中堅手

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
投手打者捕手一塁手二塁手遊撃手三塁手右翼手中堅手左翼手
野球のポジション図

中堅手(ちゅうけんしゅ、: center fielder)とは、野球またはソフトボールにおいて、外野のうち左翼手右翼手に挟まれた位置を守る選手。本塁と二塁を結んだ直線上を中心として外野の中央部分が主な守備位置。二塁手(セカンド)・遊撃手(ショート)の後方に位置する。守備番号は8。英略字はCFCenter fielderから)。日本ではセンターとも呼ばれる。

概要[編集]

センターラインを形成する守備のひとつ。

両翼に比べて守備範囲が広く、とりわけ足の速さが求められる[1]。その他、両翼のカバーや二塁牽制(および捕手の二盗阻止)のバックアップなど、ボールに触れる機会が多い。

上記の「俊足」に加え、さらに「強肩」という要素も求められる。しかし、この点に関しては必ずしも必須ではなく、一般的に「バックホームで走者を刺せる選手は少なく、中継プレーで補えば事足りる」という考えが浸透している。

選手によって試合の流れが大きく左右し、セイバーメトリクスWARでは捕手・二遊間に次いで補正値が高い。実際、日本野球機構では外野手のゴールデングラブ賞を獲得する傾向が強い[2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

ウィキメディア・コモンズには、中堅手に関するカテゴリがあります。