中小ベンチャー企業部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大韓民国の旗 韓国の行政官庁
Emblem of the Government of the Republic of Korea.svg 中小ベンチャー企業部
중소벤처기업부
政府大田庁舎
政府大田庁舎
役職
長官 洪鍾学(ホン・ジョンハク)
第一次官 金学道(キム・ハクド)
概要
所在地 大田広域市西区庁舎路189 1棟
定員 444人
年間予算 歳入:4兆9762億3400万ウォン
歳出:10兆2663億6300万ウォン
設置 2017年7月26日
前身 未来創造科学部
産業通商資源部
中小企業庁
ウェブサイト
中小ベンチャー企業部
テンプレートを表示
中小ベンチャー企業部
各種表記
ハングル 중소벤처기업부
漢字 中小벤처企業部
日本語読み: ちゅうしょうべんちゃーきぎょうぶ
英語表記: Ministry of SMEs and Startups(MSS)
テンプレートを表示

中小ベンチャー企業部(ちゅうしょうべんちゃーきぎょうぶ、英語:Ministry of SMEs and Startups, 略称:MSS)は、大韓民国の国家行政機関で、中小企業政策の企画・総合、中小企業の保護・育成、創業・ベンチャー企業の支援、大・中小企業間の協力と小商工人に対する保護・支援に関する事務を管掌する。中小ベンチャー企業部の長を中小ベンチャー企業部長官と称し、国務委員が任命される。

設置根拠と所管事務[編集]

設置根拠[編集]

  • 「政府組織法」第26条第1項第18号

所管事務[編集]

  • 中小企業政策の企画・総合
  • 中小企業の保護・育成
  • 創業・ベンチャー企業の支援
  • 大・中小企業間の協力
  • 小商工人に対する保護・支援に関する事務

沿革[編集]

  • 1949年4月26日 - 商工部に度量衡所を設置。
  • 1961年8月23日 - 中央計量局に改変。
  • 1973年1月16日 - 標準局と重陽計量局を工業振興庁に統合・昇格し分離。
  • 1993年3月6日 - 商工部の外庁に所属変更。
  • 1994年12月23日 - 商工資源部の外庁に所属変更。
  • 1996年2月9日 - 中小企業庁に改変。
  • 1998年2月28日 - 産業資源部の外庁に所属変更。産業資源部に業界標準・計量及び品質安全に関する事務を移管。
  • 2008年2月29日 - 知識経済部の外庁に所属変更。
  • 2013年3月23日 - 知識経済部から一部所管事務の移管を受け、産業通商資源部の外庁に所属変更。
  • 2017年7月26日 - 未来創造科学部から技術創業活性化に関連する創造経済振興に関する事務を、産業通商資源部から地域産業支援に関する事務を、金融委員会から技術保証基金の管理に関する事務を移管し、中小ベンチャー企業部に昇格。

組織[編集]

歴代長官[編集]

氏名 在任期間 備考
漢字表記 ハングル表記 着任 退任
中小ベンチャー企業部長官
職務代行 崔壽圭朝鮮語版 최수규 2017年7月26日 2017年11月21日 文在寅政権
1 洪鍾学朝鮮語版 홍종학 2017年11月21日 2019年4月8日
2 朴映宣 박영선 2019年4月8日 (現職)

脚注[編集]

関連項目[編集]