中島道男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

中島道男(なかじま みちお、1954年3月6日 - )は、日本の社会学者、奈良女子大学教授。

来歴[編集]

島根県生まれ。1977年京都大学文学部哲学科社会学卒業、81年同大学院文学研究科博士課程中退、奈良女子大学文学部助手、83年講師、88年助教授、99年教授。

著書[編集]

  • デュルケムの<制度>理論』恒星社厚生閣 1997
  • 『エミール・デュルケム 社会の道徳的再建と社会学』東信堂 シリーズ世界の社会学・日本の社会学 2001
  • 『バウマン社会理論の射程 ポストモダニティと倫理』青弓社 2009
  • ハンナ・アレント 共通世界と他者』東信堂 2015

翻訳[編集]

参考[編集]

  • [ISBN 978-4-7872-3302-8]
  • 『現代日本人名録』2002年