中国人民解放軍軍事科学院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中華人民共和国の軍事
中国人民解放軍軍徽
最高軍事指導機関
中央軍事委員会国家
国務院機関
国防部 国防科工局
国家国防動員委員会 国家辺海防委員会
中華人民共和国武装力量
中国人民解放軍の旗 中国人民解放軍
Chinese People's Armed Police Force (CAPF) cap insignia.svg 中国人民武装警察部隊
Emblem of People’s Militia.svg 中国民兵
戦区
東部戦区 南部戦区 西部戦区
北部戦区 中部戦区
軍種
中国人民解放軍陸軍の旗 陸軍 中国人民解放軍海軍の旗 海軍 中国人民解放軍空軍の旗 空軍
中国人民解放軍ロケット軍の旗 ロケット軍
中央軍事委員会直轄独立部隊
戦略支援部隊
中央軍委聯勤保障部隊
中央軍事委員会直属院校
国防大学 軍事科学院 国防科学技術大学
作戦空間別戦力
陸軍 海軍陸戦隊 空軍空降兵

海軍 陸軍船艇部隊

空軍 海軍航空兵 陸軍航空兵

ロケット軍
海軍核潜艇部隊 空軍爆撃機部隊

戦略支援部隊航天系統部

戦略支援部隊網絡系統部
駐特別行政区部隊
駐香港部隊 駐マカオ部隊
階級制度
人民解放軍 武装警察
軍事思想と歴史
人民戦争理論 人海戦術
解放軍の歴史
ゲリラ 運動戦 超限戦
関連法規
国防法 兵役法
国防動員法 国防教育法 人民防空法
現役将校法 預備役軍官法
軍官軍銜條例 軍政治工作条例

中国人民解放軍軍事科学院とは、中国人民解放軍の最高学術機関ですが、学部生を受け入れません。

概要[編集]

1956年に軍の作戦能力を向上させるために中央軍事委員会より提案され、葉剣英元帥に創立を命じられた。1958年3月15日に正式発足。北京に設立され初代院長と政治部長は葉剣英が兼任とされた。毛沢東レーニン鄧小平思想を基盤に、軍事科学、軍事戦略および戦術の研究機関・シンクタンクとして科学的理論の構築、中央軍事委員会本部などへの研究報告、アドバイスなどを行っている[1]。所在地は北京市海淀区廂紅旗東門外甲1号。傘下に多くの研究部署を内包している。

機構[編集]

院長

政治委員

副院長×3人

副政治委員

内部部局[編集]

  • 科研指導部
  • 政治部
  • 院務部
  • 研究生部
  • 戦争理論和戦略研究部
  • 作戦理論和条令研究部
  • 軍隊建設研究部
  • 世界軍事研究部

歴代院長[編集]

  1. 葉剣英(1957.11-1972.10)
  2. 宋時輪(1972.11-1985.11)
  3. 鄭文翰(1985.11-1990.4)
  4. 蒋順学(1990.4-1992.10)
  5. 趙南起(1992.10-1995.7)
  6. 徐恵滋(1995.7-1997.11)
  7. 劉精松(1997.11-1998.12)
  8. 王祖訓(1998.12-2001.7)
  9. 葛振峰(2001.7-2002.11)
  10. 張定発(2002.11-2003.6)
  11. 鄭申侠(2003.7- 2007.9)
  12. 劉成軍(2007.9-2015.5)
  13. 高津(2015.5-)

歴代政治委員[編集]

  1. 葉剣英
  2. 粟裕
  3. 梁必業
  4. 王誠漢
  5. 楊永斌
  6. 張序三
  7. 張工
  8. 温宗仁
  9. 劉源
  10. 孫思敬
  11. 許耀元

脚注[編集]

関連項目[編集]