中国高速鉄道CR400AF型電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
中国高速鉄道CR400AF型電車
柳州駅から発車するCR400AF
柳州駅から発車するCR400AF
基本情報
運用者 中国鉄路総公司
製造所 青島四方機車車輛青島四方ボンバルディア鉄路運輸設備中国語版
製造年 2015年 (2015) -
運用開始
  • CR400AF: 2016年8月15日 (2016-08-15)
  • CR400AF-A: 2018年6月16日 (2018-06-16)
主要諸元
編成
  • CR400AF: 8両編成 (4M4T)
  • CR400AF-A: 16両編成 (8M8T)
  • CR400AF-B: 17両編成 (8M9T)
軌間 1,435 mm
電気方式 交流25,000 V 50 Hz
最高運転速度 350 km/h
設計最高速度 420 km/h
編成定員
  • CR400AF: 556/576/591名 (商務車: 10名、一等車: 28名、二等車: 518/538/553名)
  • CR400AF-A: 1193名 (商務車: 22名、一等車: 148名、二等車: 1023名)
  • CR400AF-B: 1283名
編成長
  • CR400AF: 209.72 m
  • CR400AF-A: 414.92 m
  • CR400AF-B: 440.57 m
全長
  • 先頭車: 27,910 mm
  • 中間車: 25,650 mm
全幅 3,360 mm
全高 4,050 mm
車体 アルミニウム合金
編成出力
  • CR400AF: 10,365 kW
  • CR400AF-A: 19,164 kW
  • CR400AF-B: 19,164 kW
制御装置 水冷式IGBT素子VVVFインバータ制御
制動装置 回生ブレーキ併用電気指令式空気ブレーキ (応荷重装置付)
テンプレートを表示

中国高速鉄道CR400AF型電車 (ちゅうごくこうそくてつどうCR400AFがたでんしゃ) は、中華人民共和国高速鉄道車両である。

概要[編集]

最高運転速度400 km/hを目標として開発され、青島四方機車車輛青島四方ボンバルディア鉄路運輸設備中国語版で製造されている。

沿革[編集]

2012年中国鉄路総公司企業大学研究機関と共同で、中国標準規格の鉄道車両として中国標準動車組の開発を開始した[1]

2015年6月30日試作車のCRH-0207 (CR400AF-0207) が落成し、中国国家鉄道試験中心での試験を開始した[1]

2016年7月15日鄭徐旅客専用線での試験で420 km/hでのすれ違い (相対速度840 km/h) に成功した[2]

2016年8月15日哈大旅客専用線で運行を開始した[3]

2017年6月26日、「復興号[注釈 1]」としての運行を開始した[4]

2017年9月21日、350 km/hでの営業運転を開始した[5]

種類・編成[編集]

2018年7月時点での編成総数は78編成 (CR400AF-A含む) である。

鉄道局 編成数 編成番号 運輸区 運用路線 備考
CR400AF
北京局集団 35 0207、0208 北京南 京津都市間鉄道 量産先行車
2001 - 2017、2021、2023、2025、2030 - 2034、2047 - 2052、2057、2058 京滬高速鉄道、京津都市間鉄道、京港旅客専用線、武九旅客専用線、昌九都市間鉄道、合福旅客専用線石太旅客専用線
広州局集団 24 2022、2024、2026 - 2028、2038 - 2046、2053 - 2056、2059 - 2064 広州南 京港旅客専用線、徐蘭旅客専用線滬漢蓉旅客専用線滬昆旅客専用線
3 2035 - 2037 長沙 京港旅客専用線、滬昆旅客専用線
N/A 1 1001 N/A N/A
中国鉄路総公司 2 2018、2019 N/A N/A 政府專用車ㄓ
CR400AF-A
N/A 1 1002 N/A N/A
広州局集団 12 2065 - 2076 広州南 京港旅客専用線、合蚌旅客専用線、滬漢蓉旅客専用線

CR400AF[編集]

8両編成となっている。

編成表[編集]

号車 1 2 3 4 5 6 7 8
等級 一等・商務合造車 二等車 二等・食堂合造車 二等車 二等・商務合造車
車両番号 CR400AF-xxxx
ZYS xxxx01
ZE xxxx02 ZE xxxx03 ZE xxxx04 ZEC xxxx05 ZE xxxx06 ZE xxxx07 CR400AF-xxxx
ZES xxxx00
動力配置 制御車 (Tc) 電動車 (M) 付随車・パンタグラフ付き (Tp) 電動車 (M) 電動車 (M) 付随車・パンタグラフ付き (Tp) 電動車 (M) 制御車 (Tc)
定員 5+28 85/90 85/90 75/80 63/68 85/90 85/90 5+40/45
ユニット ユニット1 ユニット2

CR400AF-A[編集]

CR400AFの2倍の16両編成となっている[6]

編成表[編集]

号車 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16
等級 商務車 一等車 二等車 二等・食堂合造車 二等車 一等車 一等・商務合造車
車両番号 CR400AF-A-xxxx
ZS xxxx01
ZY xxxx02 ZE xxxx03 ZE xxxx04 ZE xxxx05 ZE xxxx06 ZE xxxx07 ZE xxxx08 ZEC xxxx09 ZE xxxx10 ZE xxxx11 ZE xxxx12 ZE xxxx13 ZE xxxx14 ZE xxxx15 CR400AF-A-xxxx
ZES xxxx00
動力配置 制御車 (Tc) 電動車 (M) 付随車・パンタグラフ付き (Tp) 電動車 (M) 電動車 (M) 付随車・パンタグラフ付き (Tp) 電動車 (M) 付随車 (T) 付随車 (T) 電動車 (M) 付随車・パンタグラフ付き (Tp) 電動車 (M) 電動車 (M) 付随車・パンタグラフ付き (Tp) 電動車 (M) 制御車 (Tc)
定員 5+12 60 90 90 90 90 90 75 48 90 90 90 90 90 60 5+28
ユニット ユニット1 ユニット2 ユニット3 ユニット4

CR400AF-B[編集]

CR400AF-Aに中間車を増結した編成。ホーム長や車両基地の設備を考慮した17両編成となり、定員数もCR400AF-Aから90名増加した1283名となった。2019年から京滬高速鉄道での運航が予定されている[7]

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]