中国地域県リーグ決勝大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
中国地域県リーグ決勝大会
開始年 1977年
参加チーム数 8
加盟国 日本の旗 日本中国地方
前回優勝 Aブロック : 福山シティFC
Bブロック : パナソニック岡山
テンプレートを表示

中国地域県サッカーリーグ決勝大会(ちゅうごくちいきけんサッカーリーグけっしょうたいかい)は、中国地方で行われる日本サッカーの大会のひとつで中国サッカーリーグへの昇格決定戦である。

出場資格[編集]

中国各県の県社会人1部リーグ(鳥取島根岡山広島山口)の1位と、開催県および前年度大会で中国リーグに昇格しなかった県のうち成績上位2県の2位(2020年は岡山、広島、山口)の計8チームが出場する。

2011年までは中国各県の県社会人1部リーグの1位と2位(計10チーム)が出場していた。

大会方式[編集]

参加8チームを2ブロックに分けてトーナメントを行い、各ブロックの優勝チームが中国サッカーリーグに自動昇格となる。

2006年までは優勝チームが中国リーグ8位と、準優勝チームが中国リーグ7位とそれぞれホーム&アウェイの入替戦を行っていた。2007年以降は中国リーグの所属チーム数拡大に伴い、上位2チームが自動昇格となった。2011年から2ブロック制に変更されている。

歴代結果[編集]

年度 優勝 準優勝 決勝開催地
25 2001 石見FC(島根1位) NKK福山サッカー部(広島1位) 浜田市陸上競技場
26 2002 NKK福山サッカー部(広島) 鳥取キッカーズFC(鳥取1位)
27 2003 佐川急便中国サッカー部(広島1位) 日立製作所笠戸サッカー部(山口1位) 米子市営東山陸上競技場
28 2004 山口県サッカー教員団(山口1位) ファジアーノ岡山FC(岡山1位) 広島広域公園第一球技場
29 2005 FCセントラル中国(島根1位) 新日本石油精製水島サッカー部(岡山1位) 山口県きららスポーツ交流公園サッカー・ラグビー場
30 2006 マツダSC(広島1位) NTN岡山サッカー部(岡山1位) 浜山公園補助陸上競技場
31 2007 NTN岡山サッカー部(岡山1位) FC宇部ヤーマン(山口1位) 倉敷市水島緑地福田公園
32 2008 新日本石油精製水島サッカー部(岡山1位) 元気SC(鳥取1位) 浜山公園球技場
33 2009 ファジアーノ岡山ネクスト(岡山1位) ヴォラドール松江(島根1位) 山口県立おのだサッカー交流公園
34 2010 富士ゼロックス広島SC(広島1位) 三菱自動車水島FC(岡山1位) 広島ビッグアーチ
年度 Aブロック勝者 Bブロック勝者 昇格決定戦開催地
35 2011 SC鳥取ドリームス(鳥取1位) 日立製作所笠戸サッカー部(山口2位) コカ・コーラウエストスポーツパーク陸上競技場
36 2012 SRC広島(広島1位) 佐川急便中国サッカー部(広島2位) kankoスタジアム補助競技場
37 2013 日立製作所笠戸サッカー部(山口2位) FC宇部ヤーマン(山口1位) コカ・コーラウエストスポーツパーク球技場
38 2014 環太平洋大学フェンサーズ(岡山1位) SC松江(島根1位) コカ・コーラウエスト広島スタジアム
39 2015 SC鳥取ドリームス(鳥取1位) 廿日市FC(広島1位) 山口県立おのだサッカー交流公園
40 2016 パナソニック岡山サッカー部(岡山3位)[注 1] Yonago Genki SC(鳥取1位) 浜山公園補助陸上競技場
41 2017 原田鋼業FC(広島2位) 富士ゼロックス広島SC(広島1位) 鳥取県フットボールセンター大山 夕陽の丘神田
42 2018 FCバレイン下関(山口1位) 浜田FCコスモス(島根1位) 神崎山陸上競技場
43 2019 デッツォーラ島根(島根1位) Yonago Genki SC(鳥取1位) コカ・コーラウエスト広島スタジアム
44 2020[注 2] 福山シティFC(広島2位) パナソニック岡山サッカー部(岡山2位) 山口県立おのだサッカー交流公園

脚注[編集]

  1. ^ 2位のオール山陽が大会出場を辞退したため繰り上げ出場
  2. ^ この年は新型コロナウィルスの影響により各ブロック勝者2チームの中国リーグ昇格は行わず、翌年の全国社会人サッカー選手権大会中国予選の出場権を獲得[1]

出典[編集]

  1. ^ 【リリース】2020年度 広島県社会人1部リーグ開幕と詳細について”. 福山シティFC (2020年6月18日). 2020年11月15日閲覧。