中原由貴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
なかはら ゆうき
中原 由貴
別名義 煌月 爽矢(旧芸名)
生年月日 1月25日
出身地 日本の旗 日本 東京都世田谷区
身長 169cm
血液型 B型
職業 女優
ジャンル 舞台
活動期間 2006年 -
活動内容 2006年:宝塚歌劇団入団、月組配属
2016年:宝塚歌劇団退団、芸能活動再開
備考
宝塚歌劇団卒業生
テンプレートを表示

中原 由貴(なかはら ゆうき、1月25日[1] - )は、日本女優。元宝塚歌劇団月組の男役スター[2]

東京都世田谷区[1]玉川聖学院高等学校出身[1]。身長169cm[1]。血液型B型[3]。愛称は「ゆうき」[4]。宝塚歌劇団時代の芸名は煌月爽矢(あきづき・さや)[2]

来歴[編集]

2004年、宝塚音楽学校入学。

2006年、宝塚歌劇団に92期生として入団[4]宙組公演「NEVER SAY GOODBYE」で煌月爽矢として初舞台[4][5]。その後、月組に配属[4][5]

容姿端麗な男役として注目を集め、2011年の「バラの国の王子」で新人公演初主演[4][5]

2013年の「ベルサイユのばら」で2度目の新人公演主演[6][5]オスカルを演じ、新人公演を卒業[6][7][5]

その後も月組のホープ男役として活躍したが、2016年2月14日、「舞音-MANON-/GOLDEN JAZZ」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団[5][2]

退団後は中原由貴と改名し、芸能活動を再開[2]

人物[編集]

芸名の由来は“煌”という漢字が大好きなので、それに似合う綺麗な漢字を選び、両親と考えた[3]

月組公演「WEST SIDE STORY」を母に勧められて観劇し、男役の格好良さに憧れ、絶対男役になると音楽学校受験を決意[4]。宝塚に入ると決めた途端、それまで嫌々通っていたバレエのレッスンさえ好きになってしまった[4]

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

初舞台[編集]

月組時代[編集]

出演イベント[編集]

  • 2007年9月、TCAスペシャル2007『アロー!レビュー!』(コーラス)
  • 2008年3月、『ME AND MY GIRL』前夜祭
  • 2011年12月、タカラヅカスペシャル2011『明日に架ける夢』
  • 2012年12月、タカラヅカスペシャル2012『ザ・スターズ!〜プレ・プレ・センテニアル〜』
  • 2014年12月、タカラヅカスペシャル2014『Thank you for 100 years』
  • 2015年9月、愛希れいかミュージック・パフォーマンス『Wonder of Love』
  • 2015年12月、タカラヅカスペシャル2015『New Century,Next Dream』

宝塚歌劇団退団後の主な活動[編集]

舞台[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 『宝塚おとめ 2015年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2015年、55頁。ISBN 978-4-908135-33-0。
  2. ^ a b c d e f 2016年に宝塚歌劇団を退団した龍真咲。彼女の魅力を最大限に楽しめるショーに、今回は龍本人の副音声と、その公開収録の模様を付けたスペシャル版をWOWOWで放送! ORICON NEWS。
  3. ^ a b 『RISING STAR GUIDE 2013』 阪急コミュニケーションズ、2013年、34〜35頁。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m フェアリーインタビュー/月組 煌月爽矢 ウィズたからづか。
  5. ^ a b c d e f g h i j Memories of 煌月爽矢 タカラヅカ・スカイ・ステージ。
  6. ^ a b c オスカル役の煌月「頭の中真っ白」 デイリースポーツ。
  7. ^ a b 宝塚友の会 会員様限定特別イベント 新人公演ステージトーク#97『ベルサイユのばら』-オスカルとアンドレ編-「煌月爽矢・鳳月杏」 タカラヅカ・スカイ・ステージ。

注釈[編集]

  1. ^ 1/7〜13のみ。

参考文献[編集]

  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3。