中央緑地公園 (四日市市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
中央緑地公園
座標 北緯34度57分10.3秒 東経136度36分48.2秒 / 北緯34.952861度 東経136.613389度 / 34.952861; 136.613389座標: 北緯34度57分10.3秒 東経136度36分48.2秒 / 北緯34.952861度 東経136.613389度 / 34.952861; 136.613389
面積 285000㎡
設備・遊具 体育館、陸上競技場、野球場、水泳競技場、芝生広場、遊具、池、噴水、ジョギングコース
アクセス 近鉄名古屋線新正駅から徒歩約13分(約1.1km
事務所 四日市市役所 運動施設中央緑地運動施設管理事務所
事務所所在地 三重県四日市市日永東一丁目3-21
テンプレートを表示

中央緑地公園(ちゅうおうりょくちこうえん)は、三重県四日市市公園日永地区国道1号に面した場所にある。

公害対策の一環として1966年に計画された都市公害対策マスタープランに基づき、工場地帯と住宅地帯の間の遮断緑地として、1969年3月に落成。 体育館、四日市中央緑地陸上競技場、野球場、水泳競技場を有し、四日市市内有数の規模の公園である。 2018年高校総体、2021年みえ国体に向けてサッカー場(兼陸上サブトラック)、第一サッカー場、第二サッカー場、弓道場の増設、体育館の改築、駐車場の大幅拡大が計画されている[1]

歴史[編集]

沿革、四日市の歴史(年表)も参照。

  • 1968年10月 公園に先立って体育館落成(市制70周年記念事業)
  • 1969年3月 落成
  • 1977年3月 市野球場にナイター設備を完成
  • 1995年2月 第二体育館竣工

脚注[編集]

[ヘルプ]