中四国ライブネット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
中四国ライブネット
ジャンル ローカルワイド番組
放送方式 生放送
放送期間 2005年10月8日 -
放送時間 毎週日曜 18:00 - 20:00(120分)
放送局 中国放送(幹事局)
ネットワーク #ネット局を参照。
パーソナリティ 週替わり
公式サイト 公式サイト
特記事項:
放送開始 - 2009年はナイターオフシーズンの番組として放送したが、翌2010年 - は通年放送。
放送開始 - 2016年はナイター期は毎週土曜 19:00 - 21:00、ナイターオフ期は毎週日曜 18:00 - 20:00に放送していた。
テンプレートを表示

中四国ライブネット(ちゅうしこくライブネット)は、中国・四国地方AMラジオ局8局によるブロックネットラジオ番組2005年10月8日放送開始。

概要[編集]

中国・四国地方のAMラジオ局8局が週替わりで地域にちなんだテーマに沿って番組を制作(各回のサブタイトルは「○○発」で統一。○○には原則としてエリアの県名が入る[1])、これを全局にネットする形で生放送する。各局の単独制作番組をネットする形(リクエスト・メッセージの送り先も各制作局宛)となっている。また、出演者も不定である。制作スケジュールについては、各局の編成の関係で持ち回りのローテーションは一定ではなく、必ずしも各局が8週おきに制作を行っているわけではない(年末年始編成にあたる12月末 - 1月初旬が土日に該当する場合は休止になる。)。

当初はナイターオフシーズンの番組(10月から翌年3月まで放送、4月から9月まで休止)として始まったが、2010年からは通年放送されている。これは、2009年度をもって、JRNナイターの週末の定時放送が廃止になり、制作参加局全てで年度前期の日曜ナイターの定時放送自体を廃止[2]したことによるものである。

放送日時[編集]

毎週日曜日18:00 - 20:00

ネット局[編集]

2015年度まではナイター放送の影響を受け、シーズン中は日曜、シーズンオフは土曜に放送されていたが、2016年シーズンオフ以降は通年日曜での放送となっている。

特別編成時ならびにプロ野球日本シリーズ第7戦開催が想定される(2015年以前は第6戦)週[3]は休止となる。

放送対象地域 放送局 備考
広島県 中国放送(RCC) 幹事局
ナイターシーズンには休止・裏送りになる場合あり(後述)。
山口県 山口放送(KRY)
鳥取県島根県 山陰放送(BSS)
岡山県 山陽放送(RSK) ファジアーノ岡山ホームスタジアムでの試合の時間と被った場合は
サッカー中継を優先して放送しない日がある。
香川県 西日本放送(RNC)
愛媛県 南海放送(RNB)
高知県 高知放送(RKC)
徳島県 四国放送(JRT) 徳島インディゴソックスの試合中継が行われる場合は
野球中継を優先して放送しない日がある。

放送内容[編集]

補足[編集]

  • 中国放送は広島東洋カープ(以下「カープ」)の試合中継(RCCカープナイター)を優先して放送する編成方針に伴い、ナイター中継時は放送休止になり、デーゲーム延長時も飛び乗りが生じることがある。また、ナイターが雨天中止となった場合も、2013年まで該当週が自社制作となった週を除いては本番組ではなく雨傘番組[4]に差し替えていた。2014年からは自社制作時以外でも本番組を雨傘番組として編成することになった。
  • 各局とも、編成上の都合で独自に放送休止や飛び乗り・飛び降りを行うことがある。自局制作回と重なった場合は他局向けに裏送りで対応している。
  • 地元にJリーグのクラブがある地域ではJリーグの中継に差し替えられる場合もある。
    • 2005年度は、山口放送は第3土曜のみ『小泉総理 ラジオで語る』放送のため、18:10から飛び乗りで放送していた。飛び乗りの際には「ここで、中四国ライブネットを、番組の途中からですが、お楽しみください。」と言うコメントが流れていた。
    • 2006年1月28日に愛媛発で放送された回は19時から放送文化大賞受賞作品「~松山ロシア人捕虜収容所外伝~ ソローキンの見た桜」を放送したため、全局19時までの短縮バージョンだった。
    • 2006年12月9日に放送された回は製作局の山口放送のみ九州・山口ブロックネットの特番のため19時で飛び降り、残り1時間は裏送りとなった。
    • 2006年2月18日(中国放送制作)は放送エリア外である宮崎県日南市広島東洋カープの春季キャンプ宿舎内に設けた特設スタジオから放送、サブタイトルも「日南発 中四国1176万人総赤ヘル化計画!」[5]として放送された。
    • 2008年2月9日、2009年2月21日、2010年3月13日(いずれも南海放送制作)は坂の上の雲ミュージアム松山市)から公開生放送だった。
    • 2009年10月17日、2012年11月10日、2013年12月7日、2014年11月29日、2015年11月28日(いずれも中国放送制作)はみろくの里福山市)から公開生放送だった。
    • 2013年9月29日(南海放送制作)は蒲鉾板アート専門の美術館「ギャラリーしろかわ」(西予市城川町)から同局開局60周年記念特番として公開生放送を実施。

脚注[編集]

  1. ^ 2県1波のBSS制作分のみ「山陰」が入る。
  2. ^ 土曜日の放送についても、山口放送のみ(2015年度までは高知放送も、2010年度のみは南海放送も)しか定時放送枠としては放送していない。また同番組の制作参加局で唯一、プロ野球チーム(広島東洋カープ)が存在する中国放送も、土・日のナイター放送はカープに絡む試合と一部年度の土曜開催オールスターゲームのみの放送に限定している。
  3. ^ 2018年までは第2戦開催(2015年以前は第1戦)が想定される週も休止していたが2019年以降は第2戦が行われる週は日本シリーズ中継を放送しない局(広島東洋カープが登場しない年のRCC・BSS・RSK・RNB・RKC)向けに番組を設定している。
  4. ^ 2010年度は自社製作『兼ちゃんの歌謡大全集』、2011~2013年度からは『アーティストBOX』(18時台)と『ベストミュージックコレクション・ジャパン』(19時台)
  5. ^ 日南発 中四国1176万人総赤ヘル化計画!”. 中四国ライブネット公式サイト. 2014年1月11日閲覧。

関連項目[編集]

  • 中四国ライブネット | RCC - 放送している全ての局において中四国ライブネットのページへのリンクはRCCのサイトの中のページが出るようになっている。