中央自動車道切り通し爆破事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
中央自動車道切り通し爆破事件
Spot of Chuo Expressway Bombing Incident.JPG
中央自動車道切り通し爆破事件の現場
右側の斜面が爆破された
場所 日本の旗東京都調布市
日付 1989年平成元年)2月24日
犯人 革労協解放派
テンプレートを表示

中央自動車道切り通し爆破事件(ちゅうおうじどうしゃどうきりとおしばくはじけん)とは、1989年平成元年)2月24日東京都調布市で発生した爆弾テロ事件。日本の新左翼革労協解放派が起こした事件である。

事件の発端[編集]

1989年(昭和64年)1月7日昭和天皇の崩御に伴い、同年2月24日に大喪の礼が挙行されることになった。新左翼各派は「大喪の礼粉砕」を呼号し、日本各地でテロ事件を続発させていた。

事件の概要[編集]

1989年2月24日午後1時54分、中央自動車道の下り線の切り通し東京都調布市深大寺南町1丁目)が突然爆発し、土砂約4トンが下り線を塞いだ。ちょうど30分後に昭和天皇の棺を乗せた葬列が中央自動車道経由で武蔵野陵に向かう予定であった。

警備中の機動隊は直ちに土砂の除去作業を行い、葬列を無事に通過させることができた。

その後の現場検証で、消火器の破片やリード線が見つかったため、警視庁公安部は、消火器爆弾を土手に埋めて爆発させた新左翼による爆弾テロ事件と断定した。

2月28日、革労協解放派は、拠点校の駒澤大学で犯行声明文をばら撒き、自党派によるテロ事件であることを認めた。

参考文献[編集]

  • 『過激派事件簿40年史』立花書房、2001年

関連項目[編集]