中山拓哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
中山 拓哉
Takuya Nakayama
秋田ノーザンハピネッツ  No.17
ポジション PG/SG
背番号 17
身長 182cm (5 ft 12 in)[1]
体重 82kg (181 lb)[1]
血液型 B型
基本情報
愛称 タク
ラテン文字 Takuya Nakayama
誕生日 (1994-07-24) 1994年7月24日(24歳)
日本の旗 日本
出身地 横浜市
出身 東海大学付属相模高校
東海大学
ドラフト  
選手経歴
2017- 日本の旗秋田ノーザンハピネッツ
受賞歴
  • 関東大学バスケットボール新人戦 優秀選手賞(2014)
  • インカレ 優秀選手賞(2016)
  • インカレ アシスト王(2016)
  • B2 スティール王 (2017-18)

中山 拓哉(なかやま たくや、1994年7月24日 - )は、日本の男子バスケットボール選手である。神奈川県横浜市出身。身長182cm、体重82㎏で、ポジションはポイントガードシューティングガード[1]Bリーグ・B1の秋田ノーザンハピネッツに所属している。

来歴[編集]

ミニバス[編集]

幼少期から激しいプレースタイルで、小指を10回以上骨折した[2]

大学[編集]

東海大学付属相模高校卒業後、2013年に東海大学に入学、バスケットボール部に入部する。背番号は13を着けた。

1年次、関東大学バスケットボール新人戦ではスターティングメンバーに選ばれ、1学年上のベンドラメ礼生らと共に優勝に貢献した[3]

2年次、新人戦では筑波大学に敗れ準優勝に終わったものの、中山は優秀選手賞に選ばれた[4]。2015年2月には2015年夏季ユニバーシアード日本代表候補として強化合宿に招集された[5]が、代表入りは逃した。

3年次の2016年2月には2017年夏季ユニバーシアードに向けた日本代表候補に選出された[6]筋トレと一日8食で体重を10キロ増やした[7]

4年次、リーグ戦では、主戦のポイントガード伊藤達哉の怪我で、本来シューティングガードの中山がポイントガードの役割も担った[8]。インカレでは決勝戦で筑波大学に敗れ準優勝に終わったものの、中山は大会通算21個のアシストを決め、アシスト王のタイトルと優秀選手賞を獲得した[9][10]。2017年1月のオールジャパンでは3回戦で前回優勝のシーホース三河と対戦し、敗れたものの中山は11得点を挙げた[11]

プロ選手として[編集]

1月12日、B1の秋田ノーザンハピネッツと、大学在学中でも契約できる「特別指定選手」制度によって選手契約を結ぶ[1]。背番号は17を着けた。2017-18シーズンは、体格を大きくした上に主力として活躍、B2スティール王を獲得した。スティールの極意は、相手をよく観察することと、後にNHK番組で述べた。

2018-19シーズンは、「大学からディフェンス主体のバスケをやってきたので、ペップ式は合っている。もっと積極的にディフェンスを仕掛けていったり、リバウンドにも絡んで数字でも残していきたい。」とテレビインタビューで、開幕前の決意を述べる[12]。12月23日の千葉ジェッツ戦では11得点14リバウンド10アシストを挙げ、日本人選手としては宇都直輝富山グラウジーズ)以来2人目となる“トリプルダブル”を成し遂げ、12月の「Player of the Month」を受賞した[13]

個人成績[編集]

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ    リーグリーダー    優勝シーズン
シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
2016-17 秋田 22 5 16.5 45.9 40.7 66.7 2.0 1.2 0.9 0.1 0.8 4.7
2017-18 秋田 56 44 24 45.7 31.7 59.4 4.3 3.8 2.1 0.1 1.4 8.5
2018-19 秋田

プレイオフ[編集]

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2017-18 秋田 5 3 20.37 .265 .250 .500 5.4 3.4 1.4 0 4.4

参考資料[編集]

  1. ^ a b c d “【新入団】選手契約合意のお知らせ” (プレスリリース), 秋田ノーザンハピネッツ, (2017年1月12日), https://northern-happinets.com/news/18025.html 2017年1月13日閲覧。 
  2. ^ https://www1.nhk.or.jp/sports/bleague/commentary/
  3. ^ 【2013新人戦】6/16 決勝 東海大VS青山学院大”. BOFweblog. Basketball of Japan (2013年6月16日). 2017年1月13日閲覧。
  4. ^ 【2014新人戦】最終結果”. BOFweblog. Basketball of Japan (2014年6月22日). 2017年1月13日閲覧。
  5. ^ “平成26年度男子ユニバーシアード日本代表チーム 第1次強化合宿開催のお知らせ” (プレスリリース), 日本バスケットボール協会, (2015年2月5日), http://www.japanbasketball.jp/release/9456 2017年1月13日閲覧。 
  6. ^ “平成28年度男子ユニバーシアード日本代表チーム 日本代表候補選手発表” (プレスリリース), 日本バスケットボール協会, (2016年2月24日), http://www.japanbasketball.jp/japan/20175 2017年1月13日閲覧。 
  7. ^ NHK 中山選手を解剖!パーソナルファイル 後編
  8. ^ 松原貴実 (2016年11月1日). “4連覇は成らずもチームとして成長できたリーグ戦(東海大学4年 #13 中山拓哉)”. バスケットボールスピリッツ. アートグラフィック新潟. 2017年1月13日閲覧。
  9. ^ 秋田が東海大学4年中山と選手契約「ハツラツとしたプレーで貢献したい」”. バスケットボールキング. フロムワン (2017年1月13日). 2017年1月13日閲覧。
  10. ^ 全日本大学バスケットボール連盟
  11. ^ 第92回天皇杯・第83回皇后杯(オールジャパン2017) 4日目 男子3回戦 -B.LEAGUE出場チーム中、最下位(12位)の仙台89ERSが5位の三遠ネオフェニックスを破り、ベスト8進出-”. 日本バスケットボール協会 (2017年1月5日). 2017年1月13日閲覧。
  12. ^ 秋田朝日放送 (2018年9月22日). “ハピネッツ、金足農に続き旋風を起こせるか?白浜僚祐、中山拓哉が開幕に向けた赤裸々激白”. 2018年9月22日閲覧。
  13. ^ https://twitter.com/bbking_jp/status/1085362986263359488