中川抹茶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
中川 抹茶
基本情報
本名 武田航
階級 バンタム級
身長 173cm
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1994-03-28) 1994年3月28日(25歳)
出身地 滋賀県長浜市
スタイルボクサー
プロボクシング戦績
総試合数 16
勝ち 13
KO勝ち 5
敗け 2
引き分け 1
テンプレートを表示

中川 抹茶なかがわ まっちゃ、1994年3月28日 - )は、日本男性プロボクサー滋賀県長浜市出身。初代日本バンタム級ユース王者角海老宝石ボクシングジム所属。WBAアジアイーストSバンタム級王者の中川麦茶は兄

来歴[編集]

2013年10月5日、後楽園ホールで本名の武田航高橋竜平とデビュー戦としてスーパーフライ級4回戦を行い、4回0-0(3者とも38-38)の判定で引き分けた[1]

2014年10月10日、後楽園ホールで行われたC級トーナメントバンタム級部門決勝で東大河と対戦し、4回3-0(39-37が2者、39-38)の判定勝ちを収めC級トーナメントを制した[2]

2015年4月14日、第72回東日本新人王トーナメントバンタム級部門予選で柴山孝太と対戦し、4回3-0(3者とも40-36)の判定勝ちを収めた[3]

2015年7月28日、第72回東日本新人王トーナメントバンタム級部門準々決勝で井田浩司と対戦し、4回3-0(40-36が2者、40-37)の判定勝ちを収め準決勝進出を果たした[4]

2015年9月25日、第72回東日本新人王トーナメントバンタム級部門準決勝で山口結人と対戦し、2回2分35秒TKO勝ちを収め決勝進出を果たした[5]

2015年11月3日、第72回東日本新人王トーナメントバンタム級部門決勝で垣永嘉信と対戦し、5回3-0(49-46が2者、50-45)の判定勝ちを収め東日本新人王の座を射止めた[6]

2015年12月20日、後楽園ホールで行われた第62回全日本新人王決定戦バンタム級部門決勝戦で清瀬天太と対戦し、5回3-0(50-45が2者、48-46)の判定勝ちを収め全日本新人王の座を射止めた[7]

2015年12月24日、JBCは最新ランキングを発表し、武田を日本バンタム級15位にランクインした[8]

2016年6月20日、後楽園ホールで古谷裕樹とバンタム級8回戦を行い、5回45秒TKO勝ちを収めた[9]

2016年6月29日、JBCは最新ランキングを発表し、武田を日本バンタム級ランキングからランク外とした[10]

2016年10月11日、後楽園ホールで行われた「ダイナマイトパンチ102」で高橋竜平と54.1kg契約8回戦を行い、デビュー戦以来となる再戦でプロ初黒星となる8回0-3(75-77が2者、75-78)の判定負けを喫した[11]

2017年3月4日、後楽園ホールでクルンシン・ガオラーンレックジムとバンタム級8回戦を行い、4回2分34秒TKO勝ちを収め再起を果たした[12]

2017年8月23日、後楽園ホールで行われた日本ユース初代王座決定トーナメントバンタム級部門決勝で中村祐斗と対戦し、8回1分48秒TKO勝ちを収め日本バンタム級ユース王座の初代王者となった[13]

2017年12月19日、後楽園ホールで行われた「SLUGFEST」でチナーティップ・タウィープーンとスーパーバンタム級6回戦を行い、6回3-0(3者とも60-54)の判定勝ちを収めた[14]

2018年1月11日、リングネームを中川抹茶に変更した[15][16]

2018年4月28日、大阪府泉大津市のテクスピア大阪で入口裕貴と対戦し、日本バンタム級ユース王座の初防衛の予定だったが入口の計量失格により試合中止となった。

2018年7月7日、後楽園ホールでマルソン・カビラと54.5kg契約8回戦を行い、8回3-0の判定勝ちを収めた。

2019年5月10日、後楽園ホールで千葉開とバンタム級8回戦を行い、8回0-3(75-77、75-78、76-77)判定負けを喫した[17]

戦績[編集]

  • プロボクシング:16戦 13勝(5KO)2敗 1分
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2013年10月5日 引分 4R 判定0-0 高橋 竜平(横浜光)  日本
2 2014年3月17日 勝利 1R 2:19 TKO 嶋宮 聖太(八王子中屋) 日本
3 2014年7月24日 勝利 4R 判定2-1 草薙 慎吾(北澤) 日本 C級トーナメントバンタム級部門予選
4 2014年10月10日 勝利 4R 判定3-0 東 大河(ワタナベ) 日本 C級トーナメントバンタム級部門決勝
5 2015年4月14日 勝利 4R 判定3-0 柴山 孝太(宇都宮金田) 日本 第72回東日本新人王トーナメントバンタム級部門予選
6 2015年7月28日 勝利 4R 判定3-0 井田 浩司(UNITED) 日本 第72回東日本新人王トーナメントバンタム級部門準々決勝
7 2015年9月25日 勝利 2R 2:35 TKO 山口 結人(協栄) 日本 第72回東日本新人王トーナメントバンタム級部門準決勝
8 2015年11月3日 勝利 5R 判定3-0 垣永 嘉信(帝拳) 日本 第72回東日本新人王トーナメントバンタム級部門決勝
9 2015年12月20日 勝利 5R 判定3-0 清瀬 天太(姫路木下) 日本 第62回全日本新人王決定戦バンタム級部門決勝
10 2016年6月20日 勝利 5R 0:45 TKO 古谷 裕樹(フラッシュ赤羽) 日本
11 2016年10月11日 敗北 8R 判定0-3 高橋 竜平(横浜光) 日本
12 2017年3月4日 勝利 4R 2:34 TKO クルンシン ガオラーンレックジム(タイ) タイ
13 2017年8月23日 勝利 8R 1:48 TKO 中村 祐斗(市野) 日本 日本ユース初代王座決定トーナメントバンタム級部門決勝
14 2017年12月19日 勝利 6R 判定3-0 チナーティップ・タウィープーン (タイ) タイ
15 2018年7月7日 勝利 8R 判定3-0 マルソン・カビラ(フィリピン)
16 2019年5月10日 敗北 8R 判定0-3 千葉 開(横浜光) 日本

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2013年10月試合結果 日本ボクシングコミッション(JBC) 2013年10月5日参照
  2. ^ 2014年10月試合結果 日本ボクシングコミッション(JBC) 2014年10月10日参照
  3. ^ 東日本新人王予選、14日の結果 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年4月14日
  4. ^ DANGAN135 オール4回戦結果 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年7月28日
  5. ^ 東日本新人王準決勝結果、勝者は11.3決勝へ Boxing News(ボクシングニュース) 2015年9月25日
  6. ^ 東日本新人王決勝、28秒KO勝ち河田神二郎がMVP Boxing News(ボクシングニュース) 2015年11月3日
  7. ^ 全日本新人王決定戦 東軍が勝ち越し、MVP市村蓮司 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年12月20日
  8. ^ 2015年12月度ランキング 日本ボクシングコミッション(JBC) 2015年12月24日
  9. ^ 加藤善孝がWBA10位とドロー、藤北は阪下に勝利 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年6月20日
  10. ^ 2016年6月度ランキング 日本ボクシングコミッション(JBC) 2016年6月29日
  11. ^ 赤穂亮が2-1の辛勝、勅使河原弘晶は善戦及ばず Boxing News(ボクシングニュース) 2016年10月11日
  12. ^ 岡田博喜がTKO勝ち、次の標的はOPBFかWBOアジア Boxing News(ボクシングニュース) 2017年3月4日
  13. ^ 中谷潤人が阿久井に圧勝、ユース初代王座MVPも獲得 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年8月23日
  14. ^ 岡田博喜がWBO・AP王者に、世界ランカー対決完勝 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年12月19日
  15. ^ 発表! 抹茶ンピオンロード 2018年1月11日参照
  16. ^ 中川勇太、武田航が心機一転リングネーム変更。 角海老宝石ボクシングジム 2018年1月15日
  17. ^ 松永宏信が日本SW級新王者新藤寛之を6回TKO Boxing News(ボクシングニュース) 2019年5月10日

関連項目[編集]