中山満親

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
中山満親
時代 南北朝時代 - 室町時代前期
生誕 建徳2年/応安4年(1371年
死没 応永28年4月26日1421年5月27日
改名 親兼(初名)→満親
官位 正二位権大納言
主君 後小松天皇称光天皇
氏族 中山家
父母 父:中山親雅、母:加賀局長快の娘)
定親、有親
テンプレートを表示

中山 満親(なかやま みつちか)は、南北朝時代から室町時代前期にかけての公卿権中納言・中山親雅の子。官位正二位権大納言中山家8代当主。

経歴[編集]

7代当主・中山親雅の子として誕生。初名は親兼。

応安6年/文中2年(1373年)、叙爵。永和元年/天授元年(1375年)、侍従となる。至徳3年/元中3年(1386年)、正五位下に叙される。満親と改名。 嘉慶元年/元中4年(1387年)、左近衛少将となる。明徳元年/元中7年(1390年)、信濃権介。応永2年(1395年)、蔵人頭。応永9年(1402年)、正四位上・参議となり公卿に列する。

応永10年(1403年)、従三位加賀権守( - 1407年)。応永15年(1408年)、正三位に叙される。応永17年(1410年)、因幡権守。応永18年(1411年)、従二位・左近衛中将。応永21年(1414年)、権中納言。応永24年(1417年)、正二位。応永25年(1418年)、権大納言。

応永28年(1421年)、出家し祐満と号す。同年に没。享年51。

参考文献[編集]

  • 安田元久『鎌倉・室町人名事典』(新人物往来社、1990年)