中川久慶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
中川 久慶
Nakagawa Hisayoshi.jpg
中川久慶像(個人蔵)
時代 江戸時代中期
生誕 宝永5年3月8日1708年4月28日
死没 寛保3年10月30日1743年12月15日
改名 雅之助(幼名)、主殿(通称)、重貞→久慶
戒名 魏燃院
墓所 東京都港区愛宕青松寺
官位 従五位下、山城
幕府 江戸幕府
豊後岡藩
氏族 浅野氏→中川氏
父母 父:浅野綱長、養父:中川久忠
兄弟 浅野吉長浅野長賢久慶
正室:中川久周の娘(久忠養女)・清
祐丸、養子:久貞
養女:中川久虎娘・中川久貞正室

中川 久慶(なかがわ ひさよし)は、豊後岡藩の第7代藩主。

宝永5年(1708年)3月8日、安芸広島藩主・浅野綱長の四男として生まれる。元文2年(1737年)閏11月25日、第6代藩主・中川久忠の養子となる。元文3年(1738年)12月18日、従五位下・山城守に叙任する。寛保2年(1742年)12月19日、久忠の死去により、家督を継いだ。

藩政刷新を目指して目安箱を設置しようとするなど、藩政改革に意欲を示していたが、久忠の後を追うように寛保3年(1743年)10月30日に死去した。享年36。跡を養子の久貞が継いだ。