中央 (北九州市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
日本 > 福岡県 > 北九州市 > 八幡東区 > 中央 (北九州市)
中央
旧電車通り沿いに広がる中心部の風景
旧電車通り沿いに広がる中心部の風景
中央の位置(福岡県内)
Red pog.svg
中央
中央の位置
北緯33度51分52.20秒 東経130度48分40.34秒 / 北緯33.8645000度 東経130.8112056度 / 33.8645000; 130.8112056
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 Flag of Fukuoka Prefecture.svg 福岡県
市町村 Flag of Kitakyushu, Fukuoka.svg 北九州市
八幡東区
人口
2013年(平成25年)3月31日現在)[1]
 • 合計 2,804人
等時帯 UTC+9 (JST)
郵便番号
805-0019
市外局番 093
ナンバープレート 北九州
※座標はレインボープラザ前の交差点付近

中央(ちゅうおう)は福岡県北九州市八幡東区町名。現行行政地名は中央一丁目から中央三丁目。郵便番号は805-0019。

1992年の区間廃止までは、西鉄北九州線の「中央町電停」が存在したことや、かつての地名から中央町(ちゅうおうまち)とも呼ばれる。

地理[編集]

八幡東区の中央部に位置する市街地で、地区の北側を東西に国道3号が通っている。地区の中心部を旧電車通り福岡県道50号八幡戸畑線福岡県道62号北九州小竹線)及び山手通りが東西に通る。

地区内には、八幡東区役所などの行政施設を中心に、八幡製鐵所「東門」の門前町として栄えた八幡中央区商店街、銀行、郵便局などがあり、飲食店やマンション等が建設されている他、各科医院も数多い。

かつての地名や電停名などから「中央町」と呼ばれ、2020年現在でも、旧電車通りと山手通りが交差する中心交差点の名称は「中央町」である。

歴史[編集]

八幡中央区商店街の入口
高炉台公園付近より

もともと当地は筑前国遠賀郡の枝光村・尾倉村の領域であった。1889年に枝光村、大蔵村、尾倉村が合併して八幡村が成立すると、当地もその一部となる。1899年に八幡村は町制を敷き八幡町となり、1917年市制施行、八幡市となった。

この地が発展するきっかけとなったのは八幡製鐵所である。1901年東田地区に官営製鐵所が建設され、製鐵所の東門が設置された当地は、製鐵所の「企業城下町」として大いに賑わいを見せることとなった。

1902年には八幡高等小学校(現在の北九州市立中央中学校)が創設され、また東田地区にあった岡東小学校も「八幡尋常小学校」(現在の北九州市立八幡小学校)として八幡高等小学校に隣接する箇所に移転し、教育の面でも地域の中心地としての役割を持つようになった。

1911年には西鉄の路面電車である北九州線が開通し、1923年には枝光線の中央区 - 枝光駅前区間が開通したことから、「中央町電停(戦前は中央区)」は北九州本線と枝光線との結節点として、乗換停留場となっていた。

戦前から戦後に掛けて当地は「八幡市中央区」という呼び名で呼ばれており、西鉄北九州線の電停名称も戦前・戦中は「中央区」、戦後は「中央町」であった[2]。ただし、街区表示実施前の地番表示時代の正式な地名は「大字尾倉」「大字大蔵」であり、地名としての「中央町」が誕生したのは1960年で、1971年に山王が独立し、街区表示実施後の大蔵・尾倉の一部を併合して現在の「中央」となった。

1932年、中央区電停前に「九州百貨店」が開店した。九州百貨店は戦災で焼失し、戦後は京都の丸物の傘下となり、「八幡丸物」としてオープンしたが、西中央公団住宅内テナントエリアに移転後の1971年に閉店した。その後はユニード八幡店としてリニューアル開業し、企業買収に伴ってダイエー八幡店、ダイエーが運営するダイエーグルメシティ八幡店と店名を変更したが、2009年に閉店して以降は、当地に大型小売店舗は存在しない。

西鉄の路面電車は1985年に枝光線全線が、1992年に北九州線の砂津 - 黒崎駅前区間が廃止され、電停も廃止された。以降は路面電車の代替バスが、西鉄バス北九州によってほぼ同ルートを稼働している。

催事[編集]

  • 起業祭 - 1901年の官営製鉄所(八幡製鉄所)起業を祝う祭りで、大谷球場周辺を本会場として、中央地区一帯で11月3日頃に3日間行われる。当日は多くの人が集まる。
  • 八幡中央祇園山笠 - 毎年7月に行われる祭。高さ4.7メートル、重さ2トンを超える山笠が街をめぐる[3]。元々は戦前からある祭りで、現在は「青笠会」という保存会が祭りの保存を担っている[3]

交通[編集]

  • 国道3号線が地区を東西に貫通する。
  • 旧電車通りを走行する西鉄北九州線代替バス(行先番号1)、戸畑方面に走行する西鉄枝光線代替バス(行先番号91)を含む、西鉄バス北九州の路線バスが毎時15本程度と頻繁運行しており、小倉駅近郊や黒崎折尾にバス1本で移動が可能で、地区内には西鉄バスのバス停が4箇所(中央二丁目、中央三丁目、八幡東区役所下、八幡東区役所前)存在する。
  • 福岡市天神と北九州を結ぶ高速バス西鉄いとうづ号が、中央二丁目バス停に毎時3本程度停車する。また、東田にあるJR九州スペースワールド駅も徒歩圏内であることなど、交通の便は良好である。

施設[編集]

  • 八幡東区役所
  • 八幡東区保健福祉センター(八幡東保健所)
  • 八幡郵便局
  • 八幡中央三丁目郵便局
  • レインボープラザ(北九州市勤労者会館)
    • 八幡大谷市民センター(旧・八幡大谷公民館)
  • 北九州市立中央中学校
  • 北九州市立八幡小学校
  • 北九州市立中央保育所
  • 北九州市立八幡東体育館
  • 高炉台公園
  • 高炉台球場
  • 八幡中央区商店街

金融機関[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 北九州市の人口(町別) 八幡東区 より、一丁目~三丁目までの合計。2013年10月28日閲覧。
  2. ^ 中心部のアーケード商店街の名称も「中央区商店街」である
  3. ^ a b “八幡中央祇園山笠:威勢よく巡行”. 毎日新聞. (2011年7月18日). http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110718-00000116-mailo-l40 2013年10月28日閲覧。 

参考文献[編集]

  • 角川日本地名大辞典編纂委員会 『角川日本地名大辞典 40 福岡県』 角川書店、1988年。

関連項目[編集]