中川雄貴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
中川 雄貴 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ナカガワ ユウキ
ラテン文字 NAKAGAWA Yuki
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1994-01-20) 1994年1月20日(24歳)[1]
出身地 北海道樺戸郡新十津川町[2]
身長 162cm[3][4]
体重 57kg[3][4]
選手情報
在籍チーム BSVシュヴァルツ=ヴァイス・レーデン
ポジション MF
背番号 14
利き足 左足[3][4]
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2009-2012
2012-2013
2013-2014
2014-2015
2015-
コンサドーレ札幌U-18
FSVフランクフルトU-19
ビクトリア・アシャッフェンブルク
シャルケ04 II
BSVシュヴァルツ=ヴァイス・レーデン
17 (1)
21 (11)
31 (10)
3 (0)
0 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2015年12月09日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

中川 雄貴(なかがわ ゆうき、1994年1月20日[1][5] - )は、日本サッカー選手北海道新十津川町出身[2]ポジションミッドフィールダー[2]

生い立ち[編集]

北海道新十津川町出身[2]。小学4年次に新十津川サッカー少年団に入団し、サッカーを始め[2][6]、小学5年次に滝川FCに移った[2]

中学および高校時代はコンサドーレ札幌のアカデミーに所属[5][7]。主に攻撃的MFを務め[2]、年代別の日本代表にも選出された[6]。中学時代は美唄に在住し、江別立命館慶祥中学校に通学[8]

アカデミーの同期には小山内貴哉奈良竜樹荒野拓馬前貴之榊翔太らがいた。 コンサドーレ札幌のトップチームには昇格できず[9]、2012年2月からドイツにサッカー留学した[1]

世代別代表[編集]

2007年11月、ナショナルトレセンU-14に選考され[10]、同月にU-13日本代表のトレーニングキャンプに招集された[11][12]。同年12月、JFAエリートプログラムU-13チームのメンバーに選出された[13][14]

2008年、U-14日本選抜チームに選出され[6][15][16]、同年4月のAFC U-14フェスティバル(中国北京)に参加。香港戦で1得点を挙げた[17]。2008年6月、U-14日本代表のトレーニングキャンプに招集を受けた[18]。2008年11月、ナショナルトレセンU-16に選考された[19]。2009年3月、U-15日本代表候補のトレーニングキャンプに招集された[20][21]

コンサドーレ札幌U-18[編集]

コンサドーレ札幌U-18での主要大会成績
大会 背番号 出場 得点
2009 プリンスリーグ 31 0 0
高円宮杯 0 0
クラブユース選手権 0 0
知事杯 0 0
Jユースカップ 0 0
2010 プリンスリーグ 23 0 0
高円宮杯 0 0
クラブユース選手権 0 0
Jユースカップ 2 0
知事杯 3 0
2011 プレミアリーグ 15 17 1
チャンピオンシップ 1 0
クラブユース選手権 4 0
Jユースカップ 5 1
知事杯 1 0

中川は2009年4月にコンサドーレ札幌U-15から昇格し、2011年度のシーズン終了までコンサドーレ札幌U-18に所属した。高校1年次の2009年度シーズンは主要大会への出場はなく、主にBチームで活動した。当時の状況について中川はインタビューで「高校2年生までずっとベンチ外」「チームの公式戦もスタンドから見ているだけ」と述べた[1]。サッカーライターの川端暁彦は、よりチームプレーを重んじる高校生年代では「高い評価を得られなかった」と述懐した[22]

2009年はBチームで札幌市民体育大会(高校の部)[23] や全道高校ユース(U-17)サッカー大会[24] などに出場。3年生が引退した後の第3回GO FOR 2014 CUPではグループリーグ6試合のうち3試合に出場、決勝トーナメントでは準決勝、決勝ともに出場した[25][26]。また2009年8月、日韓交流U-16ユースサッカー大会2009に北海道選抜U-16のメンバーとして参加[27]、3試合すべてに出場し、1得点を挙げた[28]

2010年も前半は主要大会への出場がなく、主にBチームでの活動であった。2010年8月、天皇杯の北海道予選を兼ねた第28回知事杯全道サッカー選手権大会で出場機会を獲得し、Bチーム主体の構成であったものの、準々決勝から決勝までの3試合に出場した[29][30]Jユースカップではサイドハーフの位置でグループリーグ2試合に途中出場した[31][32]。2010年12月の第4回GO FOR 2014 CUPではグループリーグ6試合すべてに出場し、2得点を記録[33][34]。決勝トーナメントも準決勝、決勝ともに出場し[35][36]、チームの優勝に貢献した[36]。また2010年8月、日韓交流U-16ユースサッカー大会2010に北海道代表U-16のメンバーとして参加[37]。3試合すべてに先発出場し、2得点を挙げた[37][38][39]。2010年9月、千葉国体に北海道代表(少年男子)のメンバーとして参加、1試合に出場した[40]

コンサドーレ札幌の練習場「宮の沢白い恋人サッカー場」(写真は2011年Jユースカップの草津U-18戦)

2011年、中川はコンサドーレ札幌U-18において、主に控えスタートで、後半から途中出場で「流れを変えるような」プレーをした[22]。この年に発足した高円宮杯プレミアリーグでは17試合に出場、1得点を挙げた[41][42]。プレミアリーグでの出場は、すべて途中出場であった[41]。プレミアリーグでの得点は2011年5月4日の尚志高校戦であり、後半アディショナルタイムに記録した[43]。後半47分、左サイドで榊翔太からパスを受けた堀米悠斗がゴールライン際の深い位置まで入り込み、グラウンダーで折り返されたラストパスを中央で滑り込むように足を合わせてゴールを決めた[43][44]クラブユース選手権では、北海道大会で決勝の1試合にフル出場し、前半36分に1得点を挙げた[45]。また全国大会において、グループリーグ3試合と決勝トーナメント準々決勝1試合に出場した[46]Jユースカップでは、グループリーグ3試合と決勝トーナメントの2試合に出場。グループリーグ第3戦のザスパ草津U-18戦では前半26分にゴール左からシュートし、1得点を挙げた[47][48]。コンサドーレ札幌U-18は2011年のプレミアリーグ・イーストで優勝し、東西のプレミアリーグ優勝チームが対戦する「チャンピオンシップ」に出場した[49]。中川はこのチャンピオンシップの試合に、後半21分から途中出場した[49]

高校卒業後[編集]

中川はコンサドーレ札幌U-18のシーズン終了後、2012年2月からドイツにサッカー留学[1]シャルケ04[50][51]ボルシア・ドルトムント[52] など数チームの練習に参加し[2]ブンデスリーガの6クラブでプロテストを受けた[1][9]。ドイツ留学に関して中川は、「(留学を)考え始めたのは(公式戦出場の機会が少なかった)高校2年生の冬頃から」と後のインタビューで述べており[1]、高校3年生の4月頃からエージェント会社の支援を受けて検討を開始した[1]ボルシア・ドルトムントU-19のトライアルに参加した際、中川はドルトムントU-19メンバーの一員としてSPAXカップ2012に参加し[53][54]、ドルトムントU-19のサッシャ・アイケルドイツ語版[要リンク修正]監督は中川に高い評価を与えた[53][54][55]。複数のメディアはドルトムント入団の可能性を報じた[51][52]

FSVフランクフルトU-19[編集]

2012年8月、FSVフランクフルトのユースチームと契約[2][56]。2012-13シーズンのU-19ブンデスリーガドイツ語版において21試合に出場[57]。11得点8アシストを記録し[2]、チーム内の得点王となった[57]。中川は2012年8月25日のカールスルーエSC戦でU-19ブンデスリーガに初出場[58]。前半20分に自陣コーナーキックから素早いカウンターアタックにより初ゴールを決めた[59]スロボダン・コムリェノヴィッチドイツ語版監督は中川について「非常に良いプレーをした」と称賛した[58]

ビクトリア・アシャッフェンブルク[編集]

ビクトリア・アシャッフェンブルクの本拠地スタディオン・アム・シェーンブッシュドイツ語版

2013年7月、レギオナルリーガ所属のビクトリア・アシャッフェンブルクとプロ契約を締結[2]。7月4日に自身のブログで契約の報告を行った[60]。中川は2013-14シーズンをビクトリア・アシャッフェンブルクで過ごし、31試合に出場[61]。10得点を記録した[61]。中川は2013年7月13日の1.FCニュルンベルク II英語版戦でレギオナルリーガに初出場し[62]、後半43分にバイタルエリアの左側で受けたスルーパスをワンタッチで前方へコントロールして抜け出し、角度のない位置から左足で初ゴールを決めた[63]。このシーズン、中川はチーム内での得点王となり[9][64]、同リーグにおいて得点ランキングトップ10入りする活躍を披露[65] した。

シャルケ04 II[編集]

移籍までの流れ[編集]

シャルケ04 IIの本拠地モンパラスト・アレーナドイツ語版

2014年6月、ドイツの各メディアは、中川がレギオナルリーガ所属のシャルケ04 IIに移籍すると報じた[61][66][67]。中川自身もまた、6月20日にTwitterにてシャルケ04 IIへの加入を公表した[68]。ビクトリア・アシャッフェンブルクはオフィシャルサイトにて中川の移籍を報告し[69]、「彼のキャリアが次のステップに進むことは、驚くべきことではない」と言及した[69]。アシャッフェンブルクのクラブ副社長ペーター・レーアドイツ語版は理事会において、「我々はユウキを祝福し、シャルケでの盛運を願っている」「彼はこの12か月間で何度も何度も、彼の才能を見せてくれた。我々はまだ、彼が才能の頂点に到達していないと確信している」と述べた[69]。サッカー情報誌「サッカーキング」等はアシャッフェンブルクでの活躍が認められたことによる移籍と報じ[9][65][70]、サッカーライターの川端暁彦は「相応の質を見せていたということ」と解説した[22]。シャルケ04は6月28日にオフィシャルサイトにて中川を戦力補強として獲得した旨を発表し[71]、6月29日にはチームのトレーニングに合流したと報じた[72]

シャルケ04 IIにおける中川の最初のテストマッチは、7月5日のVfLレーデドイツ語版戦であった[73]。中川はこの試合に先発出場し、前半36分に得点を決めた[73]。2-1という勝利結果を受けて、シャルケ広報は中川を「勝利に貢献した」と言及し[74]、シャルケでのデビューについて「おめでとう」と称賛した[74]

2014/15シーズン[編集]

中川は2014-15シーズンをシャルケ04 IIで過ごしたが[75]、主に怪我とリハビリに費やした[76]。リーグ戦3試合に出場[75]、無得点であった[75]

レギオナルリーガ西部2014/15ドイツ語版シーズンは、8月初頭に開幕した[77]。シャルケ04 IIの初戦は敵地でKFCユルディンゲン05が相手であった[77]。中川はベンチスタートとなったものの出番はなく、チームは1-1で引き分けた[77]。8月9日の第2節はホームでFCヴィクトリア・ケルンドイツ語版を迎えた[78]。中川はベンチスタートとなったものの後半15分から途中出場し、シャルケ04 IIにおける公式戦デビューを果たした[78]。この時点でスコアはケルンが4点のリードであり、特筆すべきプレーなく、試合はこのまま終了した[78]

中川は8月初頭より上腿部に違和感を感じており[79]、8月中旬にMRT検査を行ったところ、肉離れが判明[80]。中川はリーグ戦出場を一時離脱し、肉離れのリハビリテーションを行うことになった[80]。また肉離れのリハビリ期間を利用して、股関節の恥骨結合炎の手術を並行して行うことも決定した[81]。手術は8月22日に行われ[82][83]、成功裏で8月24日に退院した[82][84]。リハビリテーションは順調に経過し、10月にはボールを使用した練習ができるようになった[85]。中川は半シーズンを怪我とリハビリで過ごした[76]。2015年1月になると、練習試合に出場できるまでに回復し[86]、1月13日にはSpVggシュテルクラーデ=ノルドドイツ語版戦でヘディングから得点を挙げた[86][87]

2015年3月27日の第27節アウェイ1.FCケルン IIスペイン語版戦、中川は前年8月9日の第2節以来、約7か月半ぶりのリーグ戦出場登録メンバーに選出された[88]。中川は控え登録でメンバー入りし[88]、後半45分から途中出場した[89]。中川は終了間際のプレーでゼバスティアン・ジンケドイツ語版に倒されたが、身体に問題はなかった[89]。中川はその後、リーグ戦で登録メンバーから外れ続けた[76]

中川のこのシーズンのシャルケIIでの最後の出場は、2015年5月23日の最終節ボルシア・メンヒェングラートバッハII英語版戦であった[90]。中川はこの試合にフル出場し、ポストに当たるシュートを放った[91][92]。中川はリーグ戦最終節の終了後、自身のブログにてシャルケIIとの契約満了を報告した[92]

BSVシュヴァルツ=ヴァイス・レーデン[編集]

BSVシュヴァルツ=ヴァイス・レーデンの本拠地シュポルトプラッツ・ヴァルトシュポルトシュテッテンドイツ語版

シャルケ04 IIを退団後、中川はベルリンなどでトライアルに参加した[93]。中川は査証の期限を延長し[94]、複数のチームを交渉を行ったが[93]、いくつかのチームとは金銭面での合意に至らなかった[93]

2015年9月1日、ドイツの複数のメディアは中川のBSVシュヴァルツ=ヴァイス・レーデン加入を報道した[95]。レーデンはレギオナルリーガ北部の所属であり、昨シーズンはリーグ11位の成績であった。レーデンは中川の獲得意図について、クラブとしては右サイドの中盤に対する選択肢の強化が必須であったことを説明した[95]。そして日本での世代別代表の経験があり、右ウイングのポジションもできることが決め手になったと述べた[95]。クラブ理事マルクス・コンプドイツ語版は練習での第一印象について、「ユウキは危険だ」と言及した[95]。また中川は9月12日に自身のブログでレーデンとの契約内定を報告した[96]

査証手配の都合から、シーズン序盤はリザーブチームのBSVレーデンIIドイツ語版[要リンク修正]に加わり公式戦に出場[97]。7部相当のベツィルクスリーガ・ハノーファーで9月末まで5試合に出場し、6得点を挙げた[97]。途中、10月から11月にかけて肘の脱臼で離脱するも[98]、11月末から練習に復帰[99]。レギオナルリーガへの出場は登録手続きの不備により逃がすが[100]、ベツィルクスリーガで公式戦復帰し2得点を挙げた[100]。中川のレーデン前半シーズンは、ベツィルクスリーガ6試合出場8得点4アシストの成績となった[100][101]

特徴[編集]

2008年にU-14日本選抜チームに選出された際、地元紙の北海道新聞は中川について「リオネル・メッシ選手のような俊足を生かしたドリブル」が持ち味と言及した[8]。また中学校時代の担任教諭らは、「頑張り屋で負けず嫌い」と評した[8]。中学時代から「明確に『ドリブル』に個性を持った選手」[22] で、ニュルリとした「巧緻かつ俊敏なプレー」を特長[22] とした。サッカーサイトのゲキサカは2011年のコンサドーレ札幌U-18時代のプレミアリーグクラブユース選手権でのプレーについて言及し、「技巧派のドリブラー」[102]「小柄ながら豊富な運動量」[103]「巧みな1タッチプレーで攻撃を加速」[104] と述べた。

中川は日本国内で見ても小柄な部類に入る[105]。2013年のFSVフランクフルトU-19時代は「少し屈むと肩が腰のあたりに来るためボールが取りにくい」と周囲から認められ[1]、かつ「抜群のスピードとクイックネス」を特長[1] としたことから、「小さいからこそいい」「(小さすぎて)どう守ったらいいか分からない」と高い評価を受けた[105]。2014年のビクトリア・アシャッフェンブルク在籍時、北海道新聞は「俊敏性と高い技術」があると報じ[2]、サッカー指導者の浜本義孝は「俊敏でボール扱いが抜群に上手い」と述べた[2]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
ドイツ リーグ戦 リーグ杯DFBポカール 期間通算
2012-2013 FSVフランクフルトU-19 15 U-19ブンデスリーガ 21 11 - - 21 11
2013-2014 ビクトリア・アシャッフェンブルク 7 レギオナルリーガ 31 10 - - 31 10
2014-2015 シャルケ04 II [補足 1] レギオナルリーガ 3 0 - - 3 0
2015-2016 BSVシュヴァルツ=ヴァイス・レーデン 14 レギオナルリーガ 0 0 - - 0 0
BSVレーデンII - ベツィルクスリーガ 6 8 - - 6 8
通算 ドイツ U-19ブンデスリーガ 21 11 - - 21 11
ドイツ レギオナルリーガ 34 10 - - 34 10
ドイツ ベツィルクスリーガ 6 8 - - 6 8
総通算 61 29 - - 61 29
  1. ^ 2014-2015年度のリーグ戦での背番号:: 第1節: 背番号3[106]、第2節: 背番号20[107]、第3節-第19節: 登録なし、第20節: 背番号24[108]、第21節-第26節: 登録なし、第27節: 背番号24[109]、第28節-第33節: 登録なし、第34節: 背番号24[90]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j 辻研一; ユーロプラスインターナショナル (2013) [2013-05-01] (日本語). もうひとつの海外組 ~年間400名が挑戦する“欧州サッカー留学”の教科書~ (初版 ed.). 東京都渋谷区: ワニブックス. pp. 142-147. ISBN 4847091493. 
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m 鬼頭良幸 (2014年1月10日). “新十津川出身・プロサッカー選手中川さん 独で飛躍期す 4部で得点量産「1部へ」”. 北海道新聞 
  3. ^ a b c Yuki Nakagawa|SUNRISE BLOG”. SUNRISE. 2014年6月22日閲覧。
  4. ^ a b c 中川 雄貴|契約選手”. ユーロプラスインターナショナル. 2014年6月22日閲覧。
  5. ^ a b コンサドーレ札幌ユース・U-15 中川 雄貴選手・神田夢実選手 U-14日本代表選抜チームに選出!”. 北海道フットボールクラブ (2008年4月9日). 2014年6月22日閲覧。
  6. ^ a b c 相川康暁 (2008年4月16日). “サッカーU-14日本選抜に立命館慶祥中3年の中川君 俊足が武器”. 北海道新聞 
  7. ^ コンサドーレ札幌オフィシャル・ガイドブック〈2009〉. 北海道新聞社. (2009-03). ISBN 978-4894534902. 
  8. ^ a b c “サッカーU-14日本選抜入り 14歳中川君 気合十分「結果出す」”. 北海道新聞. (2008年4月19日) 
  9. ^ a b c d poohsan (2014年6月24日). “コンサドーレ札幌U-18出身の中川雄貴選手がSchalke 04 IIと契約締結!”. 2014年6月24日閲覧。
  10. ^ 「2007ナショナルトレセンU-14」を全国3会場で同時開催”. 日本サッカー協会 (2007年11月21日). 2014年6月22日閲覧。
  11. ^ 【JFAエリートプログラム トレーニングキャンプ】JOC日・韓競技力向上スポーツ交流事業(11/29~12/3)メンバー”. 日本サッカー協会 (2007年11月28日). 2014年6月22日閲覧。
  12. ^ 財団法人日本サッカー協会 平成19年度第8回理事会 報告事項”. 日本サッカー協会. p. 13 (2007年12月11日). 2014年6月22日閲覧。
  13. ^ JFAエリートプログラムU-13 〔U-14ジュビロカップ2007(12/27~30)〕メンバー”. 日本サッカー協会 (2007年12月26日). 2014年6月22日閲覧。
  14. ^ 財団法人日本サッカー協会 平成19年度第9回理事会 報告事項”. 日本サッカー協会. p. 11 (2008年11月18日). 2014年6月22日閲覧。
  15. ^ U-14日本選抜チーム 中国遠征[AFC U-14フェスティバル]メンバー”. 日本サッカー協会 (2008年4月9日). 2014年6月22日閲覧。
  16. ^ 財団法人日本サッカー協会 平成20年度第1回理事会 報告事項”. 日本サッカー協会. p. 16 (2008年4月10日). 2014年6月22日閲覧。
  17. ^ 【AFC U-14フェスティバル】U-14日本選抜、香港に大勝するも韓国に敗れ、8勝1敗1分で大会を終える”. 日本サッカー協会 (2008年4月28日). 2014年6月22日閲覧。
  18. ^ JFAエリートプログラム U-14トレーニングキャンプ (6/11~15)メンバー”. 日本サッカー協会 (2008年6月6日). 2014年6月22日閲覧。
  19. ^ ナショナルトレセンU-16東日本”. 日本サッカー協会 (2008年11月18日). 2014年6月22日閲覧。
  20. ^ U-15日本代表候補 トレーニングキャンプ(3/9~14)メンバー”. 日本サッカー協会 (2009年3月2日). 2014年6月22日閲覧。
  21. ^ 財団法人日本サッカー協会 平成21年度第3回理事会 報告事項”. 日本サッカー協会. p. 19 (2009年6月19日). 2014年6月22日閲覧。
  22. ^ a b c d e 川端暁彦 (2013年6月23日). “元U-18札幌の中川雄貴がシャルケ04のサテライト、シャルケIIに移籍”. J論. http://j-ron.jp/n/20140623_3.php 2013年6月23日閲覧。 
  23. ^ 札幌市民体育大会(高校の部)決勝戦 光星高校戦@米里サッカー場” (2009年8月7日). 2014年6月22日閲覧。
  24. ^ 全道高校ユース(U-17)サッカー大会 決勝戦@浜厚真” (2009年11月3日). 2014年6月22日閲覧。
  25. ^ 第3回 GO FOR 2014 CUP (4日目の1試合目・準決勝)” (2009年12月28日). 2014年6月22日閲覧。
  26. ^ 第3回 GO FOR 2014 CUP 準優勝” (2009年12月28日). 2014年6月22日閲覧。
  27. ^ 日韓交流U-16 北海道選手” (2009年8月5日). 2014年6月22日閲覧。
  28. ^ 日韓交流U-16ユース大会(試合)” (2009年8月18日). 2014年6月22日閲覧。
  29. ^ 知事杯準々決勝 vs 駒澤OB” (2010年8月10日). 2014年6月22日閲覧。
  30. ^ 知事杯決勝 コンサU-18vs札幌大学@厚別” (2010年8月31日). 2014年6月22日閲覧。
  31. ^ 【Jユース】グループリーグ FC東京戦@宮の沢” (2010年10月23日). 2014年6月22日閲覧。
  32. ^ 【Jユース】グループリーグ 栃木SCユース戦@ドームサブグラ” (2010年10月24日). 2014年6月22日閲覧。
  33. ^ GO FOR 2014 CUP 1日目の2 藤枝東高校戦@レッズランド” (2010年12月26日). 2014年6月22日閲覧。
  34. ^ GO FOR 2014 CUP 2日目の1 水橋高校戦@駒場サブグラ” (2010年12月27日). 2014年6月22日閲覧。
  35. ^ GO FOR 2014 CUP 4日目 準決勝 名古屋U18戦@埼スタ第2グラ” (2010年12月28日). 2014年6月22日閲覧。
  36. ^ a b GO FOR 2014 CUP 4日目 決勝戦 神戸U-18戦@埼スタ第2グラ” (2011年1月9日). 2014年6月22日閲覧。
  37. ^ a b 日韓交流U-16ユース大会(1)” (2010年8月14日). 2014年6月22日閲覧。
  38. ^ 日韓交流U-16ユース大会(2)” (2010年8月16日). 2014年6月22日閲覧。
  39. ^ 日韓交流U-16ユース大会(3)” (2010年8月18日). 2014年6月22日閲覧。
  40. ^ 第65回国民体育大会 サッカー競技(少年男子) 1回戦【Y-3】”. 日本サッカー協会 (201-09-26). 2014年6月22日閲覧。
  41. ^ a b 試合スケジュール・結果|高円宮杯U-18サッカーリーグ2011 プレミアリーグ”. 日本サッカー協会. 2014年6月22日閲覧。
  42. ^ 2011 中川 雄貴 年度別記録”. Soccer D.B.. 2014年6月22日閲覧。
  43. ^ a b 高円宮杯U-18サッカーリーグ2011 プレミアリーグ イースト 第4節”. 日本サッカー協会 (2011年5月4日). 2014年6月22日閲覧。
  44. ^ プレミアリーグvs流経大柏” (2011年8月30日). 2014年6月22日閲覧。
  45. ^ 【クラセンU-18】北海道大会決勝 クラブフィールズ戦@夕張” (2011年6月30日). 2014年6月22日閲覧。
  46. ^ JCY|一般財団法人日本クラブユースサッカー連盟|試合速報”. 日本クラブユースサッカー連盟. 2014年6月22日閲覧。
  47. ^ 2011 Jユースカップ 第19回Jリーグユース選手権大会 試合結果”. 北海道フットボールクラブ (2011年11月5日). 2014年6月22日閲覧。
  48. ^ 【Jユースカップ2011】予選リーグ 草津ユース戦@宮の沢” (2011年11月6日). 2014年6月22日閲覧。
  49. ^ a b 高円宮杯U-18サッカーリーグ2011 チャンピオンシップ”. 日本サッカー協会 (2011年12月17日). 2014年6月22日閲覧。
  50. ^ Heiko Buschmann (2012年5月17日). “Japaner in der E.T.T. -Runde im Einsatz”. FC Schalke 04. 2014年6月22日閲覧。
  51. ^ a b “香川の後継者”現る? 元札幌下部の中川がドルトムントU-19入りか”. SOCCER KING (2012年5月29日). 2014年6月22日閲覧。
  52. ^ a b ネクスト香川を探すドルトムント、元U-18札幌の中川に好印象か”. Goal.com (2012年6月5日). 2014年6月22日閲覧。
  53. ^ a b Kai Griepenkerl (2012年5月28日). “Dortmunds U19 testet neuen Kagawa”. RevierSport. 2014年6月24日閲覧。
  54. ^ a b ““香川の後継者”現る? 元札幌下部の中川がドルトムントU-19入りか”. フロムワン. (2012年5月29日). http://www.soccer-king.jp/news/world/20120529/19473.html?view=more 2014年6月23日閲覧。 
  55. ^ poohsan (2012年5月30日). “元・札幌U-18 MF中川雄貴選手がドルトムント U-19への入団間近!”. 2014年6月24日閲覧。
  56. ^ steven08 (2013年5月4日). “U-19ブンデスリーガについていろいろ調べてみる①~リーグシステムと2012-2013シーズンの結果~”. 2014年6月22日閲覧。
  57. ^ a b FSVフランクフルトU19の中川雄貴、1年目は21試合11得点でチーム内得点王”. ワールド・サッカー・ウェブ・マガジン「SHOT!!」 (2013年6月2日). 2014年6月22日閲覧。
  58. ^ a b FSV U19 auswärts weiterhin erfolgreich”. FSV Frankfurt (2012年8月25日). 2014年6月22日閲覧。
  59. ^ U19: Niederlage gegen den FSV Frankfurt”. Karlsruher SC (2012年8月28日). 2014年6月22日閲覧。
  60. ^ 中川雄貴 (2013年7月4日). “Viktoria Aschaffenburg”. 2014年6月22日閲覧。
  61. ^ a b c Japaner wechselt von Aschaffenburg zu Schalke II Nakagawa wagt großen Sprung”. Primavera 24 (2014年6月18日). 2014年6月22日閲覧。
  62. ^ U23 startet mit Remis in die neue Saison”. 1. FC Nürnberg (2013年7月13日). 2014年6月22日閲覧。
  63. ^ terryshire (2013年7月14日). Yuki Nakagawa 中川雄貴. https://www.youtube.com/watch?v=8e2i9X6kvS0 2014年6月22日閲覧。 
  64. ^ Saison 2013/2014 – Regionalliga Bayern”. Viktoria Aschaffenburg. 2014年6月22日閲覧。
  65. ^ a b “元U-18札幌の中川雄貴がシャルケIIに移籍”. フロムワン. (2014年6月23日). http://www.soccer-king.jp/news/world/ger/20140623/204379.html?view=more 2014年6月23日閲覧。 
  66. ^ “Nakagawa verstärkt die S04-Offensive”. Kicker-Sportmagazin. (2014年6月20日). http://www.kicker.de/news/fussball/regionalliga/startseite/606588/artikel_nakagawa-verstaerkt-die-s04-offensive.html 2014年6月22日閲覧。 
  67. ^ Schalke: Ein Japaner für die U 23”. Media-Sportservice West. 2014年6月22日閲覧。
  68. ^ YukiH526のツイート(479933388913377280)
  69. ^ a b c Cheron verlängert – Nakagawa nach Schalke”. Viktoria Aschaffenburg. 2014年6月22日閲覧。
  70. ^ steven08 (2014年6月3日). “コンサドーレ札幌U-18出身の中川雄貴が来シーズンからシャルケⅡへ移籍”. 2014年6月24日閲覧。
  71. ^ Zehn Neue für die U23”. FC Schalke 04 (2014年6月28日). 2014年7月1日閲覧。
  72. ^ U23、戦力補強で中川雄貴を獲得”. FC Schalke 04 (2014年6月30日). 2014年7月1日閲覧。
  73. ^ a b U23 gewinnt ersten Test in Rhede mit 2:1”. FC Schalke 04 (2014年7月5日). 2014年8月21日閲覧。
  74. ^ a b s04_jpのツイート(485706909992112128)
  75. ^ a b c “Yuki Nakagawa”. RevierSport. http://www.reviersport.de/fussball/personen-24756-yuki-nakagawa.html 2015年12月9日閲覧。 
  76. ^ a b c 中川雄貴 (2015年4月24日). “今の自分。”. 2015年12月9日閲覧。
  77. ^ a b c “KFC Uerdingen 05 - FC Schalke 04 II 1:1, Regionalliga West, Saison 2014/15, 1.Spieltag”. Kicker-Sportmagazin. (2014年8月2日). http://www.kicker.de/news/fussball/regionalliga/rlw/regionalliga-west-2012/2014-15/1/2418795/spielschema_kfc-uerdingen-05-28_fc-schalke-04-ii-3198.html 2014年8月22日閲覧。 
  78. ^ a b c Kicker-Sportmagazin. (2014年8月9日). http://www.kicker.de/news/fussball/regionalliga/rlw/regionalliga-west-2012/2014-15/2/2418811/spielschema_fc-schalke-04-ii-3198_fc-viktoria-koeln-22491.html+2014年8月22日閲覧。 
  79. ^ Y621KNのツイート(495639583422709761)
  80. ^ a b Y621KNのツイート(500628222472880128)
  81. ^ Y621KNのツイート(502109881458249728)
  82. ^ a b 【シャルケ】U-23所属の中川雄貴が手術成功!そして退院!本人が明かす。”. samurai-matome.com (2014年8月16日). 2014年10月5日閲覧。
  83. ^ Y621KNのツイート(502824090378706945)
  84. ^ Y621KNのツイート(503540100920512512)
  85. ^ Y621KNのツイート(527074015668867072)
  86. ^ a b Y621KNのツイート(555454149027180546)
  87. ^ Spielbericht SpVgg Sterkrade-Nord - FC Schalke 04 II”. FuPaドイツ語版 (2015年1月13日). 2015年12月9日閲覧。
  88. ^ a b knappenschmiedeのツイート(581435231980429312)
  89. ^ a b 1. FC Köln II - FC Schalke 04 II - Spiel Statistik 27.03.2015 - Regionalliga West - Saison 1415”. FC Schalke 04 (2015年3月27日). 2015年3月28日閲覧。
  90. ^ a b Spielbericht FC Schalke 04 II - Borussia Mönchengladbach II”. FuPaドイツ語版 (2015年5月23日). 2015年12月9日閲覧。
  91. ^ “Tränen nach Asamoah-Abschied bei Schalke II”. ヴェストドイチェ・アルゲマイネ・ツァイトゥングドイツ語版. (2015年5月23日). http://www.derwesten.de/sport/fussball/regionalliga/live-asamoah-beginnt-gegen-gladbach-ii-als-s04-kapitaen-id10702723.html 2015年12月9日閲覧。 
  92. ^ a b 中川雄貴 (2015年5月23日). “最終節が終わりました!”. 2015年12月9日閲覧。
  93. ^ a b c 中川雄貴 (2015年7月26日). “近況と、Ushido!”. 2015年12月9日閲覧。
  94. ^ 中川雄貴 (2015年7月3日). “海外組のビザとの戦い”. 2015年12月9日閲覧。
  95. ^ a b c d “Rehden rüstet nach: Neues Quartett kurz vor ultimo”. クライスツァイトゥングドイツ語版. (2015年9月1日). http://www.kreiszeitung.de/sport/bsv-rehden/holt-aussenspieler-akyere-nakagawa-steffen-sowie-sechser-fall-5454918.html 2015年12月9日閲覧。 
  96. ^ 中川雄貴 (2015年9月12日). “新たなチームで!”. 2015年12月9日閲覧。
  97. ^ a b 中川雄貴 (2015年9月28日). “近況報告!”. 2015年12月9日閲覧。
  98. ^ 中川雄貴 (2015年10月8日). “人生で一番痛かったー。”. 2015年12月9日閲覧。
  99. ^ 中川雄貴 (2015年11月25日). “8週間乗り越えました”. 2015年12月9日閲覧。
  100. ^ a b c 中川雄貴 (2015年12月7日). “気持ちを切り替えて!”. 2015年12月9日閲覧。
  101. ^ Yuki Nakagawa”. Sportbuzzer Hannover. 2015年12月9日閲覧。
  102. ^ [プレミアリーグイースト首位・札幌U-18、無敗進撃止まらず]”. ゲキサカ (2011年9月14日). 2014年6月22日閲覧。
  103. ^ [クラブユース選手権]あと1点が及ばず、札幌U-18は準々決勝で姿消す”. ゲキサカ (2011年7月27日). 2014年6月22日閲覧。
  104. ^ [プレミアリーグイースト]札幌U-18、堀米&中原ゴールで日本一への挑戦権獲得”. ゲキサカ (2011年12月11日). 2014年6月22日閲覧。
  105. ^ a b 辻研一; ユーロプラスインターナショナル (2013) [2013-05-01] (日本語). もうひとつの海外組 ~年間400名が挑戦する“欧州サッカー留学”の教科書~ (初版 ed.). 東京都渋谷区: ワニブックス. p. 46. ISBN 4847091493. 
  106. ^ Spielbericht KFC Uerdingen 05 - FC Schalke 04 II”. FuPaドイツ語版 (2014年8月2日). 2015年4月2日閲覧。
  107. ^ Spielbericht FC Schalke 04 II - FC Viktoria Köln”. FuPaドイツ語版 (2014年8月2日). 2015年4月9日閲覧。
  108. ^ Spielbericht FC Schalke 04 II - SV Rödinghausen”. FuPaドイツ語版 (2015年4月4日). 2015年12月9日閲覧。
  109. ^ Spielbericht 1. FC Köln II - FC Schalke 04 II”. FuPaドイツ語版 (2015年3月27日). 2015年4月9日閲覧。