中山涙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
中山 涙
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

中山 涙(なかやま なみだ、1971年 - )は日本ノンフィクション作家大衆小説家、コラムニストである。別名義に宮里洸

来歴・人物[編集]

東京都町田市出身。中央大学法学部卒業。会社勤務の傍ら、20代より書評家として文庫解説などを執筆[1]2000年峰隆一郎の『人斬り弥介』シリーズを引き継ぎ、宮里洸名義で小説家デビュー[2]。大のお笑いファンで、ブログ「死んだ目でダブルピース」にてテレビウォッチャーとしても活動する。

2012年、『浅草芸人~エノケン、ロッパ、欽ちゃん、たけし、浅草演劇150年史』で、第25回尾崎秀樹記念・大衆文学研究賞(大衆文化部門)受賞。ペンネームの中山涙の名付け親は有吉弘行[3]

著書[編集]

宮里洸名義

  • 幽鬼―人斬り弥介秘録(2002年、集英社文庫
  • 鬼神―人斬り弥介秘録〈其ノ2〉 (2002年、集英社文庫)
  • 沈む町―人斬り弥介秘録(2003年、集英社文庫)
  • 茜雪―人斬り弥介秘録(2005年、集英社文庫)
  • 決定版・真田十勇士 霧隠才蔵(2005年、集英社文庫)

中山涙名義

  • 浅草芸人 エノケン、ロッパ、欽ちゃん、たけし、浅草演芸150年史(2011年、マイナビ新書)

脚注[編集]