中島亜梨沙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
なかじま ありさ
中島 亜梨沙
別名義 羽桜 しずく(旧芸名)
生年月日 (1982-12-22) 1982年12月22日(38歳)
出身地 日本の旗 日本 北海道札幌市
身長 164cm
血液型 A型
職業 女優
ジャンル 舞台ドラマ映画
活動期間 2003年 -
活動内容 2003年:宝塚歌劇団入団、星組配属
2008年:月組へ異動
2009年:宝塚歌劇団退団
2011年:芸能活動再開
事務所 キューブ
公式サイト 中島亜梨沙 公式プロフィール
主な作品
宝塚歌劇
ME AND MY GIRL
夢の浮橋
二人の貴公子
ドラマ
真田丸
備考
宝塚歌劇団卒業生
テンプレートを表示

中島 亜梨沙(なかじま ありさ、1982年[1][2]12月22日[3][4][2] - )は、日本女優[2]。元宝塚歌劇団月組星組の娘役スター[3][5][6][2]

北海道札幌市[1][3][4][2]北海道札幌稲西高等学校出身[3][4]。身長164cm[1][2]。血液型A型[1][2]。愛称は「ありさ」、「しずく」[7]。宝塚歌劇団時代の芸名は羽桜しずく(はざくら・しずく)[3][2]

所属事務所はキューブ[1]

来歴[編集]

2001年、宝塚音楽学校入学。

2003年、宝塚歌劇団に89期生として入団[5][6]。入団時の成績は42番[8]。月組公演「花の宝塚風土記シニョール ドン・ファン」で羽桜しずくとして初舞台[3][9][5][4][6]。その後、星組に配属[3][9][5][4][6][8]

2007年、安蘭けい遠野あすかトップコンビ大劇場お披露目となる「シークレット・ハンター」で新人公演初ヒロイン[9][3][5][4][6][10]

2008年2月12日付で月組へと組替え[9][5][4][6][11]。同年、彩乃かなみ退団公演となる「ME AND MY GIRL」で、2度目の新人公演ヒロイン[6][9][3][5][4][10]。続く「ME AND MY GIRL」(博多座公演)の続演で、主演・霧矢大夢の相手役を務め、ヒロイン[6][5]。続く「夢の浮橋」では、トップスター・瀬奈じゅんの相手役に抜擢を受け、大劇場ヒロインを演じる[4][12]

2009年、「二人の貴公子」でバウホール公演初ヒロイン[13]。続く「エリザベート」で3度目の新人公演ヒロイン[14]。同年12月27日、瀬奈じゅん退団公演となる「ラスト プレイ/Heat on Beat!」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団[15]

退団後はカナダ留学を経て、2011年より本名の中島亜梨沙と改名して芸能活動を再開[2]。ドラマ・映画・CM・番組ナビゲーターなど多方面で活躍している[2]

2018年10月よりキューブ所属となったことを報告[16]

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

初舞台[編集]

星組時代[編集]

月組時代[編集]

出演イベント[編集]

  • 2004年10月、第45回『宝塚舞踊会』
  • 2005年3月、真飛聖ディナーショー『Sky Blue』[6]
  • 2005年12月、『花の道 夢の道 永遠の道』
  • 2008年3月、『ME AND MY GIRL』前夜祭
  • 2008年12月、タカラヅカスペシャル2008『La Festa!』

宝塚歌劇団退団後の主な活動[編集]

ドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

CM・広告[編集]

  • 小林製薬 消臭元香るStick(2013年)
  • ザ・ソウドウ・東山 京都・親子三代篇 京都 優子さんの場合[22](2013年)
  • ダノンジャパン ダノンビオ(2014年)
  • 花王
    • ビオレ「ビオレの約束」篇(2014年)
    • ビオレ「キメまですっぴんキレイ!」篇
    • エッセンシャル キューティクルエッセンス 誕生篇(2016年)
    • エッセンシャル 朝からキレイな人 営業職篇(2016年)
  • ダノンジャパン ダノンビオ ドリンクタイプ ファイバーイン「新登場」編(2014年)
  • オニオンノート 「ダイニング」篇(2014年)
  • マーベラス 剣と魔法のログレスいにしえの女神
    • 「新人配属」篇(2015年9月1日 - )
    • 「営業会議」篇(2015年9月14日 - )
    • 「忍び寄る影」篇(2015年11月12日 - )
    • 「12月呼びかけ篇」(2015年12月17日 - )
  • 日本マクドナルド 「パイナップルパイ フラダンス」篇(2015年)
  • ソニーモバイルコミュニケーションズXperia Z5」(2015年)
  • 電源開発 J-POWER 発電会議。
    • 「環境」篇(2015年)
    • 「使命」篇(2015年)
  • T-fal 電気ケトル 「優雅な朝」篇(2016年12月1日 - )
  • ベイクルーズ(2017年5月2日 - )
  • キユーピー マヨネーズ 「野菜は、踊る。」篇(2017年2月20日 - ) - ナレーション
  • 資生堂 ベネフィーク 「リセットタイムのスキンケア。ホワイトジーニアス」篇(2018年1月18日 - )

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 中島亜梨沙 公式プロフィール 株式会社キューブオフィシャルサイト。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l 【注目の人物】波瑠主演「ON」の“美しすぎるバレエ講師”って誰?元タカラジェンヌ中島亜梨沙に熱視線 モデルプレス。
  3. ^ a b c d e f g h i j k プレシャス!宝塚 日刊スポーツ。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l プレシャス!宝塚 日刊スポーツ。
  5. ^ a b c d e f g h i j k 宝塚プレシャス 朝日新聞。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l Memories of 羽桜しずく タカラヅカ・スカイ・ステージ。
  7. ^ 『宝塚おとめ 2009年度版』 阪急コミュニケーションズ、2009年、64頁。ISBN 978-4-484-09505-9。
  8. ^ a b 100年史(人物), p. 115.
  9. ^ a b c d e f g h 月組 羽桜しずく The name of タカラジェンヌII 産経新聞ENAK。
  10. ^ a b c d 100年史(舞台), p. 316.
  11. ^ 『2007年宝塚 Stage Album』 阪急コミュニケーションズ、2008年、81頁。ISBN 978-4-484-08502-9。
  12. ^ a b 100年史(舞台), p. 195・317.
  13. ^ a b プレシャス!宝塚 日刊スポーツ。
  14. ^ a b 100年史(舞台), p. 317.
  15. ^ a b 「クールな男前」全開、瀬奈じゅん宝塚サヨナラ公演 朝日新聞デジタル。
  16. ^ 中島亜梨沙 - Twitter(2018年10月8日)2018年11月21日閲覧。
  17. ^ “中島亜梨沙、『真田丸』吉野太夫役 1回だけの出演予定がキーパーソンに大出世”. ORICON STYLE. (2016年7月31日). http://www.oricon.co.jp/news/2076046/full/ 2016年8月1日閲覧。 
  18. ^ “中島亜梨沙、波瑠主演ドラマにバレエ講師役でゲスト出演”. ORICON STYLE. (2016年7月26日). http://www.oricon.co.jp/news/2075741/full/ 2016年7月27日閲覧。 
  19. ^ 三谷氏新作「風雲児たち」女性陣も「真田丸」一色!長野里美&岸井ゆきの&中島亜梨沙”. Sponichi Annex (2017年10月5日). 2017年10月6日閲覧。
  20. ^ Twitter 2021 /2/19 21:48ツイート
  21. ^ “全キャスト発表、塚田僚一主演「サクラパパオー」に中島亜梨沙&片桐仁ら”. ステージナタリー. (2017年1月12日). http://natalie.mu/stage/news/216451 2017年1月12日閲覧。 
  22. ^ CMギャラリー・Plan Do See

参考文献[編集]

  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3。
  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(人物編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14601-0。