中山福蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
中山福蔵
Nakayama Fukuzō.jpg
帝国議会衆議院時代の中山
生年月日 1887年6月7日
出生地 熊本県
没年月日 (1978-10-13) 1978年10月13日(91歳没)
出身校 東京帝国大学法学部
前職 弁護士
所属政党立憲民政党→)
無所属→)
緑風会→)
自由党→)
自由民主党
配偶者 中山マサ(元厚生大臣)
親族 中山マサ
中山太郎
中山正暉
中山泰秀
テンプレートを表示

中山 福蔵(なかやま ふくぞう、1887年6月7日[1] - 1978年10月13日)は、日本弁護士政治家。戦前に衆議院議員(3期)を、戦後に参議院議員(3期)を務めた。

来歴・人物[編集]

1953年4月に行われた第26回衆議院議員総選挙と第3回参議院議員通常選挙での互いの当選を祝う中山夫妻[注釈 1]

熊本県玉名郡江田村出身[2][3]。中山勝平の二男[4]。7歳のときに父が亡くなり、母に連れられ鹿児島県志布志に移る[2]

1903年志布志尋常高等小学校を卒業し、長崎県の鎮西学館(鎮西学院)入学[5]1905年鎮西学館より大阪府立富田林中学校 (旧制)2年に編入し、さらに1907年(明治40年)奈良県立郡山中学校 (旧制)へ転校[5]1908年第七高等学校造士館へ入学し[5]1911年 7月に卒業[6][7]。同年東京帝国大学法学部に入学し、1918年卒業[5]。大学卒業後、東京で弁護士となるが[2]、東大の同級生と法廷で争うことを避けて大阪に弁護士事務所を開き[8]大阪弁護士会所属で活動[5]1923年 [5]、川尻正修(大隈重信の秘書官)の世話になった見合い飯田マサと結婚、大阪市で新婚生活に入った[8]

1932年第18回衆議院議員総選挙に衆議院議員に初当選し(大阪府第4区)、以降第19回第20回と3選[3]立憲民政党に所属。第21回衆議院議員総選挙(翼賛選挙)では非推薦候補で落選[5]。戦後、1951年(昭和26年)5月16日参議院大阪府選挙区補欠選挙で当選(緑風会所属)、第3回参議院議員通常選挙も緑風会で再選。自由党大阪支部長となり[3]、保守合同で自由民主党に属す。改選をむかえた第5回参議院議員通常選挙では自由民主党公認で落選するが、第6回参議院議員通常選挙では同党で当選。次の改選には不出馬で議員を引退。

参院法務・建設各委員長、裁判官弾劾裁判所裁判長等を歴任した他、初代在大阪トルコ共和国名誉総領事、全日本薬業(連)会頭、(財)日本警察犬協会副会長、(社)日タイ協会・日本国連協力会各理事などを務めた[3][5]1978年10月13日に逝去し、従三位に叙せらる[5]

著名な家族・親族[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ 画像中に「中山寿彦」とあるのは「中山福蔵」の誤り。

出典[編集]

  1. ^ 衆議院『第七十回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1936年、5頁。
  2. ^ a b c 南日本新聞社『郷土人系 上』(春苑堂書店、1969年)220頁
  3. ^ a b c d 『政治家人名事典』387頁
  4. ^ a b c d 『人事興信録. 第11版』(昭和12年)下ナ一七三
  5. ^ a b c d e f g h i j k 『近代政治関係者年譜総覧 戦後篇 第4巻』(ゆまに書房、1990年)783-787頁
  6. ^ 七高史研究会『七高造士館で学んだ人々 改訂版』(2001年)
  7. ^ 『郷土人系 上』には二中(鹿児島県立第二鹿児島中学校(旧制))、七高を経たとあるが不詳。
  8. ^ a b c 中山家の歩み(中山泰秀) 2017年4月16日InternetArchive

参考文献[編集]

  • 『政治家人名事典』(1990年、編集・発行 - 日外アソシエーツ)387頁
  • 新訂 政治家人名事典 明治~昭和』(2003年、編集・発行 - 日外アソシエーツ)452頁