中央映画貿易

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
中央映画貿易
CHUO EIGABOEKI Co., Ltd.
種類 事業場
略称 中映貿、CEB
本社所在地 日本の旗 日本
104-0061
東京都中央区銀座3丁目9番18号
東銀座ビル4F
設立 1952年
業種 サービス業
事業内容 映画の配給、素材の製作・管理、出資
代表者 取締役会長 星野 岳志
資本金 10,000,000円
従業員数 15人
主要子会社 Nippon Golden Network
関係する人物 星野晃廣
外部リンク http://www.chu-eibo.co.jp/ja/index.html
テンプレートを表示

中央映画貿易株式会社 (ちゅうおうえいがぼうえき 英文・CHUO EIGABOEKI Co., Ltd.) は、1952年8月19日に星野晃廣(ほしの・あきひろ)が東京都で設立した、映像ソフト製造販売会社である。

略歴・概要[編集]

  • 1952年8月19日、初代社長の星野晃廣が同社を設立した。その背景には、当時の日本とソ連との間の文化交流や貿易促進が不平等なものだったとする、星野の思いがあったとされる。ちなみに星野は太平洋戦争の戦時中、満州映画公社、中華電影、日本映画配給社シンガポール支社などに務めていた。
  • 1955年、ソ連から『戦艦ポチョムキン』を輸入、公開する。
  • 2018年、キネマ旬報社を子会社とする[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連事項[編集]

外部サイト[編集]