中川義章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中川 義章
Tyuuoukanetusiki2010.JPG
平成22年度中央観閲式方面予行にて撮影。
車長席(一般的には助手席)で答敬しているのが中川陸将
生誕 1955年2月
兵庫県
所属組織 Flag of the Japan Self-Defense Forces.svg 陸上自衛隊
軍歴 1978 - 2013
最終階級 陸将
テンプレートを表示

中川 義章(なかがわ よしあき、1955年(昭和30年)2月 - )は、兵庫県出身の元陸上自衛官東京大学工学部卒業。第1師団長、陸上自衛隊研究本部長を歴任。最終階級は陸将

1978年3月東京大学工学部原子力工学科を卒業[1](同学科の後輩に松村五郎(第37代東北方面総監)し、陸上自衛隊入隊(同期に渡部悦和(第36代東部方面総監))。マサチューセッツ工科大学修士課程修了。世界平和研究所客員研究員。

自衛隊歴[編集]

帯広地方連絡部長陸上幕僚監部援護業務課長

著書等[編集]

  • 『ポスト冷戦時代における軍事力の意義』世界平和研究所、1992年。

脚注[編集]

  1. ^ 学士会編刊『会員氏名録』(国立国会図書館所蔵)による。

参考文献[編集]

  • 防衛年鑑2010(544頁) ISBN 9784938468316