中島河太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

中島 河太郎(なかじま かわたろう、1917年6月5日[1] - 1999年5月5日[1])は日本のミステリー文学評論家アンソロジスト国文学者。本名は中嶋馨(なかじま かおる)。日本推理作家協会第7代理事長。日本ミステリー文学大賞受賞者。和洋女子大学学長・名誉教授[2]江戸川乱歩の薫陶を受けた推理小説研究の第一人者で、推理小説に加え国文学・民俗学の書誌学者としても知られる[3]。別名に小城魚太郎[4]、石羽文彦、玉井一二三。

略歴[編集]

鹿児島県鹿児島市生まれ[5][6]鹿児島県立第一鹿児島中学校 (旧制)第七高等学校造士館 (旧制)を経て[7][8]東京帝国大学文学部国文科で中世説話文学を専攻する[9]。旧制中学時代から兄の影響で「新青年」を読み始め、探偵小説に親しむ[6][7]。また、鹿児島での学生時代は、地元出身教師の郷土史自慢の多さに辟易していた。旧制七高の学生時代に、当時新興の学問だった民俗学に取り組み始め、鹿児島民俗研究会結成に参加[10]1942年に東大国文科を卒業して教師となり、神奈川県立横浜第一中学校 (旧制)を経て、東京都立第七中学校 (旧制)・東京都立墨田川高等学校の教諭をつとめる[3][5]柳田國男正宗白鳥に師事し[7]1945年に柳田國男の説話会に参加[11]

1947年に探偵新聞に連載した「日本推理小説略史」で江戸川乱歩に注目され、ミステリー小説評論家としての本格的な活動を開始する[3]1955年、まだ書き下ろし小説を募集していなかった第1回江戸川乱歩賞を、外国・日本推理小説をまとめ評論した『探偵小説辞典』で受賞した[1][3][5]1965年、『日本推理小説史 第一巻』が第18回日本推理作家協会賞の候補[5]1966年、第19回日本推理作家協会賞を『推理小説展望』で受賞[1][3][5]1985年から2期4年間日本推理作家協会理事長を務める[5]1997年、日本初の推理小説専門図書館であるミステリー文学資料館の初代館長に就任[3][5]

国文学者としては、1966年和洋女子大学および同短期大学部の国文学科講師に着任し、1968年助教授に就任[11]1970年教授に昇任[1][2]1980年、国文学科の属する文家政学部の学部長を兼任[11]1991年同大学および短期大学の学長に就任し[1][2]1996年まで務めて[3]、名誉教授授与[2]。民俗学にも精通し、正宗白鳥や柳田國男の研究者として多大な功績を残した[3]

1988年、勲四等旭日小綬章受章[3]1998年度に、わが国のミステリー文学の発展に著しく寄与した人物に贈られる日本ミステリー文学大賞を受賞(第2回)[5][12]

逸話[編集]

旧制中学教師時代はまだ若かったので生徒から「あんちゃん」と呼ばれ、怒ると生徒を並べて「ホイホイ」と言いつつ後ろから尻を蹴り上げることで知られていた[13]。戦時中に授業を受けた半藤一利からは「軍事教練をさぼると思いっきり殴る軍国教師だった」と批判されている[14]。その他、佐野眞一も墨田川高等学校での教え子のひとりである[14]。佐野によると、当時の中島は「由比正雪のような総髪をし、達意の文章、特に古典の名文を読むときは音吐朗々、独特の髪形とも相俟って、書かれた世界に引きずりこむ魔力めいたものがあ」り、1964年5月、『宝石』廃刊の時は憔悴した表情で「今日は大変悲しいことがあったので、授業はできません」と発言した、という[15]

著作[編集]

  • 『推理小説ノート』社会思想研究会出版部 現代教養文庫 1960
  • 『日本推理小説史 第1巻』桃源社 1964 のち東京創元社
  • 『推理小説展望』世界推理小説大系 別巻 東都書房 1965 のち双葉文庫 1995
  • 『推理小説の読み方』岩井泰三絵 ポプラ社 1971
  • ルパンホームズ 推理小説のなぞをとく』ポプラ社 少年ブックス 1976
  • 『日本推理小説史』第2 - 3巻 東京創元社 1994 - 96
  • 『探偵小説辞典』(江戸川乱歩賞全集)講談社講談社文庫〉、1998年9月 ISBN 4-06-263875-4
  • 『中島河太郎著作集 上巻』中嶋淑人編 論創社、2020年1月 ISBN 978-4-8460-1883-2

編纂[編集]

  • 『推理小説への招待』荒正人共編 南北社 1959
  • 『ポケット・ミステリィ』編 光書房 1959
  • 『異端の文学 怪奇・幻想・恐怖名作選』編 新人物往来社 1969
  • 新青年傑作選』全5巻 編 立風書房 1969-70 (角川文庫版『新青年傑作選集』とは別内容)
  • 『ビーストン傑作集』編 創土社 1970
  • 『ルヴェル傑作集』編 創土社 1970
  • 『大衆文学大系』全30巻+別巻 監修: 大佛次郎, 川口松太郎, 木村毅. 編集委員: 尾崎秀樹,中島河太郎, 和田芳恵講談社, 1971 - 1980
  • 『あなたは挑戦者 犯人捜し』山村正夫等著 中島編 青樹社 1972
  • 『犯人当て傑作選』編 サンポウ・ノベルス 1973
  • 『名探偵傑作選』選 サンポウ・ノベルス 1973
  • 『現代怪奇小説集』全3巻 紀田順一郎共編 立風書房 1974
  • 『密室殺人傑作選』編 サンポウ・ノベルス 1974
  • 『恐怖推理』編 ベストセラーズ 1975
  • 『三億円事件 小説推理』編 グリーンアロー出版社 1975
  • 『日本代表ミステリー選集』全10冊 権田万治共編 角川文庫 1975 - 76
  • 『名探偵13人登場』編 ベストセラーズ 1975
  • 『恐怖の大空 航空ミステリー傑作集』編 ワールドフォトプレス 1976
  • 『殺意の死角』篇 日本文華社 文華新書 小説選集 1976
  • 『戦慄の蒼空 航空ミステリー傑作集』編 ワールドフォトプレス 1976
  • 『血染めの怨霊』編 ベストブック社 1976
  • 『日本探偵小説ベスト集成 戦前篇』編 徳間ノベルス 1976
  • 『ハードボイルド傑作選 1』編 ベストブック社 1976
  • 『凶悪の空路 航空ミステリー傑作集』編 ワールドフォトプレス 1977
  • 『現代怪奇小説集』紀田順一郎共編 立風書房 1977
  • 『死の懸垂下降 山岳推理ベスト集成』編 徳間ノベルス 1977
  • 『戦慄の旅路』篇 日本文華社 文華新書 小説選集 1977
  • 『血ぬられた海域 海洋推理ベスト集成』編 徳間ノベルス 1977
  • 『日本探偵小説ベスト集成 戦後篇』編 徳間ノベルス 1977
  • 『新青年傑作選集』全5巻 編 角川文庫 1977 (立風書房版『新青年傑作選』とは別内容)
  • 『怪談ミステリー集』編 双葉新書 1978 のち文庫
  • 『「宝石」傑作選集』全5冊 編 角川文庫 1978 - 79
  • 『本格推理傑作集』編 双葉新書 1978
  • 『名探偵読本 8 金田一耕助』編 パシフィカ 1979
  • 『名探偵読本 5 シャーロック・ホームズのライヴァルたち』押川曠共編 パシフィカ 1979
  • 『動物ミステリー集 殺人の影に意外な生物』編 双葉新書 1979
  • 『江戸川乱歩-評論と研究』編 講談社 1980
  • 『殺人鬼の饗宴 恐怖ミステリー集』編 双葉新書 1981
  • 『猫が見ていた 猫ミステリー傑作選』編 広済堂出版 1981 のち文庫
  • 『正宗白鳥全集』全30巻 紅野敏郎共編 福武書店、1983 - 86
  • 『日本ミステリーベスト集成』全4冊 編 徳間文庫 1984 - 85
  • 『あなたは名探偵 Mystery puzzle』編 青樹社 1985
  • 『日本推理小説辞典』編 東京堂出版 1985
  • 『新青年ミステリ倶楽部 幻の探偵小説』編 青樹社 1986
  • 『江戸川乱歩推理文庫』全65冊 平井隆太郎共責任編集 講談社 1987 - 89
  • 『江戸川乱歩ワンダーランド』(責任編集)沖積舎、1989
  • 『現代ミステリー傑作選』権田万治共編 角川文庫、1989
  • 『日本縦断殺人』編 天山文庫 1991
  • 『日本列島殺人』編 天山文庫 1992

翻訳[編集]

監修[編集]

  • 『世界の推理小説総解説 翻訳ミステリーと国内推理小説名作典』権田万治共監修 自由国民社、1982
  • 『日本探偵小説全集』全12巻(監修)東京創元社創元推理文庫〉、1984年 - 1996年
  • 『ポピュラー・ミステリーワールド』全15巻(監修)リブリオ出版、1997
  • 『くらしっくミステリーワールド』全15巻(監修)リブリオ出版、1997
  • 『もだんミステリーワールド』全15巻(監修)リブリオ出版、1998
  • 『げんだいミステリーワールド』全15巻(監修)リブリオ出版、1999
  • 『乱歩文献データブック』平井隆太郎共監修 名張市立図書館、1997年
  • 江戸川乱歩執筆年譜』平井隆太郎共監修 名張市立図書館、1998年

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f デジタル版 日本人名大辞典+Plus「中島河太郎」(コトバンク) 2019年12月28日閲覧
  2. ^ a b c d 著書『日本推理詳説史 第3巻』(東京創元社、1996年)著者略歴
  3. ^ a b c d e f g h i 著書『中島河太郎著作集 上巻』(論創社、2020年1月)内容紹介・著者紹介
  4. ^ 小栗虫太郎の『黒死館殺人事件』や「白蟻」などに登場する、小栗自身をモデルにした探偵小説家の名前。
  5. ^ a b c d e f g h 日本推理作家協会 物故会員 中島河太郎 2019年12月28日閲覧
  6. ^ a b 『新人国記6』(朝日新聞社、1964年)
  7. ^ a b c 南日本新聞社・編『郷土人系 下』(春苑堂書店、1970年)
  8. ^ 七高史研究会『七高造士館で学んだ人々 改訂版』(2001年、国立国会図書館蔵)
  9. ^ 著書『推理小説ノート』(社会思想研究会出版部、1960年)著者略歴
  10. ^ 『九州路』(毎日新聞社、1972年)152-153頁 中島河太郎「隼人の国」
  11. ^ a b c 和洋女子大学日本文学・文化学会『和洋国文研究 第23号』(1988年3月)6-7頁 乾克己「中嶋馨先生の古稀を祝う」
  12. ^ 日本ミステリー文学大賞 2019年12月28日閲覧
  13. ^ 東大・日本近代史研究会・部落問題 : 川村善二郎氏に聞く Author(s) 今西, 一 Citation アリーナ (2010), 9: 223-258
  14. ^ a b 江戸川乱歩 子供には読ませてはいけぬ変態作家と佐野眞一氏
  15. ^ 江戸川乱歩 子供には読ませてはいけぬ変態作家と佐野眞一氏