太原鉄路局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
太原鉄路局
各種表記
繁体字 太原鐵路局
簡体字 太原铁路局(太局)
拼音 Tàiyuán Tiĕlùjú​
英文 Taiyuan Railway Bureau
(Taiyuan Railway Administration)
テンプレートを表示

太原鉄路局(たいげんてつろきょく)は中華人民共和国鉄道部に属する鉄路局の一つである。2005年北京鉄路局より分離・独立した。略称は太局。本局の管理する線路の総延長は3623.4kmで営業路線距離は1595.8km、管区内に176のを有する。管轄範囲は元来北京鉄路局が管轄していた山西省内の路線と大秦線河北省北京市も含む)である[1]。山西省内であっても、太焦線の大平駅以南と邯長線・侯月線の端氏駅以南は鄭州鉄路局管轄で、石太線の坡頭駅以東と京原線の霊丘駅以東と陽渉線は北京鉄路局の管轄である。

出典[編集]

  1. ^ 鉄路局管轄範囲 Archived 2010年3月29日, at the Wayback Machine. 中華人民共和国鉄道部