中山徹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

中山 徹(なかやま とおる、1968年[1] - )は、日本の英文学者一橋大学大学院言語社会研究科教授。専門は英文学[1]スラヴォイ・ジジェクなどの訳書がある。日本英文学会新人賞受賞。

略歴[編集]

1991年埼玉大学教養学部教養学科卒業、1997年筑波大学大学院文芸・言語研究科博士課程単位取得退学[2]。筑波大学文芸・言語学系助手、静岡県立大学短期大学部専任講師を経て、2008年、筑波大学博士(文学)の学位を取得。2009年4月、一橋大学大学院言語社会研究科准教授[3]2014年より教授[3]2000年に第23回日本英文学会新人賞佳作を受賞[3]2013年ユリシーズ論『ジョイスの反美学』を刊行[4]

著作[編集]

単著[編集]

  • 『ジョイスの反美学――モダニズム批判としての『ユリシーズ』』 彩流社、2014年。

共編著[編集]

  • 井川ちとせ共編著『個人的なことと政治的なこと――ジェンダーとアイデンティティの力学』 彩流社、2017年

翻訳[編集]

  • スラヴォイ・ジジェク著 『脆弱なる絶対-キリスト教の遺産と資本主義の超克』 青土社、2001年。
  • スラヴォイ・ジジェク著 『全体主義-観念の(誤)使用について』 青土社、2002年(清水知子との共訳)。
  • スラヴォイ・ジジェク、ムラデン・ドラー著 『オペラは二度死ぬ』 青土社、2003年。
  • ジョアン・コプチェク著 『<女>なんていないと想像してごらん-倫理と昇華』 河出書房新社、2004年(鈴木英明、村山敏勝との共訳)。
  • スラヴォイ・ジジェク著 『操り人形と小人-キリスト教の倒錯的な核』 青土社、2004年。
  • スラヴォイ・ジジェク著 『大義を忘れるな-革命・テロ・反資本主義』 青土社、2010年(鈴木英明との共訳)。
  • スラヴォイ・ジジェク著 『暴力-6つの斜めからの省察』 青土社、2010年。
  • スラヴォイ・ジジェク著、パク・ヨンジュン編 『ジジェク、革命を語る-不可能なことを求めよ』 青土社、2014年。

脚注[編集]