中国新華航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中国新華航空
China Xinhua Airlines
IATA
XW
ICAO
CXH
コールサイン
Xinhua
設立 1992年6月15日
ハブ空港 北京首都国際空港
天津濱海国際空港
保有機材数 16機
就航地 50都市
本拠地 中国北京市
外部リンク http://www.chinaxinhuaair.com/
テンプレートを表示
中国新華航空
各種表記
繁体字 中國新華航空
簡体字 中国新华航空
拼音 Zhōngguó Xīnhuá Hángkōng
発音: ヂョングオ シンフア ハンコン
英文 Xinhua Airlines
テンプレートを表示

中国新華航空(ちゅうごくしんかこうくう)は中華人民共和国北京市に本拠を置く航空会社海南航空のグループ会社で、正式名称は中国新華航空有限責任公司、略称は中華航ハブ空港北京首都国際空港天津濱海国際空港である。

概要[編集]

1992年6月15日に会社が設立され、1993年6月6日に就航した。主にチャーター便を運航している、また全株式の60%を海南航空が保有しており、事実上の子会社でもある。

武漢空港に駐機中の中国新華航空のボーイング737型機
関西空港に駐機中の中国新華航空のボーイング737-800型機

沿革[編集]

  • 1992年6月15日 中国航空聯運服務公司を改称して、中国新華航空有限責任公司が成立する。
  • 2000年9月26日 包頭発北京行きの同社ボーイング737型機が運行中、33歳の男がハイジャックするため、操縦室に侵入し機長を短刀で刺した。犯人と保安員が格闘になり、犯人は自分の持っていた短刀で刺されて死亡した。同機は済南遥墻国際空港に緊急着陸し、乗客143名は無事だった。
  • 2001年2月 神華集団と海航集団が新華航空への増資を行い、中国新華航空の資本金が18億3000万となる。出資比率は、海南航空51%(9億3330万元)、神華集団40%(7億3200万元)、海航集団9%(1億6470万元)。
  • 2002年10月 海南航空山西航空長安航空と統一でHUの記号を使うことに合意する。
  • 2004年1月 上記4航空会社を統合し、1つの航空会社とする大新華航空構想が持ち上がる。
  • 2004年7月12日 海航集団は上記4航空会社の持ち株会社新華航空控股有限公司を設立する。

フリート[編集]