中国人民志願軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
抗美援朝」と大書された、朝鮮戦争期の中華人民共和国プロパガンダ・ポスター。

中国人民志願軍(ちゅうごくじんみんしがんぐん、中国語: 中国人民志愿军)は、朝鮮戦争に参戦した中華人民共和国の部隊の名称。初代司令員は、彭徳懐が担当した(政治委員を兼任)。人民義勇軍抗美援朝義勇軍[1]ともいう。

概要[編集]

派遣の背景[編集]

1950年6月25日に始まった朝鮮戦争は当初、朝鮮人民軍が優勢であったが、アメリカ軍を主体とした国連軍仁川上陸作戦により形勢は逆転し、国連軍は平壌を占領、一部部隊は鴨緑江の線に達した。1949年に成立したばかりの中華人民共和国は当初介入に否定的だったが、国連軍の接近のために参戦を決意する。しかし、中国や中ソ友好同盟相互援助条約を結んでいたソ連は米国との全面戦争(第三次世界大戦)によって朝鮮半島を超えてソ連や中国の領土まで戦線拡大で巻き込まれることを回避するため、参戦部隊は中国人民解放軍ではなくて表向きは義勇兵であるとして「人民志願軍」の名称にした。

1950年7月7日、周恩来が招集した国防軍事会議において、東北辺防軍の創設が決定され[2]、人民解放軍の正規部隊である第13兵団(第38、第39第40)、および第42軍、等を抽出し編成した。同年10月8日、毛沢東中央軍事委員会主席による「中国人民志願軍の設立に関する命令」が発布され、辺防軍は中国人民志願軍に改編され、彭徳懐が司令員兼政治委員に任命された[3]

当初前線に投入された部隊だけでも20万人、後方待機部隊を含めると100万人に達した。旧間島(現・吉林省延辺朝鮮族自治州)の朝鮮人部隊も多数含まれていた。

参戦[編集]

鴨緑江を渡る中国人民志願軍。

1950年10月19日に中国人民志願軍は参戦し、山岳部を密かに南下することによって米韓軍がいる谷間を迂回し、10月25日に山上から米韓軍を攻撃、朝鮮北部の戦線に突如出現した。同日、第13兵団と彭徳懐の指揮所が合併し、中朝連合司令部が設置され、朝鮮人民軍朴一禹の指揮下に置かれた。周囲の丘陵地帯を完全に包囲され奇襲された米韓軍は甚大な被害を受け、驚いて総退却を開始、中国人民志願軍は平壌を奪回したばかりでなく、韓国の首都ソウルも占領した。

三角丘の戦い英語版で銃撃する中国人民志願軍の兵士。

中国人民志願軍は、朝鮮半島北部特有の山地を遮蔽として利用しながら兵士を殺到させる人海戦術を行ない、大挙して迫る中国人民志願軍に対して、国連軍は本来対空自走砲であるM16対空自走砲を歩兵に対して使用するほどであった(5人に1人しか銃を与えられなかったという話があるが、これはソ連軍が初期のスターリングラード攻防戦に於いて準備が整わなかったことと勘違いした可能性がある[4])。さらに、前線ではチャルメラ銅鑼を打ち鳴らしてアメリカ兵や韓国兵を威嚇し、米軍の捕虜には中国語で「洗脑/洗腦」(洗脳の語源)と呼ばれる思想改造を行って米国社会に異様な恐怖を与えた[5]。また、ソ連から供与された最新の戦闘機であるMiG-15を投入し、それまでジェット機を保有しない北朝鮮軍を圧倒していた国連軍の制空権を脅かし始めた[6]

中国人民志願軍が米韓軍と戦闘した地域は大部分が北朝鮮国内であり、韓国国内では4ヶ月の戦闘だった。朝鮮戦争で米韓朝三ヶ国の戦争行為また戦争犯罪の証言があるが、中国人民志願軍の朝鮮戦争での戦争行為は詳細にわかっていない。中国人民志願軍はその後、戦線は北緯38度線を挟んで膠着状態となり、1953年7月27日に国連軍総司令官のマーク・W・クラーク大将、中国人民志願軍司令員の彭徳懐と朝鮮人民軍最高司令官の金日成によって休戦協定が調印された。調印の会場となった板門店の名は、会場を開城から現在の板門店の場所に移動させる際に近くにあった「ノル門里」と現地で呼ばれてる居酒屋の「ノル」が「」だという意味と知った中国人民志願軍の兵士が漢字で「板門店」と書き表したことから定着したとされる[7]

休戦後[編集]

北朝鮮住民に防疫活動を行う中国人民志願軍の兵士。

休戦時における中国人民志願軍の兵力は約120万人に達していたが[8]、休戦協定は外国軍撤退問題を、その後の政治協議に委ねていた(協定第60節)。そこで先ず、休戦直後から歩兵6個軍、砲兵・高射砲兵、鉄道兵20個師団を秘密裏に撤退させ[8]、併せて1954年4月に始まるジュネーヴ会談においてアメリカと撤退問題を協議した。しかし、ジュネーヴで合意に至らぬまま、同年9月6日に中国は人民志願軍の撤退を発表した[9]。撤退は1954年から1955年の第一期と、1958年の第二期に分けて段階的に実行され、1958年10月26日に駐留していた全軍の撤退を完了させている[10]。捕虜になった約2万1400人の捕虜のうち、約1万4000人が中華民国台湾)へ亡命し、残りの7110人は本国へ送還された。金永南(後の北朝鮮最高人民会議常任委員会委員長)のように北朝鮮に留まった兵士もいた[11]

西側諸国では中国人民志願軍の損害を死傷や病死、凍死なども含め約100万人とする見方もあるが(ソ連の公式文書でも中国人民志願軍の戦死者は100万人、鄧小平は非公式の席で日本共産党党首に対し戦死者は40万人と言及、康生エンヴェル・ホッジャに対して同様に発言)、中華人民共和国側の発表によれば志願軍の損害は戦死者は約17万人であった。この中には毛沢東の長男、毛岸英(北朝鮮で戦死)も含まれる。省別では四川省出身の戦死者が3万人で最高となっている[12]

中国人民志願軍が最初に戦闘を行った10月25日は抗美援朝義勇軍記念日とされており、現在、中華人民共和国では北朝鮮内の人民志願軍激戦地を訪問するツアーが盛んである。北朝鮮には複数の中国人民志願軍烈士陵があり、開城や安州などのものは改築もされている[13]。特に平安南道檜倉郡の中国人民志願軍烈士陵園は中朝関係の象徴として毛岸英の墓がある重要な場所であり、北朝鮮の最高指導者も度々訪れ、金正日[14]やその後継者の金正恩[15][16][17][18]も参拝している。

中国人民志願軍の参戦によって辛くも38度線以北を確保した北朝鮮では、1951年11月には早くも「最終勝利のために」と題して、朝鮮人民軍と中国人民志願軍の兵士があしらわれた10ウォン切手が発行され、1958年にも中国人民志願軍の帰国を記念した10ウォン切手を発行した[19]。平壌市内にある祖国解放戦争勝利記念館には中国人民志願軍に関する展示は無かったとされるが[20]劉雲山中国共産党中央政治局常務委員の訪朝の際に展示ホールの存在が報じられている[21]。中国でも遼寧省丹東市抗美援朝紀念館北京市中国人民革命軍事博物館の抗美援朝戦争館[22]が存在する。

韓国朴槿恵大統領の提案で韓国に残った中国人民志願軍兵士の遺骨返還が2014年から始まり、2018年3月時点で589柱の遺骨が返還されている[23][24]

戦闘序列[編集]

戦争博物館ソウル)で展示される中国人民志願軍の制服とビューグル
戦争博物館(ソウル)で展示される中国人民志願軍の武器。

参戦時(1950年10月~12月)の戦闘序列[25]

指揮官[編集]

  • 司令員兼政治委員:彭徳懐
  • 副司令員兼副政治委員:鄧華
  • 副司令員:洪学智
  • 副司令員:韓先楚
  • 参謀長:解方
  • 政治部主任:社平

統制機関・直轄部隊[編集]

  • 司令部
  • 政治部
  • 東北軍区後勤部前方指揮所
    • 第1分部
    • 第2分部
    • 第3分部
    • 第4分部
  • 砲兵司令部
    • 砲兵第1師
    • 砲兵第2師
    • 砲兵第8師
  • 鉄道兵第1師
  • 工程兵指揮所
    • 第4団
    • 第5団
    • 第6団
    • 第8団

部隊[編集]

関連文献[編集]

  • 葉雨蒙『黒雪 中国の朝鮮戦争参戦秘史』同文舘、1990年。 - 朝鮮戦争への人民志願軍派兵に至る中国共産党指導部の討議、スターリンとの交渉、朝鮮北部戦場での凄惨な戦いをドキュメンタリー小説の体裁をとって描いている。ちなみに、「黒雪」とは、朝鮮戦争に参加した彭徳懐が初めて国境の河川を渡河したとき、戦闘の黒煙により雪が黒く染まっている様を見て現代戦を初めて感じたという体験から来ている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 中華人民共和国をはじめとする中華圏では、アメリカの略称は「米国」ではなく「美国」のため、抗美援朝義勇軍と表記される。
  2. ^ 朱(1991年)、80-81ページ。
  3. ^ 朱(1991年)、222-224ページ。
  4. ^ 中国人民志願軍の様子軍歌カラオケのバックに、プロパガンダ映像が流れている。)
  5. ^ Hunter, Edward (1951). Brain-washing in Red China: the calculated destruction of men’s minds. New York: Vanguard Press.日本語訳:エドワード・ハンター、福田実訳『洗脳 中共の心理戦争を解剖する』法政大学出版局、1953年
  6. ^ The MiG-15's role during the Korean War”. MiGFlug.com (2015年3月14日). 2018年2月3日閲覧。
  7. ^ 前中国人民志愿军联络员回忆“三八线”风云” (2003年7月25日). 2018年3月7日閲覧。
  8. ^ a b 和田(2013年)、73ページ。
  9. ^ 伊豆・平岩(1994年5月)、151ページ。
  10. ^ 伊豆・平岩(1994年5月)、149-150ページ。
  11. ^ [1] 평창 동계올림픽 북한 대표단장으로 오는 1928년생 김영남의 처세술은?]”. 朝鮮日報 (2018年3月10日). 2018年4月14日閲覧。
  12. ^ 1992年の中国人民志願軍烈士統計(死傷者約36万人、内戦死者(烈士)は171,669人。)
  13. ^ “劉雲山氏が朝鮮労働党創立70周年慶祝行事に出席”. 人民網. (2015年10月12日). http://j.people.com.cn/n/2015/1012/c94474-8960726.html 2018年4月14日閲覧。 
  14. ^ “金総書記の「中朝血盟ショー」、毛岸英氏の墓に献花”. 東亜日報. (2010年10月29日). http://japanese.donga.com/List/3/all/27/313606/1 2018年4月14日閲覧。 
  15. ^ “正恩氏、デビューの途端に出ずっぱり 「後継」アピール”. 朝日新聞. (2010年10月29日). http://www.asahi.com/special/08001/TKY201010280518.html 2018年4月14日閲覧。 
  16. ^ “金正恩氏が中国人民志願軍烈士の墓地を参拝”. 人民日報. (2013年7月31日). http://j.people.com.cn/94474/8347666.html 2016年9月26日閲覧。 
  17. ^ “金正恩総書記、中国人民志願軍の墓に花輪を贈呈”. 中国網. (2015年7月28日). http://japanese.china.com/news/world/329/20150728/426958.html 2016年9月26日閲覧。 
  18. ^ “金正恩氏 毛沢東氏長男の墓参拝=休戦協定締結65周年迎え”. 聯合ニュース. (2018年7月27日). http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2018/07/27/0200000000AJP20180727000200882.HTML 2018年7月28日閲覧。 
  19. ^ 内藤陽介『北朝鮮事典―切手で読み解く朝鮮民主主義人民共和国』竹内書店新社 2001年 ISBN 4-8035-0316-8
  20. ^ 加藤将輝・著、中森明夫・プロデュース『北朝鮮トリビア』飛鳥新社 2004年 ISBN 978-4-87031-619-5
  21. ^ “中国常務委員、中国烈士陵訪れ「烈士外交」”. 中央日報. (2015年10月13日). http://japanese.joins.com/article/874/206874.html 2015年11月9日閲覧。 
  22. ^ “抗美援朝战争馆”. 中国人民革命軍事博物館. http://www.jb.mil.cn/junbo/zc/jdcl/kmyczzg/index_123.html 2018年4月14日閲覧。 
  23. ^ “朝鮮戦争で戦死した中国兵の遺骨、引き渡し控え公開 韓国”. AFPBB. (2018年3月26日). http://www.afpbb.com/articles/-/3168805 2018年3月28日閲覧。 
  24. ^ “朝鮮戦争時の中国兵の遺骨20柱 韓国が引き渡し”. 聯合ニュース. (2018年3月28日). http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2018/03/28/0200000000AJP20180328001800882.HTML 2018年3月28日閲覧。 
  25. ^ 抗美援朝戦争運動戦初期(1950年10月至12月)

関連項目[編集]

参考文献[編集]