中国共産党第十九回全国代表大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
中国共産党第十九次全国代表大会
現地名 中国共产党第十九次全国代表大会
期間 6日間
日付 2017年10月18日から10月24日
会場 人民大会堂
場所 中華人民共和国の旗 中華人民共和国北京市
種別 全国代表大会(党大会)
テーマ 第19期中央委員会及び第19期中央規律検査委員会の選出
主導者 第18期中央政治局
関係者 2280人(代表)
74人(招請代表)
ウェブサイト 19th.cpcnews.cn/english/index.html

中国共産党第十九次全国代表大会(ちゅうごくきょうさんとうだいじゅうきゅうじぜんこくだいひょうたいかい)は、2017年10月18日から10月24日まで中華人民共和国の首都北京市で開催された中国共産党全国代表大会(党大会)である[1][2]。略称は、中共「十九大」、あるいは中共「第十九回党大会」。

概要[編集]

大会のテーマは「ややゆとりある社会(小康社会)の全面的完成の決戦に勝利し、新時代の中国の特色ある社会主義の偉大な勝利をかち取ろう」というものであった[3]。この大会で習近平総書記を党の中心とすることを再確認し、マルクス・レーニン主義毛沢東思想鄧小平理論3つの代表科学的発展観に続く6番目の党の「指導思想」として習近平による新時代の中国の特色ある社会主義思想を党規約に明記した[4][5]。また、習近平総書記が唱えてきた一帯一路中国の夢人類運命共同体四つの全面四つの意識中国語版党領導一切中国語版や「強国」「強軍」といったフレーズなども盛り込まれた[4][5][6]

大会機構[編集]

 第十九次全国代表大会を主催運営する主要メンバーは、次の通りである[8]

  • 主席団:243人
  • 主席団常務委員会(42名):

習近平(党総書記) 李克強 張徳江 兪正声 劉雲山 王岐山 張高麗 馬凱 王滬寧 劉延東 劉奇葆 許其亮 孫春蘭 李建国 李源潮 汪洋 張春賢 范長龍 孟建柱 趙楽際 胡春華 栗戦書 郭金龍 韓正 江沢民(元総書記) 胡錦涛(元総書記) 朱鎔基 温家宝 李鵬 李瑞環 呉邦国 賈慶林 宋平 李嵐清 曽慶紅 呉官正 李長春 羅幹 賀国強 杜青林 趙洪祝 楊晶

総書記による活動報告[編集]

本大会は李克強司会2017年10月18日午前9時に開幕し、習近平総書記が演壇に立ち政治活動報告が行われた[7]。政治報告は3時間半に及ぶ長大な内容だった[9]

中共十九大が開かれた北京人民大会堂

役員選挙[編集]

本大会最終日の2017年10月24日党中央委員会委員の選挙が行われた。習近平、李克強らをはじめとする党中央委員会委員が選出された[10]。他に党中央委員候補、党中央紀律検査委員会委員も、あわせて選出された。

一中全会[編集]

本大会にあわせ、2017年10月15日午前から中国共産党第19回中央委員会第一次全体会議(一中全会、一中全総)が北京市で行われた。選挙により、中国共産党指導者として次のものが選ばれた[11]。(得票状況は公開されていない。)

  1. 党総書記習近平
  2. 中央政治局常務委員会委員:
  3. 中央政治局委員:
  4. 中央書記処書記
    • 王滬寧、丁薛祥、楊暁渡、陳希、郭声琨、黄坤明、尤権
  5. 党中央軍事委員会
  6. 中央紀律検査委員会
    • 書記:趙楽際
    • 副書記:楊暁渡、張昇民、劉金国、楊暁超、李書磊、徐令義、肖培、陳小江
    • 常務委員会委員:王鴻津、白少康、劉金国、李書磊、楊暁超、楊暁渡、肖培、邹加怡、張昇民、張春生、陳小江、陳超英、趙楽際、侯凱、姜信治、駱源、徐令義、凌激、崔鵬

祝電[編集]

本大会の開幕から165ヶ国の国家元首政府首脳や政党など重要組織の指導者から841件の祝電が寄せられたと習総書記は閉幕後の記者会見で発表している[12]

一中全会での習総書記の再選にアメリカ合衆国ドナルド・トランプ大統領[13][14]ロシア連邦ウラジミール・プーチン大統領[15][16][17]ら各国要人が祝電をおくって習総書記と電話会談も行い、日本からは与党山口那津男公明党代表[18]安倍晋三首相自由民主党総裁名義[19][20])、創価学会池田大作名誉会長[21]が祝電を送っている。

前回の中国共産党第十八回全国代表大会と同様に台湾中華民国)の呉敦義中国国民党主席からも祝電が送られており[22]THAAD配備問題をめぐる関係停滞が伝えられる大韓民国(韓国)文在寅大統領と与党・共に民主党代表の秋美愛も本大会と一中全会に祝電を送った[23][24]北朝鮮核問題をめぐる関係冷却化が伝えられる朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)金正恩党委員長朝鮮労働党中央委員会も本大会と一中全会に祝電を送った[25]

出典[編集]

  1. ^ “習近平総書記「富強の社会主義強国に」 30年の長期目標 南シナ海の人工島造成を正当化”. 産経新聞. (2017年10月18日). http://www.sankei.com/world/news/171018/wor1710180026-n1.html 2017年10月18日閲覧。 
  2. ^ 党規約に「習思想」=中国共産党大会が閉幕”. 産経新聞 (2017年10月24日). 2017年10月24日閲覧。
  3. ^ 習近平氏:小康社会の全面的完成の決戦に勝利し、新時代の中国の特色ある社会主義の偉大な勝利をかち取ろう――中国共産党第19回全国代表大会における報告”. 新華網 (2017年10月28日). 2017年10月29日閲覧。
  4. ^ a b “中国共产党第十九次全国代表大会关于《中国共产党章程(修正案)》的决议”. 新華社. (2017年10月24日). http://news.xinhuanet.com/politics/2017-10/24/c_1121850042.htm 2017年10月29日閲覧。 
  5. ^ a b 中国共产党章程”. 人民網 (2017年10月28日). 2017年10月29日閲覧。
  6. ^ “「習思想」「強国」など追加=改正党規約の全文公表-中国共産党”. 時事通信. (2017年10月28日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2017102800606 2017年10月29日閲覧。 
  7. ^ a b c <党大会>第19回党大会主席団が第1回会議を開く”. 中国国際放送 (2017年10月18日). 2017年10月29日閲覧。
  8. ^ 中国共产党第十九次全国代表大会主席团名单”. 新華網 (2017年10月17日). 2017年10月28日閲覧。
  9. ^ 習近平が3時間超を費やして語った「あまりに強大な夢」の中身”. 現代ビジネス (2017年10月24日). 2017年10月29日閲覧。
  10. ^ 中国共产党第十九届中央委员会委员名单”. 中華人民共和国中央人民政府 (2017年10月24日). 2017年10月28日閲覧。
  11. ^ 中国共産党第19期中央委員会第1回全体会議コミュニケ”. 人民網 (2017年10月25日). 2017年10月28日閲覧。
  12. ^ “第19期中央政治局常務委員の記者会見での習近平総書記による談話(全文)”. 人民網. (2017年10月25日). http://j.people.com.cn/n3/2017/1025/c94474-9284936.html 2017年10月28日閲覧。 
  13. ^ “習近平国家主席がトランプ米大統領と電話会談”. 人民網. (2017年10月26日). http://j.people.com.cn/n3/2017/1026/c94474-9285210.html 2017年10月28日閲覧。 
  14. ^ “トランプ氏、習近平氏の権力強化を「歓迎」 対北で指導力に期待”. 産経新聞. (2017年10月26日). http://www.sankei.com/world/news/171026/wor1710260033-n1.html 2017年10月28日閲覧。 
  15. ^ “<党大会>プーチン露大統領、習総書記の再任に祝電”. 中国国際放送. (2017年10月26日). http://japanese.cri.cn/2021/2017/10/26/161s266443.htm 2017年10月28日閲覧。 
  16. ^ “習近平主席、プーチン大統領と電話会談”. 中国国際放送. (2017年10月27日). http://japanese.cri.cn/2021/2017/10/27/141s266467.htm 2017年10月28日閲覧。 
  17. ^ “「ものすごい栄達」 2期目就任の習・中国主席にトランプ氏”. BBC. (2017年10月26日). http://www.bbc.com/japanese/41758028 2017年10月28日閲覧。 
  18. ^ “外国领导人、政党和组织祝贺中共十九大召开”. 人民網. (2017年10月19日). http://world.people.com.cn/n1/2017/1019/c1002-29596070.html 2017年10月28日閲覧。 
  19. ^ “自民党の安倍晋三総裁が中国・習近平主席の2期目発足に祝電 政府は祝意も海洋進出強行を警戒”. 産経新聞. (2017年10月25日). http://www.sankei.com/world/news/171025/wor1710250034-n1.html 2017年10月28日閲覧。 
  20. ^ “一些国家和政党领导人致电或致函 热烈祝贺习近平当选中共中央总书记”. 新華網. (2017年10月25日). http://news.xinhuanet.com/politics/19cpcnc/2017-10/25/c_1121856735.htm 2017年10月28日閲覧。 
  21. ^ 2017年10月27日付け聖教新聞2面
  22. ^ “<党大会>呉敦義国民党主席が習近平氏へ祝電”. 中国国際放送. (2017年10月26日). http://japanese.cri.cn/2021/2017/10/26/161s266454.htm 2017年10月28日閲覧。 
  23. ^ “文大統領 習主席に祝電「朝鮮半島の平和に協力を」”. 聯合ニュース. (2017年10月25日). http://japanese.yonhapnews.co.kr/Politics2/2017/10/25/0900000000AJP20171025002000882.HTML 2018年1月1日閲覧。 
  24. ^ “安倍首相には送らなかったのに…韓国与党代表が習主席だけに祝電=韓国ネット「自分の感情のままに仕事?」「安倍首相は期待してないよ」”. Record China. (2017年10月26日). http://www.recordchina.co.jp/b195081-s0-c10.html 2018年1月1日閲覧。 
  25. ^ “金正恩氏、習近平氏に祝電 「両国関係発展と確信」”. 日本経済新聞. (2017年10月26日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22721220W7A021C1000000/ 2017年10月28日閲覧。