中山賀博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

中山 賀博(なかやま よしひろ、1914年大正3年)1月30日 - 2003年平成15年)7月21日)は日本の外交官、元駐フランス特命全権大使。広島県出身。

略歴[編集]

  • 1914年(大正3年) - 幾太郎の二男として生まれる。
  • 1938年(昭和13年) - 東京帝国大学法学部を卒業。
  • 1956年(昭和31年) - 通産省通商局次長に就任。
  • 1963年(昭和38年) - 外務省経済局長に就任。
  • 1966年(昭和41年) - 駐南ベトナム大使に就任。
  • 1967年(昭和42年) - 駐ジュネーヴ国際機構大使に就任。
  • 1970年(昭和45年) - 駐フランス大使に就任。
  • 1975年(昭和50年) - 退官。
  • 2003年(平成15年)7月21日 - 呼吸不全のため、東京都青梅市の病院で死去、89歳[1]
  • その他、新潟鉄工所顧問、日仏賢人会議日本側座長、中東調査会理事長、ホテルオークラ取締役などを務めた。

受章・受賞[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 中山賀博さん死去 元駐仏大使 有名人の葬儀 2003年7月22日

参考文献[編集]

  • 交詢社 第69版 『日本紳士録』 1986年
先代:
土田豊
中東調査会理事長
第4代: 1977年 - 1989年
次代:
三宅和助