中国共産党第一次全国代表大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

中国共産党第一次全国代表大会(ちゅうごくきょうさんとうだいいちじぜんこくだいひょうたいかい)は、1921年7月23日から7月31日まで開催された中国共産党の設立会議。中共一全会議、一全大会、結党大会、第一回党大会などとも呼ばれる。

上海市の一大会址博物館・左から2番目の扉が会場の旧李漢俊宅

出席者について[編集]

李漢俊中国語版の自宅(その兄の李書城の自宅でもある)で開かれ、各省の代表者13名、コミンテルン代表の2名が出席した。

党の発起メンバーである陳独秀成城学校出身)と譚平山は広州、李大釗早稲田大学出身)は北京、沈玄廬(日本留学組)はモスクワにおり、また邵力子は上海で病臥しており、陳独秀らとともに中国共産主義青年団の前身を結成した戴季陶日本大学出身)は出席しなかった[1]

開催日時と場所について[編集]

1921年7月23日から7月31日上海市のフランス租界内の望志路106号(現在の興業路76号)にあった、李漢俊自宅にて行われた。

議決事項[編集]

党の基本任務・民主集中制等の組織原則と規律等を規定した中国共産党綱領が定められた。また、役員選挙により、以下のようになった。

  • 委員長 陳独秀
  • 副委員長 周仏海
  • 組織部長 張国燾
  • 宣伝部長 李達
  • 広東特派員 包惠生
  • 長江特派員 周仏海
  • 日本特派員 張太雷
  • 北方特派員 劉仁静

評価[編集]

創立党員[編集]

中国共産党の創立党員(一全大会開催時の党員)は、57名とも50数名とも言われているが、現在までのところ、その正確な数字は明らかになっていない。ただし、以下の者が創立党員であることは判明している。

  • (注)戴季陶は、一全大会前に共産党的活動から離れている。

その他[編集]

  • 一全大会に出席した党員で中華人民共和国建国まで生き残り、かつ、死ぬまで中国共産党内での名誉を保ちつづけた者は毛沢東董必武のみとされる。
  • 一全大会の会場周辺は、現在はフランス租界時代の建物を復元した『新天地』とよばれる上海でも有数の観光客向けのショッピング街として整備されている。

関連書籍[編集]

  • 譚璐美「中国共産党を作った13人」(新潮新書)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 范小方・包東波・李娟麗『国民党理論家戴季陶』河南人民出版社 1992年5月 132頁

関連項目[編集]