中坪淳彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
中坪 淳彦
別名 Fish tone
出身地 日本の旗 日本
ジャンル EDM
エレクトロ・ポップ
テクノ・ダンスミュージック
ニューエイジ
アンビエント
J-POP
ゲームミュージック
アニメソング
職業 作曲家
編曲家
音楽プロデューサー
リミキサー
シンセシスト
キーボーディスト
担当楽器 シンセサイザー
キーボード
活動期間 1982年 -
事務所 TTB studio
1993年 - )
I've/FUCTORY records
2000年 - 2005年
公式サイト 'fish tone' as Atsuhiko Nakatsubo Official site

中坪 淳彦(なかつぼ あつひこ)は、日本ミュージシャン作曲家編曲家音楽プロデューサー音楽制作レーベル「TTB studio」代表。Fish tone(フィシュ・トーン)というソロ・プロジェクト名義でも活動している。

概要[編集]

楽曲の多くはテクノエレクトロ・ポップを主体とし、PCゲーム音楽、アニメソングファッションショー舞台音楽国体などの様々な場で楽曲制作を行っている。

現在までに日本のメジャーレーベルより計4枚のオリジナルアルバムをリリース。また、キングレコードより発売された「verve-circle」シリーズを始めとするコンピレーションアルバムにも多数楽曲を提供しており、世界各国のテクノ・トランス系のコンピレーションアルバムにも参加している。

2000年から2005年までは、札幌市に本拠地を置く音楽制作集団「I've」に所属していた。

楽曲制作には1970~1980年代のアナログシンセサイザーを主として使用しており、PCソフトソフトシンセサイザーをほとんど使用しないのが最大の特徴[1]

同じくTTB studioに所属するモモイヒトミを始めとした他のアーティストのサウンド・プロデュースや楽曲提供、イベント・ライブへの参加など、活躍の場を広げている。

来歴[編集]

1982年、テクノ・エレクトロミュージックを中心とした音楽活動を開始。

1993年、従来の音楽活動とは別に、自身の楽曲制作の拠点としてインディーズの音楽レーベル「TTB studio」を設立。スタジオは自宅の一角に設けられた。

1999年、個人プロジェクト名として「Fish tone」という別名義での活動を開始。

2000年、音楽制作集団「I've」に参加し、数々の楽曲の作曲編曲リミックスを手掛ける。また、同時期にコロムビア・レコードより初のオリジナルアルバム「fish tone」を発売。

2001年、2枚目のオリジナルアルバム「KING JOE」を発売。

2005年、自身の音楽活動に専念すべくI'veを脱退。また、クラウンレコードより3枚目のオリジナルアルバム「noyau」を発売。ゲストボーカルとしてI'veのMELLSHIHOが参加した。

2006年北海道苫小牧市にて行われた冬季国体のOPテーマ曲を担当。

2011年、4枚目のオリジナルアルバムとなる「SALON MUZIK」をFaith Traxレーベルからリリース。

作品[編集]

I've関連[編集]

作曲・編曲[編集]

編曲[編集]

リミックス[編集]

  • verge -Revive mix-/島みやえい子
  • Treating 2U -wrap up style-/MAKO
  • bite on the bullet -under mellow style-/MAKO
  • I pray to stop my cry -Nine ball mix-/MAKO
  • See You ~小さな永遠~ -Mixed up ver.-/MAKO
  • FUCK ME -Radio Activity mix-/SHIHO
  • 想い出は風の中で・・・ -Remix-/KOTOKO
  • Now and Heaven -KOTOKO ver.-/KOTOKO
  • 涙の誓い -the diving pledge of tears-/KOTOKO
  • Crossed Destiny -FISH中坪 Arrange-/KOTOKO
  • Face of Fact -Remix-/KOTOKO
  • 冬の雫 -White Summer Style-/KOTOKO
  • Undying Love -Remix-/KOTOKO
  • amethyst -Remix-/KOTOKO
  • Time rolls on... -FISH TONE mix-/YUCCO
  • Cross talk -Mixed up ver.-/詩月カオリ
  • Senecio -Album mix-/詩月カオリ

オリジナル作品[編集]

アルバム[編集]

  • fishtone(2000年11月18日)
  • KING JOE(2001年7月21日)
  • noyau(2005年5月25日)
  • SALON MUZIK(2011年10月12日)

セルフリミックスアルバム[編集]

  • REVIVE(2007年11月26日)
    • 1stアルバム「FISH TONE」のリマスタリング(正確には初期プロット段階)作品をセルフミックス。そのためタイトルも「REVIVE」という。

クラブイベント限定CD[編集]

  • 2006 SEPTEMBER(2006年9月)

下記2作は2007年9月のクラブイベント「Intersect Fractional. Vol.4 -AVSS 3rd Anniversary-」の会場にて発売。 iTunes Storeにて購入可能。

  • 【赤盤】2007 SEP
  • 【青盤】RIOT OF ELECTRON

出典[編集]

  1. ^ 中坪淳彦氏インタビュー”. IDA. 2014年1月2日閲覧。