中山女子短期大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
中山女子短期大学
本名 中山 裕介(なかやま ゆうすけ)
生年月日 (1986-10-06) 1986年10月6日(34歳)
出身地 日本の旗 日本徳島県徳島市
血液型 A型
身長 175 cm
最終学歴 徳島県立城南高等学校卒業
出身 NSC大阪校28期
事務所 吉本興業
活動時期 2006年 -
同期 祇園
稲田直樹アインシュタイン
公式サイト 中山女子短期大学 プロフィール
受賞歴
2014年 R-1ぐらんぷり 決勝進出
2015年 第36回ABCお笑いグランプリ 決勝進出
テンプレートを表示

中山女子短期大学(なかやまじょしたんきだいがく、本名:中山 裕介[1][2]1986年10月6日 - )は、吉本興業所属のピン芸人。芸名に「女子」とあるが男性である。R-1ぐらんぷり2014ファイナリスト。よしもと徳島県住みます芸人

人物[編集]

徳島県徳島市出身。徳島県立城南高等学校卒業[3]。高校時代は野球部所属。NSC大阪校28期生。同期は祇園アインシュタイン稲田直樹ラフ次元など。

身長175cm、体重70kg。血液型はA型。趣味は洋楽ロック、スポーツ観戦(野球サッカーアメフト)、高専ロボコン鑑賞。

既婚者。妻は吉本興業所属の構成作家・吉岡由依子である[4]。ちなみに芸歴でいえば吉岡は中山の7年後輩にあたる[5]

妻との出会いは同期の紹介で単独ライブの担当者として中山の様々な発注に対して応えてくれたことから[5]

かつて、土肥ポン太が経営するポン太青果で働いていたが土肥が八百屋を辞めて農業をするといった趣旨のことを示したため付き合いきれないと感じたことから退職。その後はカレー屋でアルバイトをしながら芸能活動を行っていた。お笑い芸人としての月収は先輩芸人の藤崎マーケット・トキいわく「スニーカー、1足程度」の値段であった。妻の月収をあわせても10万円に満たないことがたびたびあるが、家賃3万3千円のワンルームで生活。妻の収入をあてにせず、バイトや節約に励んでいた[5]

R-1グランプリ2014で結果を残すことが出来なかったら、田舎に帰る決意をしていた。

2017年10月7日に第一子が誕生、一児の父である[6]

2018年4月より徳島県住みます芸人に就任。徳島インディゴソックスの応援選手兼スタジアムDJも担当している[7]

クイズが得意であり、『パネルクイズ アタック25』(2019年4月14日放送回)で優勝経験がある。さらにその結果により、年間チャンピオン大会(2019年12月8日放送回)に出場、結果は準優勝であった。

賞レース成績[編集]

単独ライブ[編集]

2014年

  • 「来賓が静かになるまで5分かかりました。」(2014年2月20日、5upよしもと
  • 「激闘!ひとり日本シリーズ ~パチョレックの21球~」(2014年10月13日、道頓堀ZAZA POCKET’S)

2015年

  • 「プリンセス健康 ~同時上映プリンセス連行~」(2015年6月20日、道頓堀ZAZA POCKET'S)
  • 「ネタ田ヒカル」(2015年11月1日、道頓堀ZAZA POCKET'S)

2016年

  • 「第三者の厳しい姪」(2016年8月5日、道頓堀ZAZA POCKET'S)

2017年

  • 「君チケットの半券切り離したまふことなかれ」(2017年4月28日、道頓堀ZAZA POCKET'S)

2018年

  • 「法律上は中山女子短期大学とみなされる事案①」(2018年11月5日、道頓堀ZAZA POCKET'S)

2019年

  • 「陸地だよ!全員肺呼吸!」(2019年9月23日、道頓堀ZAZA Box)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ パネルクイズアタック25 マスコミ関係者大会で見事「中山女子短期大学」優勝!”. よしもと住みます芸人47web 徳島. 2020年11月18日閲覧。
  2. ^ ユースケ・サンタマリアの本名と同姓同名である。
  3. ^ @joshinaka (2011年1月28日). "卒業生ですか!僕は兄弟三人全員城南です!ワッショイ!" (ツイート). Twitterより2020年11月18日閲覧
  4. ^ 株式会社スポーツニッポン新聞社マルチメディア事業本部「ピン芸人・中山女子短期大学 構成作家と結婚「すごく気が合う」」『スポニチ Sponichi Annex』スポーツニッポン、2016年1月2日。2020年11月18日閲覧。
  5. ^ a b c Inc., Natasha, (2016年5月4日). “藤崎マーケット、新婚・中山女子短期大学の台所事情を調査” (日本語). お笑いナタリー. お笑いナタリー. 2020年11月18日閲覧。
  6. ^ “「R―1ファイナリスト」中山女子短期大学、第1子の誕生を報告” (日本語). スポーツ報知 (スポーツ報知). (2017年10月7日). オリジナルの2018年8月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180829215210/https://www.hochi.co.jp/entertainment/20171007-OHT1T50152.html 2018年8月29日閲覧。 
  7. ^ “お笑い芸人・中山女子短期大学が応援選手兼スタジアムDJ 徳島インディゴソックスのホームゲーム盛り上げ” (日本語). topics (徳島新聞). (2018年4月12日). https://www.topics.or.jp/articles/-/31744 2020年11月18日閲覧。