中国鉄路南昌局集団公司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
中国鉄路南昌局集団公司
各種表記
繁体字 南昌鐵路局
簡体字 南昌铁路局(南局)
拼音 Nánchāng Tiĕlùjú​
英文 Nanchang Railway Bureau
テンプレートを表示

南昌鉄路局(なんしょうてつろきょく)は中華人民共和国中国鉄路総公司に属する鉄路局の一つである。略称は南局。本局の管轄範囲は江西省福建省内、それに湖南省湖北省のごく一部である[1]。本局は京九線滬昆線の二つの大幹線が交差している場所に位置する。2007年末で本局の管理する営業路線距離は4136km[2]、管区内に314のを有する[3]。そして、夷山、泉州、龍岩の三つの合資鉄路公司を代理で管理している。

2007年5月、鉄道部は広州鉄路集団の管理していた滬昆線の湖南省内の株洲醴陵間及び支線の醴茶線を南昌鉄路局へ移管した[4]

管轄範囲[編集]

  • 京九線:k1277+000(起点より1277.000km)が武漢鉄路局との境界、k2008+200が広州鉄路集団公司との境界
  • 滬昆線:k502+200が上海鉄路局との境界、k1102+700が広州鉄路集団公司との境界
  • :k342+500が上海鉄路局との境界
  • 武九線:k185+809が武漢鉄路局との境界
  • 合九線:k279+900が合九鉄路公司との境界
  • 龍線:k143+037が広州鉄路集団公司との境界

出典[編集]