中島修二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中島 修二
個人情報
誕生日 (1965-07-08) 1965年7月8日(52歳)
出身地 日本の旗 山口県
大学 明治大学
ラグビーユニオン経歴
選手としての経歴
ポジション フランカー
アマチュアクラブ
クラブ / チーム
大津高校
明治大学
プロ / シニアクラブ
クラブ / チーム キャップ (ポイント)
NEC
国代表チーム
クラブ / チーム キャップ (ポイント)
 日本 11
最終更新:2015年8月.

中島 修二(なかしま しゅうじ、1965年7月8日 - )は、日本の元ラグビー選手

プロフィール[編集]

来歴[編集]

大津高校を経て明治大学へと進む。1985年度の第22回全国大学ラグビーフットボール選手権大会では、慶應義塾大学と12-12で引き分けながらも、同チーム4年ぶりとなる優勝を経験[1]。その後、日本電気(後のNECグリーンロケッツ)に加入。

1989年5月28日秩父宮ラグビー場で行われた、対スコットランド戦が、日本代表としての初キャップ試合。その試合で攻守に亘る活躍を見せ、対同チーム初勝利に貢献したが、後に当時監督だった宿澤広朗から、MVP級の活躍と賞賛を受けた[2]。その後も不動の7番として、1991年ワールドカップにおける対スコットランド戦まで常時出場機会を得た。

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ しかしその後の抽選の結果、日本ラグビーフットボール選手権大会には慶應が出場。そして慶應はトヨタ自動車を破って日本一の座に就いた。
  2. ^ 宿澤広朗 「言葉の力で革命を」 - Sports Graphic Number739号