中山道陸橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

中山道陸橋(なかせんどうりっきょう)は、東京都板橋区大和町と同区本町の間で国道17号中山道)に架かる東京都道318号環状七号線(環七通り)の跨道橋陸橋)である。

概要[編集]

国道17号(以下、中山道)を跨いでいるほか、首都高速5号池袋線が上空で、都営地下鉄三田線が地下で当陸橋と交差し、三田線は交差している部分に板橋本町駅がある。

橋の下の大気汚染[編集]

当陸橋の下にある大和町交差点は、交通量のほかに、当陸橋、首都高速5号池袋線、交差点周辺のビルによって半閉鎖的な状態となっているため、排気ガスによる大気汚染が厳しい交差点となっている。環境省環境管理局の調査では、2001年度と2002年度は日本一大気汚染が深刻な交差点であったが、試験的に土壌による空気の浄化を行っている[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]