中尾町 (神戸市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
日本 > 兵庫県 > 神戸市 > 中央区 > 中尾町

中尾町(なかおちょう)は兵庫県神戸市中央区町名郵便番号は651-0057。

目次

地理

中央区東部の市街地北端の山添に位置する住宅地域。東は北より中島通五丁目・籠池通七丁目、南から南西は熊内町、北は葺合町に接する。住居表示実施区域だが丁目には分かれない。

歴史

大正15年(1926年)に神戸市葺合町の一部から成立。昭和6年(1931年)より葺合区、昭和55年(1980年)より中央区に属す。町名は江戸時代にあった中尾村に因むが町域はかつての村より大幅に縮小している。中尾という村名の由来については『神戸の町名 改訂版』によれば、『古事記』『日本書紀』にある「活田長峡国(いくたながおのくに)」に因んだという説と「ナカオ」は山腹の傾斜面を指すという説が挙げられている。

町内の泉隆寺は弘長2年(1262年)成立の古刹で、別名若菜寺と呼ばれて、平安時代から村人が生田の小野で若菜を採りこの寺から朝廷へ献じたと伝えられる。若菜献上の行事は源平の争乱により途絶えていたが蓮如上人が復活したと伝えられる。

沿革

人口統計

  • 平成17年国勢調査(2005年10月1日現在)での世帯数353、人口828、うち男性392人、女性436人[1]
  • 昭和63年(1988年)の世帯数253・人口672[2]
  • 昭和35年(1960年)の世帯数195・人口674[2]

施設

脚注

[ヘルプ]

参考文献

  • 『神戸の町名 改訂版』 神戸史学会、神戸新聞総合出版センター、2007年。ISBN 978-4-343-00437-6。
  • 角川日本地名大辞典 28 兵庫県』 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 竹内理三、角川書店、1988年。ISBN 978-4040012803。

今日は何の日(8月24日

もっと見る

「中尾町_(神戸市)」のQ&A