中島鵬六

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
中島鵬六

中島 鵬六(なかじま ほうろく、1885年明治18年)2月17日[1] - 1931年昭和6年)2月17日[2])は、日本の衆議院議員立憲政友会)、弁護士

経歴[編集]

宮城県加美郡中新田村(現在の加美町)出身[3]中新田町長・中島金也の長男として生まれる[3]。古川中学校(現宮城県古川高等学校)、第二高等学校を経て、1912年(大正元年)に東京帝国大学法科大学独法科を卒業し、弁護士となる[3][4]。仙台産馬畜産組合長[5]、大東銀行監査役を務めた[4]

1920年大正9年)、第14回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。合計で3期務めた。この間、馬政委員会委員、帝国馬匹協会理事を務めた[3]

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院『第五十五回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1928年、20頁。
  2. ^ 『昭和物故人名録』
  3. ^ a b c d 『宮城県百科事典』795頁。
  4. ^ a b 『人事興信録』
  5. ^ 『衆議院要覧』

参考文献[編集]

  • 『衆議院要覧(乙)昭和三年』衆議院事務局、1928年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第8版』人事興信所、1928年。
  • 『宮城県百科事典』河北新報社、1982年。
  • 『昭和物故人名録』日外アソシエーツ、1983年。