中川家剛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

中川家剛
本名: 中川剛
ニックネーム: お兄ちゃん
生年月日: 1970年12月4日(38歳)
出身地: 大阪府守口市
血液型: B
身長: 161cm
方言: 大阪弁
最終学歴: 大阪府立守口東高等学校
出身: NSC大阪校11期
コンビ名: 中川家
相方: 中川家礼二
芸風: 漫才コント(ボケ) など
立ち位置:
事務所: 吉本興業
活動時期: 1993年 - 現在
同期: 陣内智則たむらけんじ
ケンドーコバヤシ
作品: 『クリスマスには焼き魚にローソクを』
配偶者: 既婚
公式サイト: 中川家剛のブログ

中川家 剛(なかがわけ つよし、1970年12月4日 - )は、日本お笑い芸人大阪府守口市出身。お笑いコンビ中川家」でボケを担当(最近ではツッコミが多い)する。本名:中川剛(なかがわ つよし)。コンビを組む中川家礼二は実弟。吉本興業(東京本社)所属。吉本総合芸能学院(NSC)11期生。血液型はB型。弟と一緒に活動していることがほとんどのため、周囲からは「お兄ちゃん」と呼ばれることが多い。

目次

略歴

芸風

  • 漫才では剛が自由に礼二にちょっかいを出し、礼二がイライラしながら剛を怒鳴り散らすという形態をとる。
  • 礼二の方が芸達者というイメージで見られ目立つことが多いが、コンビのネタの基本部分は剛が制作している。
  • 細かい形態模写を得意とし、持ちネタに「途中で鳴くのをやめる犬」、「エサを食べたがらないヤギ」などがある。

性格

  • 非常に濃やかな性格をしており、イジられて逆ギレすることも多い。
  • 芸歴5年を過ぎたころ(27~28歳ごろ)、パニック障害を患う。一時は舞台に上がれなくなり、仕事どころか社会復帰も危ぶまれる状況であったが、相方であり実弟でもある礼二の助けもあってなんとか克服。人前に出る仕事柄、現在も再発の危険と隣り合わせではあるが、芸人仲間と礼二の支えで成り立っている。

エピソード

  • 小学生のとき、礼二のランドセルに犬のフンを入れたことがある。
  • 礼二と自転車の2人乗りをしていたとき、後ろに乗っていた礼二を落としたことがある。
  • 礼二とケンカをしたときは絶対負けてしまうので、その腹いせに水鉄砲に小便を入れてかけたことがある。
  • ケンカの腹いせに、「ラーメン作ったる」と言って作ったラーメンの器を礼二に持たせたあと、蹴りを入れた。
  • フランスのお菓子だと言って礼二に石鹸を食べさせたこともある。
  • 自宅の庭で、「どんなふうに燃えていくか見たかった」という理由で家に火を付け、ボヤ騒ぎを起こしたことがある。
  • 中学・高校とラグビー部に所属し、ラグビー好きとして知られているが、一度もレギュラーになれなかった(ベンチ入りはしている)。ちなみに、礼二も元ラガーマン。
  • 高校卒業後は土木建築の会社に勤務していた(2008年2月20日放送「ジャイケルマクソン」にて)。
  • 無類のネコ好きで、ペット専門誌に紹介されたほどである。
  • 竹中平蔵に似ており、TBSラジオコサキンDEワァオ!」でよくネタにされていたことがある。
  • 私生活では2003年ごろ結婚し、ほどなくして双子の男児、天(てん)と碧(あお)を授かっている。顔やテンションの低さなど、2人とも父親である剛によく似ている。

書籍

  • 『クリスマスには焼き魚にローソクを』(ISBN 4344016912、幻冬舎2009年6月)

今日は何の日(9月16日

もっと見る

「中川家剛」のQ&A