中務内侍日記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

中務内侍日記』(なかつかさのないしにっき)は、鎌倉時代の宮廷文学作品。著者は伏見院中務内侍こと藤原経子で、仮名文による日記である。

1280年(弘安3年)伏見天皇東宮時代から、1292年(正応5年)に自らの病が重くなったことで里下がりするまでの13年に渡る宮廷生活の思い出を記したもの。

上下二巻構成。上巻は弘安3年から9年までの伏見天皇東宮時代、下巻は天皇時代の奉仕の思い出を記している。有職故実の詳しい資料としても群書類従に記載され、国文学者により書写された。

京極派の歌人京極為兼が春宮に初出仕する弘安3年に日記は語り起こされていて[1]、150首あまりの和歌が詠まれている[2]。作者は病弱であったためか、憂愁の色が濃い作品となっていて『弁内侍日記』の明朗さと対照的である[3]

岩佐美代子は『中務内侍日記』が『源氏物語』、『狭衣物語』等の強い影響下にあることを指摘している[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 寺島恒世「『中務内侍日記』の風景 書くことの意味をめぐって」、日本文学協会doi:10.20620/nihonbungaku.40.7_12017年10月24日閲覧。
  2. ^ 大日本百科事典』第13巻595頁(1970年)小学館
  3. ^ 『日本文学史辞典 古典編』三谷栄一山本健吉編、角川書店、1982年、270頁。
  4. ^ 増井典夫「『弁内侍日記』・『中務内侍日記』の表現とその問題点」、愛知淑徳大学リポジトリ、2017年10月24日閲覧。

関連項目[編集]