の町(大字)別・年齢別人口 北区 (xls)” (日本語). 2017年10月8日閲覧。
  9. ^ 名古屋市役所総務局企画部統計課統計係 (2012年6月29日). “平成22年国勢調査 名古屋の町(大字)別・年齢別人口 北区 (xls)” (日本語). 2017年10月8日閲覧。
  10. ^ 名古屋市役所総務局企画部統計課統計係 (2017年7月7日). “平成27年国勢調査 名古屋の町(大字)別・年齢別人口 (xls)” (日本語). 2017年10月8日閲覧。
  11. ^ 市立小・中学校の通学区域一覧”. 名古屋市 (2018年11月10日). 2019年1月14日閲覧。
  12. ^ 平成29年度以降の愛知県公立高等学校(全日制課程)入学者選抜における通学区域並びに群及びグループ分け案について”. 愛知県教育委員会 (2015年2月16日). 2019年1月14日閲覧。
  13. ^ 郵便番号簿 平成29年度版 - 日本郵便. 2019年01月06日閲覧 (PDF)

関連項目[編集]