中尾碩志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
中尾 碩志
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 三重県伊勢市
生年月日 1919年12月1日
没年月日 (1977-12-09) 1977年12月9日(58歳没)
身長
体重
176 cm
71 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1939年
初出場 1939年3月31日
最終出場 1957年10月23日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
  • 読売ジャイアンツ (1958 - 1974)
野球殿堂(日本)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 1998年
選出方法 特別表彰

中尾 碩志(なかお ひろし、1919年12月1日 - 1977年12月9日)は、三重県伊勢市出身のプロ野球選手投手)。旧名「中尾 輝三(なかお てるぞう)」(プロ初年から1947年まで)。

経歴[編集]

1939年、旧制京都商業学校(現・京都学園高等学校)から東京巨人軍に入団。1年目から39試合に登板し12勝を記録。なお5月9日と7月15日の試合でも先発登板して、5回以降までリードしたまま降板しチームはそのままリードを守ったまま巨人が勝利したが、試合当時の公式記録員は中尾の後を受けてリリーフで投げたヴィクトル・スタルヒンを勝利投手とした。この勝利投手の記録を巡ってはこの後二度に渡ってスタルヒンとの間で修正される事となり、1953年に中尾が勝利投手として修正され、この年の勝ち星を14勝としているが、1962年にコミッショナー裁定で再度スタルヒンの勝ち星に戻され、12勝となっている。

11月3日の対東京セネタース戦では、ルーキーにしてノーヒットノーランを達成している。この試合の4回には、無死一塁から野口二郎にライト前に落ちる打球を打たれるが、右翼を守っていた中島治康の好返球で、一塁走者尾茂田叶が二塁封殺され、ライトゴロになる幸運もあった。NPBで11月にノーヒットノーランを達成した投手は中尾ただ一人である。

翌年から2年連続で26勝を記録。1941年7月16日、対名古屋軍戦で2度目のノーヒットノーランを達成した。この時も8回に連続四球で無死一・二塁の場面を作り、牧常一にライト前に落ちる打球を打たれたが、右翼・中島の好返球で一塁走者木村進一を二塁で封殺、さらに続く桝嘉一の右飛を捕球した中島が一塁走者の牧が飛び出しているのを見て素早く一塁へ送球して併殺にして切り抜けた。

典型的な剛球ノーコン投手で、1度目のノーヒットノーランの際は四球10個、2度目も四球7個に死球1個を出しながら安打を許さずシャットアウトしている。特に1度目の時は初回から5回まで毎回先頭打者を四球で歩かせ、4回(上述のライトゴロの後)と9回のいずれも二死後に連続四球を記録している。NPBで二桁四球を出しながらノーヒットノーランを達成したのも中尾ただ一人である[1]

1942年シーズン終了後に入営し、1946年巨人に復帰。戦後は制球力とドロップを駆使した技巧派に転向し、1948年には27勝で最多勝防御率1.84で最優秀防御率、奪三振187で最多奪三振ベストナイン沢村賞にも選出された。

1955年に通算200勝を達成。1957年引退。通算記録の投球回3057と与四球1436は、今なお巨人の球団最多記録である。

引退後は巨人投手コーチ(58年 - 61年、74年)・二軍監督(62年 - 70年、72年 - 73年)・ヘッドコーチ(71年)を歴任し、V9を支えた。黒メガネの二軍監督として『巨人の星』『侍ジャイアンツ』などの漫画アニメに登場した。その間、湯口事件の当事者として、監督であった川上哲治とともにバッシングにさらされた。

1977年12月9日、スカウト部長在籍中に急逝。58歳没。

投手は先発完投こそが華と強く自負しており、投手分業制を掲げる近藤貞雄との論争の数々は多くの人に知られている。なお同僚であった沢村栄治とは、出身地と出身中学が同じであった。また背番号18を付けていたことから「エースナンバー18の祖」としても知られている。

1998年野球殿堂入り。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1939 巨人 39 32 12 5 0 12 5 -- -- .706 971 224.0 153 4 174 -- 3 137 6 0 82 65 2.61 1.46
1940 48 41 30 5 1 26 11 -- -- .703 1443 347.0 223 4 212 -- 4 225 4 1 93 68 1.76 1.25
1941 41 34 23 10 0 26 9 -- -- .743 1212 299.0 160 3 181 -- 1 179 3 0 63 51 1.54 1.14
1942 32 25 17 3 0 13 8 -- -- .619 951 230.2 148 4 128 -- 2 114 6 0 63 48 1.87 1.20
1946 34 29 12 2 0 11 10 -- -- .524 917 207.1 203 4 120 -- 3 99 4 1 100 76 3.29 1.56
1947 28 26 14 1 1 9 14 -- -- .391 762 182.0 137 10 110 -- 1 74 3 0 76 59 2.92 1.36
1948 47 39 25 8 2 27 12 -- -- .692 1347 343.0 245 8 116 -- 3 187 0 1 93 70 1.84 1.05
1949 32 24 14 0 0 13 10 -- -- .565 883 204.2 192 11 99 -- 3 116 1 1 100 83 3.64 1.42
1950 38 27 8 2 1 12 11 -- -- .522 838 194.1 193 26 76 -- 1 112 3 0 105 84 3.88 1.38
1951 29 16 4 0 1 9 6 -- -- .600 541 130.1 124 8 37 -- 0 60 0 2 56 44 3.02 1.24
1952 14 4 1 0 0 1 2 -- -- .333 193 42.1 42 1 27 -- 2 23 0 1 26 19 3.97 1.63
1953 34 20 6 2 0 14 8 -- -- .636 734 181.2 157 5 40 -- 2 68 0 0 76 55 2.72 1.08
1954 37 24 8 4 1 15 5 -- -- .750 743 187.2 161 12 44 -- 5 76 2 0 63 54 2.59 1.09
1955 31 23 7 1 3 16 9 -- -- .640 722 183.0 149 11 44 1 5 81 0 0 54 43 2.11 1.05
1956 29 16 3 2 0 5 7 -- -- .417 400 93.2 92 4 28 2 3 41 1 0 29 21 2.01 1.28
1957 3 1 0 0 0 0 0 -- -- ---- 26 6.1 7 1 0 0 0 5 0 0 2 2 2.57 1.11
通算:16年 516 381 184 45 10 209 127 -- -- .622 12683 3057.0 2386 116 1436 3 38 1597 33 7 1081 842 2.48 1.25
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 18 (1939年 - 1942年、1946年 - 1957年)
  • 33 (1958年 - 1961年)
  • 70 (1962年 - 1974年)

登録名[編集]

  • 中尾 輝三 (なかお てるぞう、1939年 - 1947年)
  • 中尾 碩志 (なかお ひろし、1948年 - 1974年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 巨人軍5000勝の記憶読売新聞社ベースボールマガジン社、2007年。ISBN 9784583100296。p.17 「彼を有名にしたのは2度にわたるノーヒットノーラン、そして大量のフォアボールだった」と評されている。

関連項目[編集]