中崎俊秀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
中崎俊秀

中崎 俊秀(なかざき としひで、1874年明治7年)12月9日 - 1945年昭和20年)7月21日[1])は、日本衆議院議員立憲民政党)、水戸市長医師

経歴[編集]

茨城県東茨城郡鯉淵村(現在の水戸市西部・笠間市東部)出身。済生学舎医学を学んだ後、郷里で医院を開業し、1902年(明治35年)に鯉淵村長に選出された。日露戦争に従軍し、陸軍三等軍医に任ぜられた[2]1906年(明治39年)より水戸市内で常盤病院を開院し、1922年大正11年)には茨城県医師会長に選出された。

水戸市会議員、茨城県会議員を経て、1928年(昭和3年)の第16回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。以後、当選回数は補欠当選も加えて5回を数えた。また1932年(昭和7年)より水戸市長に就任し、常磐村の合併や塵芥処理場の改設、日中戦争の対応などに取り組んだ[3]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第5586号、昭和20年8月25日
  2. ^ 『衆議院要覧』
  3. ^ 『時の人』

参考文献[編集]

  • イハラキ時事社編輯局編 『時の人』 イハラキ時事社、1939年
  • 『衆議院要覧(乙) 昭和十二年十一月』 衆議院事務局1937年