中国青年報

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
中国青年報
China Youth Daily
種類 日刊紙
サイズ ブランケット判

事業者 中国青年報社
本社 中華人民共和国の旗北京市東城区東直門海運倉2号
代表者 陳小川[1]
創刊 1951年4月27日[2]
言語 中国語簡体字
価格 1部 1
発行数 1日平均約100万部(40以上の国・地域の国外分含む)[2]
ウェブサイト http://www.cyol.net/
テンプレートを表示

中国青年報(ちゅうごくせいねんほう、簡体字:中国青年报、拼音:Zhōngguó Qīngnián Bào)は、中国共産主義青年団(共青団)の機関紙である。

1951年4月27日創刊。文化大革命中の1966年から12年にわたって停刊を余儀なくされたが、1978年10月7日再刊した[2][3]1988年10月7日インターネット版を配信開始、2000年5月15日にはウェブサイトを立ち上げた[2]

2008年8月の北京オリンピックを機に、毎日新聞社朝鮮日報社との間で、スポーツ報道記事交換などの協力を行っている[1]

記者編集者計約200人で、うち約半数は共青団や中国共産党に所属するが、当局を批判する記事も少なからず掲載している[3]

脚注[編集]

北京の中国青年報社、2007年撮影
  1. ^ a b 「中国青年報社 陳小川社長が本社を訪問」 毎日新聞、2014年7月16日
  2. ^ a b c d Brief Introduction of China Youth Daily
  3. ^ a b 北京五輪特集 「メールで続々届く市民の声 新聞社、不満受け行政批判」 共同通信、2008年6月5日、2014年8月18日閲覧
[ヘルプ]