中山信吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
中山信吉
Nakayama Nobuyoshi(松岡藩主).jpg
中山信吉像(智観寺蔵)
時代 安土桃山時代 - 江戸時代初期
生誕 天正5年(1577年
死没 寛永19年1月6日1642年2月5日
改名 菊太郎(幼名)、信吉
別名 左助、雅楽助(通称)
戒名 源盛院殿道立心圓居士
墓所 埼玉県飯能市 智観寺
官位 従五位下、備前守
幕府 江戸幕府
常陸国水戸藩附家老
氏族 中山氏
父母 父:中山家範、母:片倉氏
兄弟 照守、信吉
正室:久下氏
信政、吉勝(次男)、信治

中山 信吉(なかやま のぶよし)は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将水戸藩附家老

生涯[編集]

天正5年(1577年)、後北条氏家臣・中山家範(勘解由)の次男として生まれた。中山氏は武蔵国入間郡(現在の埼玉県飯能市付近)に本拠のある武藏七党の一つ。北条氏が武蔵国を押さえると家臣団に組み込まれる。

天正18年(1590年)、小田原征伐における八王子城攻防戦で家範は討死するが、戦後、兄照守とともに徳川家康に召し抱えられ、信吉は小姓役(1500石)として仕えた[1]。父子ともに八條流馬術の名手。

慶長8年(1603年)、伏見城で刺客を捕まえて家康から褒美を貰う。慶長12年(1607年)11月、家康の十一男頼房常陸国下妻10万石に配されるに伴い、特に頼房に附属されて家老に任じられ、常陸国真壁郡内に5000石の加増を受けて6500石を知行した。慶長13年(1608年)、父の奮戦した八王子城で武功のあった17騎を与力として預けられ、真壁でさらに3500石を加増された。慶長14年(1609年)11月、頼房の水戸転封により5000石に加増され、合計15000石となる。慶長19年(1614年)、大坂の陣では頼房とともに駿府城の守備についた。元和2年(1616年)3月26日、従五位下備前守に叙任。元和7年(1621年)には2万石に加増される。翌元和8年(1622年)、常陸松岡(現在の茨城県高萩市)に居館を構えた。

伏見城内での盗賊捕縛や駿府城大火時における頼房救出など、信吉の正直な性格や人柄が家康の厚い信任を得ていたものと思料される。また、水戸藩主の後継として光圀を将軍家光に推挙したと伝えられる。

寛永19年(1642年)1月6日、死去。享年65。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 小山譽城『徳川御三家付家老の研究』(清文堂出版、2006年) ISBN 4-7924-0617-X